Tumpik
#BTSファン
forkb · 7 months ago
Text
Tumblr media
キム・テヒョン
BTSのキム・テヒョンさんを描きました。
Instagramの方にも似顔絵を投稿しているので是非チェックしてみてください!
5 notes · View notes
wheresthecigarette · a year ago
Text
Tumblr media Tumblr media
e-girl chaeyoung 🖤
[don't repost]
94 notes · View notes
demongirlsstuff · a year ago
Text
Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media
∧,,,∧
( ̳• ·̫ • ̳) ↓ ❀ ﹏ . ﹏ ␣ 𖧧
∪ ∪
>>>>
51 notes · View notes
girlsdoc · a year ago
Text
Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media
grungy girls
like & reblog if you liked!
17 notes · View notes
my-yunfamily-arashian · 5 months ago
Photo
Tumblr media
@xlisa_olivex @arashi_5_official @naniwadanshi728official @sore_snowman_tbs @bts.bighitofficial @niziu_artist_official @nogizaka46_tv @le_sserafim @akarikito1016 @yoasobi_official 俺が大好きな歌手、アイドルです! LiSA:LADYBUG TOURピアアリーナ, Eve & Birth武道館 嵐: 国立final、hawaii、DIGITALIAN、宮城、Japonism、are you happy?、 untitle、5✖️20! なにわ男子:728にデビュー! 俺の誕生日 Snow Man:滝沢歌舞伎が最高 BTS:dynamiteから好きに NiziU:リマとミイヒが好き 乃木坂46:齋藤飛鳥が好き LE SSERAFIM: 宮脇咲良が好き 鬼頭明里:禰󠄀豆子から本格的に好きに YOASOBI:群青がめっちゃ好き 繋がりましょう! #lisaっ子と繋がりたい #嵐ファンと繋がりたい #なにわ男子担と繋がりたい #snowmanと繋がりたい #bts好きな人と繋がりたい #niziu好きな人と繋がりたい #乃木坂46好きな人と繋がりたい #lesserafim好きな人と繋がりたい #鬼頭明里さん好きな人と繋がりたい #yoasobi好きな人と繋がりたい https://www.instagram.com/p/Ccu_dlsB0IX/?igshid=NGJjMDIxMWI=
1 note · View note
moja-co · a month ago
Quote
「ひどい‥どうかしてる」 「これは、BTSで売上げる最後のチャンスってことなの?」 「買う人がアホだよー、アホになりたい?」 「カモ認証を受けるまで、(HYBEに)忠誠心を見せたいのか‥代価が高すぎる(泣)」 「メンバーとツーショットチャンスがあるわけでもないのに、この値段とは」 「アイドルのアルバムを見て引くのは初めてだわ‥」 「0が1つ多いのでは?」 「お願いだから、ファンを大事にしてください」 「ファンにストローを指して、魂まで吸い取る気?」 「いくらBTSファンでも、“これは間違ってる”ってしっかり言えるのがファンだよ」 「これが、またもや業界標準になって、他の事務所が真似するのが怖い」 「HYBEさん、お金なくなった? どうしたの?」 「“限定版”に惑わされる���ァンもいるよね」 「後世のアイドルファンに、この蛮行を伝えるべきだよ‥100年後も、200年後も」 「“限定版”といって高価な値段の割には、希少価値があまりない」 「30万ウォンなのに、フォトカードがランダムとは‥」 また、BTSファンであっても「買ってない」と、今回の購入は「スルーした」という告白が相次いでいる。
【K-POP】 BTSのFC限定アルバムの値段(約4万円)にファンが二分‥韓国ネット「忠誠の代価としては高すぎる」[09/01] https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1662039446/
3 notes · View notes
r1ok4 · 6 months ago
Text
物が苦手で食べ物が好きな話
[物が苦手な話]
物が苦手です。正確に言うと、物を所有するのが苦手です。物のことは好きだ。雑貨屋ですてきな物を眺めていると幸福になれる。インテリアも服も建物も乗り物も、世の中めちゃくちゃに綺麗で可愛くてかっこよくてときめく物がたくさんある。でも私は、それを所有するのが苦手です。
お気に入りのぬいぐるみがあったり好きなものに囲まれた部屋で過ごしている人の方が、なんとなく人間らしくて優しくて愛おしいような気がします。気がしているのですが、私が私の精神に従って私の部屋を私が居心地良い部屋にしていくと、物はどんどん減っていくのです。
さて、私は人生で2回、所有物をいっぺんにリセットされています。一度目は仙台に住んでいた12歳のとき、東日本大震災で。二度目は17歳の時、火事で。
一度目のショックは大したものではありませんでした。東日本大震災という事象そのもののショックが大きすぎたし、それによって全国に私よりも大変な目に遭っている人がたくさんいたから。つい今朝まで整理され積み上げられてきた物達がガラクタのように散乱した部屋を見て、(形あるものって、いずれ朽ちるんだ)とぼんやり思ったような気もするのですが、なんせまだ12歳です。自分で心から欲しいと思いこだわりを持っていたものなんてそうそうありませんし、まだ大抵の家の中にあるものは私だけのものではなく、家族と共有しているものでした。
しかし二度目のショックはなかなかのものでした。17歳の5月、夜桜を見に友人の車でドライブし家に送ってもらったらなんだか家の前に新聞記者や野次馬や消防車が集っていて、消防士が2階にある私の部屋の窓を破り部屋の中にホースで水を蒔いていました。その時住んでいた家は6LDKに地下室をつけたそれなりに大きい一戸建てだったのですが、家の中にあったものは勿論、家そのものも後に解体することになりました。家族と私は文字通り「着のみ着のまま」で、0からありとあらゆる物をまた買い直さなくてはなりませんでした。その事象は震災と違って私と私の家族だけのものであったし、17歳ともなれば自分の強い意志で選び、買った思い入れのある物もそれなりにありました。しかしそれらも全て平等に、一瞬にして灰、もしくは水浸しのゴミになっていました。形がある物だから。
さて現在、私は人から貰ったもの以外、基本的に物を捨てるときに全く躊躇しません。形あるものはいずれ朽ちるのです。形あるものは、いずれ、朽ちるのです。それは私にとってとてもリアルな映像として残っています。形あるものたちが一瞬で灰となり水浸しのゴミとしか呼べない姿になった映像として。
経験によって「形あるものはいずれ朽ちる」が強烈な印象を私に残したせいか、気づけば私は物をあまり大事にできないという習性を持ってしまいました。正直に言うと自分の一番嫌いなところであり一番のコンプレックスです。努力でどうにかなることなのに未だに改善されていないから(例えば努力でどうにもならない身長などはそもそもコンプレックスになりません。コンプレックスに思うだけ無駄なので)。また同時に、物に対する精神のキャパも少ない。物が増えるとそれらのものを把握できなくなって扱い方がよく判らなくなる。私には持てるものが限られていると感じます。そしてそのキャパはおそらく多くの人より小さい。そうして私は物を所有することが苦手になりました。
最近ミニマリストになると何が良いかみたいな動画を観たりして、まあそれは一理あるのですが、私が物を持ちたくない理由は、汚れたり朽ちたり捨てたりいらなくなる瞬間が嫌だからです。大事なものではなくなる瞬間が嫌だ。怖くてたまらない。そのような理由で、私はアイドルオタクを長年しているのですが、家には全くグッズがありません。トレカにも一才の興味がありません。物だからです。好きな人の顔が印刷されているものであればより一層、汚れたり朽ちたり捨てたりいらなくなる瞬間を想像すると嫌でたまりません。なので最初から持たないようにしています。金を落としたい気持ちはあるのですが、本当に…グッズという点では全然貢献できません、ごめんね。最近は例えばBTSのIN THE SOOPのように金を払えば形ない情報や映像を買えるスタイルも広まっていて私は個人的にとても助かっているのですが、やっぱり形あるDVDやボックスが欲しいという人の意見を見るととても優しく温かく人間味のあるように感じるし、自分が斜に構えためんどくさくて冷たい人でなしに感じます。
が、なんかもうそこは今仕方ないし私の人生は私のためにあるので私は(他人に迷惑をかけない範囲で)私の精神が望む通りに生きていこうと思いますでも心臓のないクソ斜構ミニマリストと思われたくねーーーという気持ちもあるぜ!!!!てかミニマリストの定義が何か知らんけど後先考えない失敗の買い物することも全然あるし。買い物下手なのに物を持ちたくないからひたすら常に色んなものを捨てまくっている人になってめちゃくちゃ嫌だな。てかなくならないいつ終わりが来るかわからない物を所有するのは苦手なんだけど普通に綺麗なものや素敵なものを見るのは好きだしそれを買って自分のものにすることがサイコーなのはわかるしとか考えたところでああだから私は食べ物のことが好きなのかもなと思いました。
[食べ物が好きな話]
食べ物はいい。特に好きなのは果物と野菜。あざやかで綺麗でいろんな形に切れて栄養があって美味しくて、食べたらなくなる物。
特に切られた野菜のことが好きです。めちゃくちゃ可愛い。色とりどりで小さくてたくさんあって可愛くて、もしかして小さな女の子がキラキラしたビーズやボタンにうっとりしている感覚に近いのでしょうか?ちいさく切られた色々な種類のカラフルな野菜たちを見ているのがすごく好きです。そしてそれは去年1年間、国際寮の食堂で平日毎日100人分の野菜を切るという食堂のおばちゃんバイトをしたことでかなり助長されました。料理だけでなく掃除や皿洗いもあり結構な肉体労働で、私が在籍していた1年間の間に7人が新しく入り8人が辞めていったのですが、私はその仕事が大好きでした。大好きな切られた野菜を100人分も眺めていられるバイトなんて、飲食店の厨房か食堂のおばちゃんくらいでしょう。飲食店の場合厨房といえど相手は店に来てくれるその日によって違うお客様なのでプレッシャーはあるでしょうが毎日その食堂に住んでいる必ず来る人たちを相手にしている食堂のおばちゃんは本当にストレスフリーです。天国。「私は、野菜のことが、好きだー!!!!!」という明確な自覚が育ちました。野菜塩です。今のアカウントからTwitterをフォローしてくれている人はもしかして私の名前が「いしお」なのを知らないんだろうか 野菜が好きなので繋げてやさいしおにしました いしおさんです(自己紹介)。
私のことを料理好きと思っている人もいるかもしれませんがいやまあそれなりに好きですが正直料理より野菜の方が好きですね。私のオタク飯記録画像を見てくれている人は気づいているかもしれませんが、私は基本的に大した物を作っていません。ただ野菜をめっちゃ並べているから一見彩りが良いだけです。あの画像は料理というより、食べ物を並べてるだけです。私にとって料理とは野菜を映える形に加工するプロセスなのかもしれません。いや食べるのも味わうのも勿論かなり好きなんですけど、正直味で言うと美味しいもの食いたけりゃプロが作った店行くので、てか辛ラーメンが家で食えるものの中で一番美味いし、家で自分が食う飯に対しては味以上に健康的にバランスが取れていて目で見た時にいい感じであればそれでいいと思っている。味は二の次。家での飯は味覚より視覚。食べ物の顔ファン。産地直送春野菜とかマジでビジュ良すぎ。顔ファンのアンチは私より野菜食ってから口開きな。土井善晴先生も言ってますからね、毎日の家ご飯なんてめちゃくちゃ味しい必要ないって。多分私の料理は手際良くてバランスは取れてるけど、めちゃくちゃ美味しいわけではないと思う。でもそれでいいのよ。所詮顔ファンなので。
ということで今回のブログをまとめると、「家燃えて以来物を持つのが苦手になったオタクは食ったらなくなる物である食べ物(特に野菜)がめっちゃ好きになった」というだけの話です。前半ちょっとシリアスっぽかったのですが後半は野菜への愛でテンション上がって偏差値が15くらい下がりました。そんな訳でこれからも物が少ない部屋で野菜食いながら生きていこうと思います。あと私は酒も含め食べ物に関してはたいへん幸福なことにアレルギーも好き嫌いも本当に全くないので、ビジュ良い食べ物があったらいつでも待ってるからね♡
Tumblr media
9 notes · View notes
juno-army · 6 months ago
Text
내 사랑 내 곁에 (私の愛、私の傍に)
「私の愛、それは君。どうか私のそばにいて。 世界に一人だけ、ただ君だけだから。 こんな辛い気持ちの日に君まで失ってしまったら ふらふらとよろめく私を 抱きしめてくれる場所すら失ってしまうから」
聴き覚えのある歌詞でしょうか。語り出すとポエミーでおセンチになってしまう私のブログですが、最近とってもウンザリしてしまった話を、言葉に変えて書き残そうと思います。あ、冒頭の歌は、最後にちゃんと伏線回収します。 「推し」というものに関して、私は全肯定で甘々だという自覚があるので、ネガティブなコメントを見ても大抵の場合は「ふーん」って思ってます。愛しすぎると、全肯定もするし、逆に批評もしてしまうし、勝手に辛くなったりもすると思う。それはそれでいい。「あ、私、なんか今、嫌な推し方してるかも?」と思ったり、「どうして前みたいに好きでいられないんだろう?」って思い悩んだとしても、時間が経つとバイオリズムみたいに愛情は巡ってくるものだって、オタクの経験則でそう思います。
それはそれとして。 最近よく感じるのは「評価」の目。 推しが何かやらかした時、ちょっと良くないパフォーマンスだった時、そういう時に「あれ?」って思うのは当たり前のことだと思う。だってファンだもん。でも最近すごく感じるのは「評価」の目で見張ってることが多いんじゃないかなってこと。「あの頃のままでいて欲しい」、「こうあって欲しい」、そういう思いは誰しもあるだろうけど、そこで答え合わせをするのが癖になってしまったら、きっと減点ばかりが積もっていく気がする。 彼らの一挙手一投足を厳しく「評価」してる声に、私はウンザリしてしまいました。でもそれも良いんです、本人達に迷惑をかけるような悪質なアンチでなければ、それぞれの推し方があって、感想があって然るべきだと思います。人には人の乳酸菌。これはただ、私がウンザリしてしまったというだけの話なんです。 じゃあ、私は「評価」してないかというと、心のどこかでしてると思う。だって彼らを見ながら「あ、今のはきっと叩かれるんだろうな」、「それは言わない方がよかったんじゃないかな」、そんなことを心の中で思ってる時がある。誰かの「評価」の目が気になってしまったりしてる。こんな自分にもウンザリ。でも、悪いことの声って大きいからさ、気になっちゃうんだよね。見なきゃいいのに見ちゃう。だからそんな自分に心底ウンザリした。
だからみんな全肯定して!って話じゃないよ。何度も言うけど、大好きだからこそ気になるのは当たり前だと思う。今日のパフォーマンスは良くなかったなぁとか、今の一言いらんかったなぁとか、ご飯残し過ぎでは?とか。(私これよく思ってる🙄) ちょっと残念な気持ちになることがあっても、それは仕方ないし、普通のことだと思う。でも「評価」は違う気がする。良いことをしたら加点して、嫌なことをしたら減点して、点数が減っていったら好きじゃなくなっちゃうのだろうか。まあ、そんな簡単に説明できることじゃないのはよく分かります。複雑なのよ、人の心だから。でもさ、友達に「あれ?」って思うことはあっても、友達のことを常に評価の目で見て判断したりしないでしょ?
彼らは芸能人で、アーティストで、スーパースターだから、私はいちファンでしかないけど、でも私の中では友達みたいに大事な存在。だから「評価」なんかしなくてもいいじゃないかな、そう思ったのでした。 友達って、好きなところを挙げろと言われたら沢山挙げられるよね。だから友達なんだもん。でも嫌いなところを挙げろと言われたら、それも沢山挙げられる。多分、僅差で好きなところの方が多い。それでいい。 友達と気持ちがすれ違って大げんかしても、友達だから仲直りするし、歩み寄りもするし、お互いに変わっていくこともあるけど、やっぱり友達は友達。 一生交わらない意見の相違があったり、受け入れられない癖があったりするけど、でもそれはそれ。 人生には色んな選択があるけど、そこで友達が幸せな道を選んでくれたら、自分のことのように幸せ。 友達が楽しそうにしてたら、私も楽しくて幸せ。
ファンが一生懸命投票して応援してきたのに、色んなアワードに対して受賞が当たり前みたいな態度に見えるっていう話も聞いた。私自身はそんな風に感じたことなかったけど、逆を言うなら毎回泣いて喜ぶのが正解なんだろうか? これは私の実体験だけど、雑誌の片隅に初めて小さく自分の仕事が載った時、涙が出るほど嬉しかった。献本を貰ったのにわざわざ自分で本屋に買いに行ったし、付箋をつけて親にプレゼントもした。たった数センチ程度の掲載スペースだったのに嬉しくて仕方なかった。エンドクレジットに一瞬だけ名前が出たことが嬉しくて映画館に何度も通ったりもした。そのくらい、小さなことで喜んでた。でも今はどうか?雑誌に載って、献本もらっても、切り抜きもしないし、なんなら処分しちゃうこともある。でもそれはけして初心を忘れたとか、調子に乗ってるとかじゃないと思ってる。毎回毎回、すごく嬉しいよ、当たり前だなんて思ってない。喜び方が変わっただけ。毎年貰ってる賞なら今年も貰えるかなって期待は持っちゃう。でも貰えたらやっぱり嬉しい。貰ったことのない大きな賞は喉から手が出るほど欲しい。喉から手が出たことないけど。 話が私事になりすぎたけど、経験則でそう思ってるとお話ししたかったんです。どんな風に喜ぼうと、感じようと、それは彼らにしか分からないこと。初々しい頃のようにファンに涙を見せて喜んでお礼をしてくれるべき、そう思ってるなら、きっと年を重ねていく彼らの姿はひたすら減点対象でしかないでしょう。「グラミー賞を獲ったら調子に乗るだろうから獲れない方がいい」、どうかそんな風に勝手に「評価」しないであげて欲しい、これが私の身勝手な願いです。
ユンギさんのカラオケお気に入り曲、覚えてますか?キムヒョンシクさんの「내 사랑 내 곁에」(僕の愛、僕の傍に)です。実は私も大好きな曲です。歌えるので、みんなでカラオケ行った時はそっと入れて下さい。「私のための歌が来たようだな…」って、スッと立ち上がるから😌👍 「Run!BTS」ではミン部長が歌う演歌として面白おかしく紹介されていたけど、その歌詞がとっても心に沁みています。
「私の愛、それは君。どうか私の傍にいて。君まで失ってしまったら、辛くてやりきれないから」
期待と違ってた時、欲しいのに買えなかったグッズ、行きたいのに行けなかったイベント、見たくないものを見てしまった時。色んなことで傷ついたりするけど、それでも、彼らを想う私の愛だけは私の傍にいてほしい、そう思いました。なんか今回のこと、「ウンザリした」っていう表現もネガティブで嫌だったんだけど、最終的にこの歌詞を思い出して、ああ、そうだなって、しっくりと心に落ちました。 趣味だし、ファンだし、ただ楽しめばいいことで、無理をするべきものじゃないけど、私の愛を私の傍に置いておくための努力はしなきゃ、と。 お金を払った分、労力かけて応援した分、相応の姿で応えて欲しい。それはそれでいい。 それは消費者としての私。 君達のやりたいこと全部やって。 それは友達としての私。
「私の愛、それは君。どうか私のそばにいて。 世界に一人だけ、ただ君だけだから。 こんな辛い気持ちの日に君まで失ってしまったら ふらふらとよろめく私を 抱きしめてくれる場所すら失ってしまうから」
ゆののログ、これで終わり。
Tumblr media
※写真はBTS公式Twitter(https://twitter.com/bts_bighit?s=21)より
19 notes · View notes
hibluebird · 6 months ago
Text
“物語る”BTSと個性化の過程を考える ―ユング心理学の視点から―
❍はじめに
後に多くのユング派分析家を生み出す理論を構築したC.G.ユングは、「私の一生は、無意識の自己実現の物語である」(1)と捉え、それに対し「私にできるのは…(略)…ただ『物語る』だけである」(2)とした。自己実現つまり個性化の過程を歩むには、“物語る”ことが重要だと示唆しているのである。
したがって、特に日本を代表するユング派分析家である河合隼雄は、心理臨床的な場において“物語る”ことの重要性を強く主張してきた。また分析家と被分析者との間で共有されるイメージを深めるためにも、神話や昔話を含めた心理療法が展開されることは多く、心理臨床的な場において、「物語」がいかに重要な意味を持つのかについては、すでに多くの研究が行われていることである。
このようにして心理臨床的な場で被分析者がイメージを共有する際に語られる物語は、神話や昔話に限らず、アイドルについて物語られることもある。これらについてもすでに研究されているが、ここで私はアイドルが楽曲作品を通して「わたし」を“物語る”ことの中に、「自分の生き方について考え、それを実行してゆく」(3)といった個性化の過程への可能性があるのではないかと考えた。さらに、そのようなアイドルの姿が“物語るもの”と、物語を“聴くもの”の関係性において、無意識から切り離された意識がその無意識と再び関係を持つ(河合 2015)という結合を含めた心理的成長がなされる可能性があるのではないかと考えた。
そこで本研究は、ユング心理学の観点から韓国出身7人組ボーイズグループ・BTSのこれまでの軌跡と楽曲作品を考察すると共に、それらの考察が現代における個性化の過程への可能性を捉え、そして心理臨床的な場の新たなあり方を構築することへの寄与を目指すものである。当然BTSの楽曲作品に対する考察にはさまざまな見解があり、正解はない。そのため私の考察だけでなくさまざまな解釈が可能であり、その多様性を含め、さまざまな形の個性化の過程があるはずなのである。よって、このような内的現象を取り上げるためには、まず私の体験が重要であり、本研究は私がよりよく生きることを目指しながら、ユング心理学とBTSに関わって感じたことを明らかにする試みでもある。
第1章 目的と問題
❍目的
本研究の目的は、ユング心理学の観点から韓国出身7人組ボーイズグループ・BTSの現在に至るまでの道のり、またアルバムシリーズ『2COOL 4SCOOL』(2013)から『MAP OF THE SOUL: 7』(2020)までの楽曲作品について考察すると共に、それらの考察が現代における個性化の過程への可能性を捉え、心理臨床的な場の新たなあり方を構築することへの寄与を目指すものである。
多くの場合、いわゆるアイドルと呼ばれるグループの楽曲作品は、事務所や制作チームの意図が強く反映されており、もちろんBTSも例外ではない。しかし第3章で詳しく述べるように、BTSにはデビュー前から楽曲制作をしていたSUGAやRMというメンバーの存在や、実際ほとんどの楽曲作品にメンバーが参加している点を鑑みると、BTSは他のアイドルと比べてより個人的なこと、「わたし」について物語る楽曲作品が多いと考えられる。これは、BTSが自己告白的な歌詞を扱うジャンル(ミン・ギョンウォン 2018)「ヒップホップをもっとも重要な特徴」(1)としたことに加えて、BTSの歌詞に一番多く出てくる単語が韓国語で主語を意味する「나」であることからも分かる(イ・ジヨン 2018)。
さらに第2章で詳しく解説するように、ユング心理学の目指す自己実現、つまり個性化の過程とは「自分の生き方について考え、それを実行してゆくこと」(2)であり、C.G.ユングは「私の一生は、無意識の自己実現の物語である」(3)とした上で、「私にできることは…(略)…ただ『物語る』だけである」(4)と捉えた。つまり、個性化の過程を歩むには“物語る”ということが重要なのであり、「わたし」の物語を物語ることが大切だと考えられる。このような「わたし」を物語ることに対し、心理臨床の場においてクライエントが自分の内的体験などを語る際に、アイドルについても語られる(岩宮 2009)ことからも、アイドルの存在が「わたし」を物語る際に関係してくることが分かる。さらにこのような場は、従来の心理臨床的な場だけに限らないと考えられる。
物語という観点では、特に日本を代表するユング派の分析家である河合隼雄は、長年神話や昔話などの物語を重要だと捉えて研究してきたが、“物語る”主体としてのBTSには、第4章で詳しく考察するようにBTSの物語(BTS Universe)と呼ばれる独自の世界観が存在しており、トランスメディアを用いたこのような世界観が、物語としての機能を有する可能性がある。さらに、このような物語を“物語る”には、物語を“聴くもの”の存在が必要であり、よって物語を“物語るもの”と“聴くもの”の関係性から、心理臨床的な場の新たなあり方が考えられる。
本研究は、楽曲作品を通して「わたし」の物語を物語るBTSの姿から、個性化の過程への可能性を考察し、これらの考察から現代における“物語るもの”と“聴くもの”の関係性をBTSとそのファンであるARMY(註1)の中から捉え、心理臨床的な場の新たなあり方を検討することを目的とする。
❍観点と問題
こ��で本研究における重要な観点として、「わたし」という���現について整理していきたい。本研究では、人間の心を統合的に考えた上で“自分であること”を物語る際の主語を「わたし」に統一して述べていく。なぜ漢字の「私」ではなく「わたし」なのかといえば、日本語における漢字の「私」は、“わたし”とも読めるが“わたくし”というビジネス場面でよく使われる敬語になる点に加えて、長年「私」という主語が主に女性が使う言葉として表現されており、ジェンダー的な制約を生みかねない点を考慮し、すべての人が自分の内側を話す際の表現として「わたし」と表している。さらに、先に述べたように、BTSの歌詞に一番多く出てくる単語は韓国語の主語である「나」であり(イ・ジヨン 2018)、ここに日本語にあるような「ぼく」や「おれ」といった、多くの場合ジェンダーに基づいて使われるような表現はない。以上のことを含め、歌詞の翻訳を含めて物語る際の主語は「わたし」に統一し、二人称は「きみ」とした。
ここまで“自分であること”を物語る際の主語である「わたし」について述べてきたが、このような「わたし」は自我であるとも考えられ、この自我を青年期に確立することが大切であるという考えは多くの心理学で述べられていることである。しかし、そのような自我を青年期に確立したとしても、心理的な問題がなくなるわけではない。実際、精神の不調を訴える人の数は年々増えているのが現状である。厚生労働省が調査した精神および行動の障害として受診した推計外来患者総数は平成29年度において260万人であり、平成20年度の232万人、平成17年度の224万人と比べると明らかに年々増加していることがわかる(厚生労働省 2008,2017)。そのうち、平成29年度における躁うつ病を含む気分障害の推計外来患者総数は約90万人であり、その年の精神および行動の障害として受診した推計外来患者総数の3分の1の数にもなる(厚生労働省 2017 )。しかし、ここで言われている患者数は、すでにどこかの医療機関を受診している総数であり、本人が自覚的出ない場合や、医療機関へのアクセスが困難な場合などはこの数に含まれていない。塚崎らは、仕事が時間的余裕をなくし、精神科への通院を阻害する可能性について指摘しており、特に女性の場合では、仕事のみでなく専業で家事をしている場合にも通院を阻害する可能性があるという(塚崎ら 2020)。つまり、実際はさまざまな事情により受診を阻害されており、調査された患者数以上に、こころに対して不調を抱えた人々がいると考えられる。もちろん、このような社会構造の改善も急務であるが、現代人は人生の重点がこころよりも社会的な仕事や役割に傾倒してしまい、「わたし」と向き合うということが十分にできていないのではないだろうか。また昨今の新型コロナウィルスの流行は、人々の生活だけではなく心理面にも大きく影響していることが考えられ、改めて「わたし」と向き合う、「わたし」の物語を物語るということを求められている世界と言えるのではないだろうか。
そしてそれはつまり、第2章で詳しく考察するように、現代において「自分の人生について考え、実行してゆくこと」(2)という個性化の過程を歩むことが求められていると考えられる。このような観点で捉えると、第3章で詳しく考察するようにBTSはとりわけ「わたし」と向き合うということを続けてきたグループと言える。つまり、「わたし」の物語を物語るグループなのである。BTSの楽曲作品の多くには、自分自身が経験した心の病や内的葛藤などといった内容が存在する(第3章参照)。このような楽曲作品を通したBTSの“物語り”の中には、内的葛藤を体験し、それを物語り、また葛藤を経験するといった繰り返しの中で「自分の生き方について考え、それを実行してゆく」(2)という個性化の過程の可能性があると考えられる。葛藤について触れたが、実はこころの不調とされる神経症は、こころの一面性をもたらす内的葛藤に基づいている(M, Stein 2019)。しかし、そのような内的葛藤があってこそ、成長するのが自我であり(M, Stein 2019)、この自我を含めて「わたし」を物語ることを体現している存在としてBTSを捉えることができると考える。
さらにこのような可能性は、従来考えられてきた神話や昔話といった物語以外にも、現在進行的な現象として存在する「わたし」の物語がさらに重要な意味を持つと考えられる。SNSなどテクノロジーを駆使してさまざまな方法が広く発達した現代において、従来の心理臨床的な場に限らず、日常生活の延長にあるもの、つまり、広い意味で生きることを通してなされると捉えられる。
以上の観点から、「わたし」の物語を“物語る”BTSの姿が個性化の過程へとつながる可能性、そしてそこに生まれる“物語るもの”と“聴くもの”の関係性から心理臨床的な場の新たなあり方を検討していきたい。
*註1: ARMYとは「BTSのファン、A.R.M.Y、『Adorable Representative M.C for Youth(若者を代表する魅力的なM.C)』の略語」のことである。/キム・ヨンデ(桑畑優香訳):『BTSを読む』p.14,柏書房,2020.
第2章 ユング心理学が目指す個性化の過程
❍個性化の過程とは何か
では、ユング心理学が目指す「個性化の過程」とは一体どんなことを言うのか。
個性化の過程とは、無意識から切り離された意識がその無意識と再び関係を持つことであり(河合 2015)、「自我と無意識の関係が変容していく過程」(1)と言える。さらにそれは、外的には集合的な社会から、内面的には集合的無意識に埋没していたところから個人が解放されていく過程である。つまり、その人が「自分の人生について考え、それを実行してゆくこと」(2)と言える。このような観点で個性化の過程を考えたとき、むしろ区別することに重点を置いて捉えられていることに気づくのである(河合2015)。第3章で詳しく考察するように、集合的無意識にある元型的イメージは「わたし」と区別することによってはじめて意識化されるのであり、そうすることによって結果的に同化されるのである(河合2015)。それは「わたし」であって「わたし」ではないという否定を含めた極めて弁証法的な形でなされるものなのである。さらにこれは、極めて個人的であるが故に、それゆえ逆説的に普遍性を持つものなのである(河合 2020)。
❍結合への道
個性化の過程とは、無意識から切り離された意識がその無意識と再び関係を持つことである(河合 2015)と述べたが、それはつまり、「結合」と言える。こころが一面性を帯びることでこころに不調を抱えることになるとすでに述べたが(第1章参照)、結合すると、一面性を帯びていた意識から脱して全体性に到達すると考えられている(河合 2015)。第3章で詳しく考察するが、ペルソナや影といった元型的イメージを意識化し、自我と同化することは、一見異質なものが結合しているように見えて、実は同じものの結合なのである(河合 2015)。そのような対立物の結合は「第三のもの」(第4章参照)によって、こころの中で結合すると考えられており(M, Stein 2019)、対立すると思われるものが同一であるとみなすからこそ、それは「わたし」のあり方と密接に関係すると言えよう。
このように捉えると、C.G.ユングは人間の全体性は意識的人格と無意識的人格の結合によって成り立っているとし、そのような道に至るものこそ個性化の過程である(C. G. Jung 1999)としたが、それは結合を通して成長する機会であると言える。人々が人生経験を通じて成長し、この葛藤を乗り越える中で、以前は受容できなかった「わたし」を統合する(M, Stein 2019)ことで、さらなる“全体性”ひいては“完全性”を目指すことが出来るのである。第1章で述べた現代における問題を解決していくためには、この個性化の過程や結合を含めた全体性といったことを改めて捉え直し、かつ新たな形を検討する必要があると思われる。そして、C.G.ユングが「私にできるのは…(略)…ただ『物語る』だけである」(3)と述べるように、個性化の過程を歩み、結合を目指す中に「わたし」の物語を物語る姿があると考えられる。
 以上の点を踏まえ、次の章からBTSの楽曲作品を通して個性化の過程への可能性を考察していきたい。
第3章 BTSの楽曲作品から個性化の過程を考察する―「わたし」が物語ること―
❍ボーイズグループ『BTS』―その背景―
まずは楽曲作品の詳しい考察に移る前に、BTSとは一体どんなグループなのか、その背景となるパーソナリティを捉えていきたい。
Tumblr media
BTSは、韓国出身のRM、Jin、SUGA、j-hope、Jimin、V、JungKook(註1)からなる7人組ボーイズグループであり、2013年に中小芸能事務所Big Hit Entertainment(現:HYBE)註2)からデビューした。BTSの韓国名『防弾少年団(방탄소년단)』の“防弾”とは、「弾丸を防ぐ」という意味で、10代が受ける社会的偏見と抑圧を防ぐという意味を含めている(パン・ウォングン 2020)。BTSは、当時まだ珍しかった「ヒップホップをもっとも重要な特徴とし、差別化されたアイデンティティを打ち出した」(1)グループであり、ヒップホップが自己告白的で社会批判的な歌詞を扱うジャンルなだけにメンバー全員が楽曲作成に参加し、現在自分が抱えている悩みや状況を歌詞に込めている(ミン・ギョンウォン 2018)。つまり、BTSは「わたし」の物語を物語るグループと言える。しかし、それは容易な話ではなかった。デビュー前からアンダーグラウンドシーンでラッパーとして活躍していたメンバーSUGAやRMに対して、アイドルがヒップホップをアイデンティティにすることへの非難が、ヒップホップ界隈からも起きたのである(イ・ヘジン 2021)。だがBTSは、「わたし」の物語を物語ることをやめなかった。デビュー当時、平均年齢18.7歳だったメンバー(ミン・ギョンウォン 2018)にとっての「わたし」の物語とは、学校の話で繰り広げられることが多く、当時の楽曲作品は後に考察するように学校や社会、大人たちからの抑圧に対する内容が中心となっている。しかし、BTSが物語るのはそれだけではない。イ・ヘジンは従来のアイドルのような「『10代の女性』に対して『ライトでスウィートな愛の曲を歌う』」といった固定概念をBTSに当てはめることに対して指摘し、メンバーが制作した楽曲作品の中には、すでに述べた学校や社会の問題に加えて「こころの病い」や「自尊心」などといったテーマが盛り込まれていると示唆する(イ・ヘジン 2021)。つまり、メンタルヘルスの問題に対しても「わたし」の物語を物語っているのである。しかしメンタルヘルス、つまりこころの問題とは、「わたし」」と向き合うということであり、そう捉えれば「わたし」の物語を物語る中でメンタルヘルスのテーマにつながるのは当然と言えよう。さらに後に述べるように、BTSには自分の肯定的な面だけでなく、隠したい自身の貧しい過去など、アイドルという立場として従来は隠さなければならないとされてきた内面の弱点に関してもさらけ出す姿が楽曲作品の中で見て取れる(パン・ウォングン 2020)。BTSの楽曲作品を調査した中で、半分は「愛と別れ」であるが、残りは「慰め」と「自己誇示」がテーマである(パン・ウォングン 2020)ということからも分かるように、BTSの楽曲作品にあらゆるテーマが盛り込まれているのは、実際に自分自身が体験したことを物語っているからこそ可能なことなのである。
ここまで述べてきたように、BTSは「わたし」の物語を物語るグループであるが、このようなアイドルの姿が、人々のこころにはどのように影響すると考えられるだろうか。菱田は近年臨床の場でアイドルについて語られることが多くなったことに対し(岩宮 2009)、クライエントがアイドルを語る中で、努力するアイドルに対して苦しみを抱えながら生きる自分自身が投影されることによって、そのイメージの変化が実際の変化につながっていくと考えた(菱田2017)。またアイドルを「あやつり人形」と考えた際に、アイドルがわれわれの苦しみを代わりに担っている可能性を示唆した。しかしながら、ここで考察されたような従来のアイドルとBTSは楽曲作品に参加している点で異なるのではないだろうか。デビューアルバムから現在までのアルバムにメンバー全員が作詞作曲に参加して、弱みまでも歌詞に表現することで、聞き手は歌詞を通して「真実」を感じることができ、「共感」を呼んだと考えられる(パン・ウォングン2020)。つまりBTSは、実際に体験したことについて楽曲作品を通し、「わたし」の物語を物語るという形で昇華したと考えられ、だからこそ大衆は「真摯さ」を感じるのである(ホン・ソクキョン 2021)。よって、BTSは「あやつり人形」ではなく、自ら「わたし」の物語を物語る“主体”なのである。このような主体性を持ち、“物語るもの”としてのアイドルに人々が出会ったとき、また主体的に物語る楽曲作品に人々が出会ったとき、それは「共感」という形を取りながら自分の今生きている物語に対して向き合うきっかけになると考えられる。第4章で述べるように、楽曲作品だけでなく、独自の世界観を持つBTSの物語(BTS Universe)やトランスメディアを用いた手法は、今までに考えられてきたようなこころへの影響を越えた新たな可能性があると思われる。このように、肯定的な面だけでなく自分にとって隠したいような面も含めたこころの全体性を捉えながら、「自分の生き方を考え、それを実行してゆく」(2)というBTSの姿勢は、まさにC.G.ユングの言う「個性化の過程」を歩んでいるのではないだろうか。さらにこのような可能性を踏まえると、心理臨床的な場に対しても、新たなあり方が考えられるのではないだろうか。このように多様な形で個性化の過程や心理臨床的な場を捉えることで、現代における問題に対して光を差すことが出来ると考える。
 さらにユング派の心理療法では、個々のイメージの物語や夢などをシリーズで理解していくことが重視されており(河合 2013)、ある一片が分からなくてもシリーズとして流れを見ていくことにより明確になるものがあるとされている。確かにこれは心理療法におけるセッションでの話であるが、BTSの楽曲作品もそのアルバム1枚がすべてを物語るのではなく、BTS自身の物語と重なり合いながら大きな流れとして横たわるものがあると考えられる。なぜならBTSは、アルバムのシリーズを通してファンと共に成長し、7人がグループとして大きく変化する物語を紡いで(ホン・ソクキョン 2021)いるからである。そのようなアルバムシリーズを通して紡がれる物語には、「自分の夢を見ること」「自分の人生を生きること」「仲間とともに歩むこと」「自分を愛すること」「自分の恐れと向き合うこと」などといった普遍的なテーマが存在し、この普遍性が同世代だけでなくさまざまな年齢層、性的指向/性自認、国籍、人種、宗教の人々の「成長するBTSに対する共感」(3)を呼んだと捉えられる。
よって本研究では、BTSの楽曲作品を(日本盤などを除き)現在(註3)発表されている『学校三部作』(2013)から『MAP OF THE SOUL: 7』(2020)シリーズにかけて、アルバムシリーズ毎に考察していきたい。これらの点に留意して、「わたし」の物語を物語るBTSの楽曲作品を詳しく考察していく。
*註1:本文中のBTSのメンバーの名前表記は『MAP OF THE SOUL: 7』(2020,02,21発売/℗&© Big Hit Entertainment)のリリックブックより参照。また本文中のBTSのアルバム、曲名などの表記は各アルバムのリリックブックより参照。アルバムタイトルは『』、楽曲タイトルは「」で表記。本文内での歌詞は、引用元を明記した上で引用。原書にあるものは〈〉を用いて抜粋し、そのうち研究者が翻訳した部分は()で明記する。
*註2:『Big Hit Entertainmentは2021年3月19日にHYBEに社名変更を発表。』/ホン・ソクキョン(桑畑優香訳):『BTS オン・ザ・ロード』p.7,玄光社,2021.
*註3:2022年1月31日現在
❍集合的な社会と個人を区別する―『学校三部作』から『花様年華』シリーズ―
BTSの韓国名が『防弾少年団(방탄소년단)』であることはすでに述べたが、“防弾”その名の通り、デビュー当時のBTSの楽曲作品には、同世代が受ける社会的偏見と抑圧に対して示唆するものが多い。
デビューアルバムを含む、通称『学校三部作』(『2 COOL 4 SKOOL』[2013]、『O!RUL8,2?』[2013]、『SKOOL LUV AFFAIR』[2014]、『SKOOL LUV AFFAIR SPECIAL ADDITION』[2014])シリーズでは、学校という世界に閉じ込められた10代の青少年として、夢、幸せ、愛について語っている(ホン・ソクキョン 2021)。
https://open.spotify.com/album/6egaEe9JaULuUCkihSnYlH?si=WOm2tOmiSp-T1B928BP36w
https://open.spotify.com/album/6rWmdSJIaGTVtdMJQ35Lvf?si=RTrLO-oxSKWalDx94cVIsQ
https://open.spotify.com/album/5r35iS0uSSoQBKzQj0IeI3?si=aBmSHLwbSRmYC5E19L-HdQ
https://open.spotify.com/album/0pX41mddl0CZXxpxkQ7347?si=eRs0KCRTTAqMJEGR76rEwA
その中でBTSは「自分の人生を生きろ」というメッセージとともに、韓国社会の詰め込み教育と他人の人生に干渉する大人たちを批判する内容を盛り込み(パン・ウォングン 2020)、そのような社会が青少年の人生を抑圧してしまうことを物語っている。つまり、「わたし」の物語を生きることについて示唆しているのである。例えば、デビューアルバム『2COOL 4SKOOL』に収録されている「No More Dream」(註1)では〈대학은 걱정마 멀리라도 갈거니까 /알았어 엄마 지금 독서실 간다니까 (大学は心配しないで遠くても行くから/分かったよ 母さん 今読書室に行くから)〉、〈어른들과 부모님은 틀에 박힌 꿈을 주입해 /장래희망 넘버원.. 공무원? (大人たちと両親は型にはまった夢を注ぎ込む/将来希望ナンバーワン..公務員?)〉と、大人や社会が青少年に対して型にはまった人生を強制することへの批判を物語る。さらに〈얌마 니 꿈은 뭐니/ 니 꿈은 겨우 그거니(なあ きみの夢は何/きみの夢はたったそんなものなの)〉と誰かの言う夢ではなく、自分の夢、「わたし」の物語を生きることについて問う。そして〈자신에게 물어봐 니 꿈의 profile /억압만 받던 인생 니 삶의 주어가 되어봐 (自分に聞いてみて きみの夢のプロフィール/抑圧ばかり受けた人生 きみの人生の主語になってみて)〉と、主体的に生きることについても問いながら、「わたし」の物語を生きるために自分のこころを聴くように示唆している。
undefined
youtube
これは決して他人事のように物語っているのではない。デビュー当時平均年齢18.7歳だったメンバーたち(ミン・ギョンウォン 2018)にとって、これらの問題は自分の人生と無関係ではなく、むしろ自分の人生として「わたし」の物語を物語っているのだ。これは、メンバーたちが全員楽曲制作に携わるという特徴とヒップホップアイドルというアイデンティティを持つこととも無関係ではない(ミン・ギョンウォン2018)。ヒップホップが自己告白的で社会批判的な歌詞を扱うジャンルなだけに、このような自分たちの話、「わたし」の物語を楽曲作品に込めることは必須であった。そのため、このような社会問題に対する批判的な歌詞は、その後のアルバム『花様年華』(『花様年華 pt.1』[2015]、『花様年華 pt.2』[2015]、『花様年華 Young Forever』[2016])シリーズにも登場する。
https://open.spotify.com/album/0mEeCuKJQ8Xh9tQ5dMm89X?si=zfVAmvVtRhqGMmb1Cs7tPA
https://open.spotify.com/album/2ds8iT4wkaN1Q1gZe1qcOD?si=jS6arI39TfyXotb01t3JhQ
https://open.spotify.com/album/1k5bJ8l5oL5xxVBVHjil09?si=YvvAXAtCRv2u-BdO1RXZFw
例えば��花様年華 pt.1』に収録されている「쩔어(DOPE)」(註2)では〈3포세대? 5포세대?/ 그럼 난 육포가 좋으니까 6포세대(3放世代?5放世代?/じゃあ  わたしはジャーキーが好きだから 6放世代)〉と歌っている。この「3放世代」「5放世代」は、韓国社会において恋愛、結婚、出産、マイホームの購入、人間関係、夢、希望などを諦めることを指し、このような状況は個人の問題ではなく社会的な問題である(ホン・ソクキョン2021)。さらに『花様年華 pt.2』に収録されている「뱁새(Silver Spoon)」(註3)では「ダルマエナガがコウノトリについて行くと脚が裂ける」ということわざをテーマに(パン・ウォングン 2020)、〈They call me 뱁새 욕봤지 이 세대/빨리 chase 'em 황새 덕에 내 가랑인 탱탱(彼らはわたしを呼ぶ ダルマエナガ 辱められた この世代/早く追いかけろ コウノトリのおかげでわたしの股がパンパン)〉と語り、競争社会における不平等に対して〈내 탓이라니 너 농담이지/공평하다니 oh are you crazy/이게 정의라니 you mu be kiddin' me! (わたしのせいだなんて きみ冗談だろ/公平だなんて 狂ってるのか/これが正義だなんて嘘だろ)〉と、不利な条件の中で挑戦する自分たちをダルマエナガにたとえた(キム・ヨンデ 2020)。
https://open.spotify.com/track/7jPCPDYoiaKeK7cgNGpIzq?si=9172847b3377400a
https://www.youtube.com/watch?v=H8lYMWZD5P8
https://open.spotify.com/track/6O734u9qnz6B4gWMyszWhi?si=51311dbca65d44d8
Tumblr media
このように、社会に埋没せず「わたし」の物語を生きようとするBTSの姿勢は、まさに個性化の過程を歩んでいると言えるのではないだろうか。個性化の過程とは、「自我と無意識の関係が変容していく過程」(4)であり、それは外的には社会に埋没していたところから個人を区別し、解放することである。さらに、誰かの言う夢を生きるなど、社会などの集合的なもののために自己放棄することは社会的理念に照応する一方で、自己放棄は個性化の過程と反対のことである(C. G. Jung 1982)。なぜなら、個性化の過程とは社会や大人たちが求める“誰かの物語”を生きるのではなく、「わたし」の物語を生きることだからである。河合隼雄は、現代人の特徴として自分自身のアイデンティティのために、他からのお仕着せではなく自らの神話を見いだしていくことが大切であると示唆している(河合2020)。これが文字通りの神話と同じであるのかについては、第4章で詳しく考察する。
これらの点を踏まえると、BTSの韓国社会における社会問題に対して批判しながらも、自分を含めた若者たちに対して「わたし」の物語を生きることを問う姿は、現代人ならではの個性化の過程と言えるだろう。このように外の世界である社会と「わたし」を区別することが出来たBTSだったが、では内面的な課題である集合的無意識から「わたし」を区別するとはどういったことを言うのだろうか。
*註1:「No More Dream」/BTS『2COOL 4SKOOL』収録/Produced by:Pdogg [Pdogg, "Hitman" Bang, Rap Monster(現RM), SUGA, j-hope, Supreme Boi, JungKook]/Released: 2013. 06. 13
*註2:「쩔어(DOPE)」/BTS『화양연화 pt.1』収録/Produced by:Pdogg [Pdogg, 귓방망이, "hitman" bang, Rap Monster(現RM), SUGA, j-hope]/Released: 2015. 04. 29
*註3:「뱁새(Silver Spoon)」/BTS『화양연화 pt.2』収録/Produced by:Pdogg [Pdogg, Supreme Boi, Rap Monster(現RM), Slow Rabbit]/Released: 2015. 11. 30
❍全体性と完全性―『LOVE YOURSELF』シリーズ―
 ここまで述べてきたように、BTSは『学校三部作』(2013−2014)から『花様年華』(2015−2016)シリーズを通して、社会から区別された「わたし」を社会問題や学校教育と絡めて物語ったが、その社会から区別された「わたし」とは、果たしてこころの“全体性”と呼べるようなものだったのだろうか。C.G.ユングは人間の全体性を意識的人格と無意識的人格の結合によって成り立っていると考え、そのような道に至るものこそ、個性化の過程であるとした(C. G. Jung 1999)。つまり、以前は受容できなかった「わたし」を統合することで全体性を目指すことができるのである(M, Stein 2019)。このように捉えると、BTSは「わたし」と向き合う中で苦悩し、“愛するということ”を通して“全体性”と“完全性”の可能性を見出したと考えられる。
アルバム『LOVE YOURSELF』(2017−2018)シリーズは、先行して公開された「LOVE YOURSELF Hight light Reel '起承轉結'」の映像と共に、それぞれ『LOVE YOURSELF 承'Her'』(2017)、『LOVE YOURSELF 轉'Tear'』(2018)、『LOVE YOURSELF 結'Answer'』(2018)とあり、まさに起承転結の物語であると考えられる。
https://www.youtube.com/watch?v=EHdK5U2hf4o
https://open.spotify.com/album/07Rq17GzCnIdWJcyVHb57G?si=3Rtzcj_lQtepRpSUVk7rLw
https://open.spotify.com/album/4NIqCxqP9o8Tp6tGLBqd8O?si=v93rsGIYT5GOa5Jp_rqK6g
https://open.spotify.com/album/43wFM1HquliY3iwKWzPN4y?si=y83gn_CLQBa5nCPflWUkOg
Tumblr media
これは『LOVE YOURSELF』シリーズの最後にリリースされた『LOVE YOURSELF 結'Answer'』(2018)のトラックリストを見ると、収録曲の歌詞に対してストーリーとメッセージが有機的に連携されていることが分かることからも言える(パン・ウォングン2020)。つまり、トラックリスト1番目のメンバーJungKookのソロ曲「Euphria」が愛を発見する喜びとして〈起〉を表現しており、4番目の「DNA」が偶然じゃない愛の始まり〈承〉について歌いながら、10番目の「전하지 못한 진심 (feat. Steve Aoki) 《The Truth Untold》」が本当の“わたし”を“きみ”に見せられないという〈転〉の部分を表し、13番目のメンバーJinのソロ曲「Epiphany」で自分自身を愛するということに気づいたことから、最後の16番目にある「Answer: Love Myself」(註3)ではわたしたち自身を愛するということが大切だという〈結〉を表現していると考えられるのである。しかしBTSがアルバム『LOVE YOURSELF』シリーズを通して起承転結の物語を構成したことと、ユング心理学はどう関係するのだろうか。ユング心理学において夢には最初に登場人物が提示され、次に問題が描写された後、変化が起こり、最後に夢の結果がまとめられるという劇に見られるような起承転結という構造があるとされている(河合2013)。さらに物語というパラダイムでは、夢やイメージはひとつのまとまりのある物語を成していることが重要であり、夢における結末を重視するのは自分の問題に対して、どのように主体的に対処するか、どのような解決が考えられるかが大切なのである。よって夢の中でも受動的にならず、主体的に関わっていくことが重要なのである。このような捉え方で考えると、『LOVE YOURSELF』シリーズはアルバムを通したひとつの夢であり、物語であると言える。
BTSは愛の発見に喜ぶだけでなく「FAKE LOVE」(註1)において、〈널 위해서라면 난/슬퍼도 기쁜 척 할 수가 있었어/널 위해서라면 난/ 아파도 강한 척 할 수가 있었어(きみのためなら わたしは/悲しくても嬉しいふりが出来た/きみのためなら わたしは/痛くても強いふりが出来た)〉、〈사랑이 사랑만으로 완벽하길/내 모든 약점들은 다 숨겨지길(愛が愛だけで完璧であるように/わたしのすべての弱点はすべて隠れますように)〉と一度はそれが愛であるとしながらも、そのような自分自身の姿に対して〈나도 내가 누구���는지도 잘 모르게 됐어/ 거울에다 지껄여봐 너는 대체 누구니(わたしもわたしが誰だったかよくわからなくなった/鏡に話しかけてみる きみは一体何者なんだって)〉と、自分に対してそれは偽りの愛ではなかったかと問う。
https://open.spotify.com/track/6m1TWFMeon7ai9XLOzdbiR?si=a3d40e94c15a46e2
https://www.youtube.com/watch?v=7C2z4GqqS5E
(MVに登場する仮面などのモチーフや第4章で考察するBUのオリジナルシンボル“スメラルド”と見られる花などにも注目していただきたい)
さらに、「Answer : Love Myself」(註2)では、そのように偽りの姿から愛するのではなく〈어제의 나 오늘의 나 내일의 나 /(I'm learning how to love myself) /빠짐없이 남김없이 모두 다 나(昨日のわたし 今日のわたし 明日のわたし/(わたしは自分自身を愛する方法を学んでいる)/漏れなく余すところなく みんなすべてわたし)〉とあるように、隠したい面も含めた「わたし」から愛するという道に至る。
これらの楽曲作品に対してもメンバーが参加していることを鑑みると、これはBTSが“愛するということ”に対し、主体的に関わることによって得た体験の物語と言えよう。そしてすでに第2章で述べたように、そのような不完全である「わたし」を受容する姿は、C.G.ユングの“全体性”から“完全性”を目指す道のり、ひいては個性化の過程と言えるのではないだろうか。C.G.ユングは“全体性”を“完全性”と区別されたものとして考えていたが、あくまでも目標とするのは“完全性”であるとした(河合 2015)。しかし、人間は“完全性”に向けて努力しながらも達成できるのは“全体性”であり、よってそれは「完全性からすると欠けている世界」(5)なのである。また「完全」は欠点をも含んだすべてによって完全性を確立することであり、この完全性は欠点を含むことが前提となるため、常にその存在に悩まなければならない(河合2017)。つまり「敢えて醜いものや欠陥を含み、それを含むことによって美はより完全となる」(6)のであり、このように完全美を目指しながらも「わたし」と向き合う姿をBTSの中からも捉えられるだろう。BTSは「Answer : Love Myself」(註2)において〈왜 자꾸만 감추려고만 해 니 가면 속으로/내 실수로 생긴 흉터까지 다 내 별자린데(なぜ何度も隠そうとするんだ きみの仮面の中に/わたしの過ちで生じた傷跡まですべてわたしの星座なのに)〉、〈내 안에는 여전히/서툰 내가 있지만/ You've shown me I have reasons/I should love myself/내 숨 내 걸어온 길 전부로 답해(わたしの中には今もなお/不器用なわたしがいるけど/きみがわたしに理由を示した/わたしは自分自身を愛する必要がある/わたしの息 わたしの歩んできた道 全部で答える)〉と物語るように、隠したいと思うような面をも含めたすべてがあってこそ、完全美つまり「わたし」なのであり、“全体性”から“完全性”を目指すものと捉えられるのである。
このようなBTSの姿は、まず自分の内面を語るところから、つまり「わたし」の物語を物語るところから始まっており、このような“物語るもの”としてのBTSの姿が、その物語を“聴くもの”に対して主体的に“物語る”ことを生む可能性があるのではないだろうか。詳しくは第4章で考察するが、ここではBTSがアルバム『LOVE YOURSELF』シリーズを発表した2018年に韓国歌手として初めて国連総会に呼ばれ、「Love Yourself, Speak Yourself」というテーマでスピーチしたこと(パン・ウォングン 2020)に留意して終わりたい。
https://www.unicef.or.jp/news/2018/0160.html
Tumblr media
*註1:「FAKE LOVE」/BTS『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』収録/Produced by:Pdogg [Pdogg, "hitman" bang, RM]/Released: 2018. 05. 16
*註2:「Answer : Love Myself」/BTS『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』収録/Produced by:Pdogg [Pdogg, 정바비, Jorden "DJ Swivel" Young, Candace Nicole Sosa, RM, SUGA, j-hope, Ray Michael Djan, Ashton Foster, Conor Maynard]/Released: 2018. 8. 24
❍元型的イメージの意識化と同化―『MAP OF THE SOUL』シリーズ―
 ここまで述べてきたように、BTSは『学校三部作』(2013−2014)から『花様年華』(2015−2016)シリーズにおいて社会という集合的なものから個人を区別し、『LOVE YOURSELF』(2017−2018)シリーズでは不完全さをも含めた「わたし」を受容することで、C.G.ユングの目指す“完全性”への目標を目指した。しかし個性化の過程とは、外的には社会からの区別であったが、一方で内面的には集合的無意識から埋没されているところからの解放であり、自我と無意識の関係が変容していく過程であった(河合 2015)。集合的無意識に埋没していた個人の解放とは、一体どういうことであろうか。
BTSは『MAP OF THE SOUL』(2019−2020)シリーズにおいて、M,スタインが��ったC.G.ユングについての学術書である『ユング 心の地図』(入江良平訳、青土社、2019)をアルバムのコンセプトに取り入れ(イ・ヘジン2021)、さらなる心の探求を試みた。このアルバムには「Intro: Persona」(2019)(註1)、「Interlude: Shadow」(2020)(註2)、「Outro: Ego」(2020)(註3)といったC.G.ユングの元型論から取った曲名の楽曲作品が存在している。
https://open.spotify.com/album/2KqlAl1Kl5fZvbFgJ0qFB6?si=b6hFN3FBT_i5yzTv5ePIFg
https://open.spotify.com/album/5W1XY5ucNATjTULERvXx9j?si=TpCCNN76TlWG0u3uLeGddA
C.G.ユングは、こころの無意識を意識の外側にある心的内容すべて含むものであると考え(M, Stein 2019)、さらにその無意識を個人的な意識内容が抑圧されたものである個人的無意識とした上で、個人的なものではなく「普遍的な性質」(7)を持っており、したがってあらゆる人間にとって普遍的なこころの基礎を「普遍的無意識」と定義した。その普遍的無意識には「元型」と呼ばれる普遍的なパターンが存在しており、人類のあらゆる体験やイメージにも似た傾向があると考えた(C. G. Jung 1999)。しかし、元型それ自体は定義によって人間が経験することはできず、人間が経験できるのは元型ではなく“元型的イメージ”である(河合2020)。つまり、元型それ自体を経験することはできないが、意識化される場合は意識内容すべてと同様にイメージとして姿を現わすのである。また元型とは「無意識的な基礎と意識との対立を結合しつつ媒介するもの」(8)であり、人間の最大の危険は元型の魅惑的な作用に負けてしまい、元型的イメージを意識化しないこととされている(C. G. Jung 1999)。つまり、個性化の過程を歩んでいくにあたり、元型的イメージを意識化する必要があるのである。このように元型の概念を仮定したC.G.ユングは、「Persona(ペルソナ)」、「Shadow(影)」、「Ego(自我)」などを元型として認め、理論を体系づけていった。
しかしBTSがこれらを物語るとき、一体何を意味するのだろうか。BTSは自分自身の体験や心的内容に対する内省を深め、元型的イメージを意識化するということを試みたのではないだろうか。元型はそれ自体経験できることではないが、無意識の内容を想像するという過程の中で、元型的イメージを意識的な形、すなわち楽曲作品として形づくったと捉えられる。無意識のこころは完全には知り得ないという特性を持っており、それらはいつも意識(または自我)と、意識の言葉を通してしか、われわれは知り得ることができない(C. G. Jung 1976)。だとすれば、このように意識化して物語ることの中に個性化の過程への道があると言えよう。
それではここから『MAP OF THE SOUL』シリーズにおける元型に関連する楽曲作品を中心に、BTSが意識化し、物語ったことを考察していきたい。
まず『MAP OF THE SOUL: PERSONA』(2019)におけるメンバーRMのソロ曲「Intro: Persona」(註1)を詳しく考察する。
https://youtu.be/M9Uy0opVF3s
この「Persona(ペルソナ)」とは、役者の仮面を意味するローマの言葉であり、ユング心理学ではわれわれが社会的世界に向かうときに身につけるものとされている(M, Stein 2019)。つまり大衆から期待される役割、社会的アイデンティティと呼ばれるものである。「Intro: Persona」の中で〈나는 누구인가 평생 물어온 질문/아마 평생 정답은 찾지 못할 그 질문(わたしは誰なのか 一生聞いてきた質問/多分 一生正解を見つけられないその質問)〉と物語られるように、このような仮面、つまりペルソナと「わたし」との関係は『LOVE YOURSELF』シリーズにある「전하지 못한 진심 (Feat. Steve Aoki)《The Truth Untold》」(2018)(註4)や「Answer: Love Myself」(2018)(註5)にもすでに表現されており、そこから地続きにBTSは考え続けているものと見られる。
さらにC.G.ユングは、ペルソナを「個人と社会の間の妥協形成」(9)だと捉え、ペルソナにより集合的な社会の中から一部分が切り取られることによって個人的であることが可能になるとした(河合 2015)。しかしペルソナによって確立した個人的なものは、一般的で普遍的であるが故に隠されてしまうことも同時に起こってくるため、個性化という意味では、まずペルソナと同一視している個人がそこから解放される必要があるのである。そこでRMは〈나 따위가 무슨 music, 나 따위가 무슨 truth/나 따위가 무슨 소명, 나 따위가 무슨 muse/내가 아는 나의 흠 어쩜 그게 사실 내 전부/세상은 사실 아무 관심 없어, 나의 서툼(わたしなんかが 何の音楽、わたしなんかが何の真理/わたしなんかが何の召命、わたしなんかが何の女神/わたしが知っているわたしの傷 ひょっとするとそれが実はわたしの全部/世の中は実は何の関心もない、わたしの不器用)〉と社会的アイデンティティであるペルソナとして人々に見せている姿と「わたし」の間で葛藤しながらも、最終的には〈My name is R/내가 기억하고 사람들이 아는 나/날 토로하기 위해 내가 스스로 만들어낸 나/Yeah 난 날 속여왔을지도 뻥쳐왔을지도/But 부끄럽지 않아 이게 내 영혼의 지도(わたしの名前はR/わたしが覚えている人々が知るわたし/わたしを吐き出すためにわたしが自分で作り上げたわたし/Yeah わたしはわたしをだましてきたかも うそをついてきたかも/しかし 恥ずかしくない これがわたしの魂の地図)〉というように、ペルソナとの同一視を解放しつつ、しかしそんなペルソナも大切な「わたし」の一部であると、元型的イメージそのものから人格化されたイメージとして内面化する。
Tumblr media
またペルソナの発達は青年期および成人期初期に重要であるが、自分が本当に誰であるかと考えることを余儀なくされることがあると、無意識が突破する、すなわち意識に流れ込む可能性があり、わたしたちが無意識の内容を歓迎するだけでなく意識的な生活に統合する限り、より完全な人間になることができるのである(M, Stein 2020)。このように考えれば、歌詞の中で繰り返される〈Who the hell am I?(わたしは誰だ?)〉という問いは、RM自身が「わたし」とは一体誰であるかと幾度となく内省した体験と言える。それによってこそ、元型的イメージを意識化することが可能になるのである。
しかしこれはメンバーRMのソロ曲であり、ただ彼個人の物語を聴いているに過ぎないと思われるかもしれない。それはこの後に続く、影や自我に対する各メンバーのソロ曲に対しても同じように捉えられるかもしれないが、“聴くもの”としてのファンにとってメンバーの実際の物語は重要であり、「Intro: Persona」の中で見られるようなペルソナのRMだけではない人間キム・ナムジュン(RMの本名)としての悩みも分かち合うことで、彼を作られた偶像ではなく、ひとりの人間だと思うことができるのである(ホン・ソクキョン 2021)。つまり、より個人的である「わたし」の物語を物語ることにこそ、意味があるのである。このように、第4章で詳しく述べるが、BTSのメンバーとしてのキャラクターの物語と実際の人生の物語が歌詞の中でつながっている(ホン・ソクキョン 2021)ことこそ、BTSの特徴と言えるのである。
では、一方で無意識の内容を拒絶、無視し、統合されなかった人間のある部分はどうなるのであろうか。その部分はペルソナにもなれず、その人の“影”となるのである。その統合されなかった影とはどんなものであろうか。
『MAP OF THE SOUL: 7』(2020)の中のメンバーSUGAのソロ曲「Interlude: Shadow」(註2)では、SUGAが体験した“影”について物語られている。
https://youtu.be/PV1gCvzpSy0
ユング心理学で言う「Shadow(影)」とは、その個人にとって認容しがたい心的内容であり、「その個人の意識によって生きてこれなかった反面」(10)とされている。「Interlude: Shadow」の中で、SUGAは繰り返し〈I wanna be a rap star/I wanna be the top/I wanna be a rockstar/I want it all mine/I wanna be rich/I wanna be the king/I wanna go win/I wanna be ...(わたしはラップスターになりたい/わたしはトップになりたい/わたしはロックスターになりたい/わたしはそれをすべてものにしたい/わたしはお金持ちになりたい/わたしは��になりたい/わたしは勝ちたい/わたしはなりたい‥)〉と、かつて自分が願ったものでありながら、今も手にしたいはずの欲望について物語る。しかし、同時に〈나의 바람대로 높게 날고 있는 순간/저 내리쬐는 빛에 더 커진 그림자/Please don't let me shine/Don't let me down/Don't let me fly/이제는 두려워(わたしの望み通りに高く飛んでいる瞬間/あの照りつける光にもっと大きくなった影/どうか輝かせないで/失望させないで/飛ばさないで/今は怖い)〉と一見矛盾しているようにも思えることを物語るのである。このように、統合されれば自我に属された人格部分が、認知的な要素によって抑制されると影になるのである(M, Stein 2019)。つまり影は、「光にむかって歩くとき私たちの背後からひそかについてくる私たち自身のイメージ」(11)なのである。SUGAは光に満ちた成功や富というものを手にしつつある今、その背後の影はさらに色濃くなっていると実感しているのだ。またC.G.ユングは、自分自身との出会いはまず影と向き合うことから始まるとし、自分が誰であるかをほんとうの意味で知るためには、自分自身と、すなわち影と向き合うことが重要だと示唆する(C. G. Jung 1999)。その点でSUGAは、影と向き合うということを他のメンバーよりも長く続けてきたと言える。
Tumblr media
SUGAは「Interlude: Shadow」の前に発表したAgust D名義のミックステープ『Agust D』(2016)の中で、家族にも理解されないまま夢を叶えるためソウルに上京した練習生時代の生活苦と挫折についてストレートに物語っている。その中でも「The Last」(註6)は〈잘 나가는 아이돌 랩퍼 그 이면에/나약한 자신이 서 있어 조금 위험해/우울증 강박 때때로 다시금 도져/hell no 어쩌면 그게 내 본 모습일 지도 몰라(人気アイドルラッパーの裏に/弱い自分が立っていて少し危ない/うつ病 強迫観念 時々再び繰り返される/hell no もしかしたらそれがわたしの本来の姿かも知れない)〉、〈대인기피증이 생겨 버린 게 18살쯤/그래 그때쯤 내 정신은 점점 오염 돼(対人恐怖症になってしまったのが18歳頃/そう その頃のわたしの精神はますます汚染されていく)〉と、実際にうつ病や強迫性障害、対人恐怖症を抱えていたことを物語っている。また〈정신과를 처음 간 날 부모님이 올라와/같이 상담을 받았지 부모님 왈 날 잘 몰라(精神科に初めて行った日 両親が上京してきた/一緒に相談を受けたんだ 両親いわく わたしをよく知らない)〉というように、精神科でカウンセリングを受けるという極めて個人的かつ重要な話をしている。
そこから人気と地位を築いた彼は、また別の影と向き合うこととなったと言えるだろう。SUGAは「Interlude: Shadow」の中で、影と対話を試みているように見受けられる。これに対してM,スタインは、“対話”というものはC.G.ユングが『赤の書』で試みた方法であり、自己へと精通する方法であるとした上で、影との会話的関係を結ぶことによって人間はそれらと親しむことができるだけでなく、それらの莫大なエネルギーの一部を排出することが可能になると述べる(M, Stein 2020)。しかしそれは、決して楽しいことではない(M, Stein 2020)。だが、病的な症状に対して無意識内容が意識化されると、その症状は消えるとされており(C. G. Jung 1999)、よりよく生きるためには避けては通れない道なのである。
ここまでペルソナと影といった無意識内容を取り上げてきたが、このような内的衝突があってこそ、成長するものもある。それが「Ego(自我)」である。
アルバム『MAP OF THE SOUL: 7』(2020)におけるメンバーj-hopeのソロ曲「Outro: Ego」(註3)では「Ego」という単語が繰り返し登場する。
https://youtu.be/LmApDbvNCXg
「Ego」つまりユング心理学で言う自我とは、「一切の個人的な意識行為の主体」(12)であり、意識が「気づき」の状態であるとすれば、自我はその自明な出発点であると言える(M, Stein 2019)。そのように捉えると、自我は無意識の表面にあり、意識の中心を占めるため、私たちが知っている領域と知らない領域の境界にあるのである(M, Stein 2020)。その自我を成長させるものは、C.G.ユングの言うところの「衝突」であり、言いかえれば葛藤や苦悩である(M, Stein 2019)。さらに、わたしたちの意識は自我を中心として統合性を持っているが、自我はその安定した状態にとどまらずに、人間のこころの中にある安定性を崩して、さらにより高次の統合性へと志向する傾向がある(河合2009)。j-hopeは〈매일 돌아가 본다고/그때의 나로/포기를 선택한 삶으로/날 놓아본다고(毎日振り返ってみると/あの頃のわたしに/諦めを選択した人生に/わたしを置いてみるんだ)〉、〈문득 스쳐 가는 J hope이 아닌 정호석의 삶/희망이란 없고 후회만 가득했겠지 till I die/ 내 춤은 뜬구름을 잡을 뿐/나의 꿈을 탓하고 살아 숨 쉬는 거에 의문을/Oh my God(ふとすれ違うJhopeじゃない チョン·ホソクの人生/希望はなくて後悔だけでいっぱいだろう わたしが死ぬまで/わたしの踊りは浮雲をつかむだけ/わたしの夢を咎めて生きていることに疑問を/なんてこった)〉と葛藤しながらも、〈믿는 대로/가는 대로/운명이 됐고/중심이 됐어/힘든 대로/또 슬픈 대로/위로가 됐고/날 알게 해줬어(信じるままに/ゆくままに/運命になって/中心になった/苦しいなりに/また悲しいなりに/慰めになって/わたしを分かるようになった)〉というように、自分の人生を振り返りながら自我の中心としての「わたし」を見つめ、さらなる統合性を目指す。C.G.ユングはこのように自我の構造が十分強力であれば自我は無意識内容からの衝撃に耐えることができ、その無意識内容を自我に同化することができるようになるとした(C. G. Jung 1999)。またある心的内容が、自我に対して持つ関係こそ、そのような心的内容が意識化されるかどうかのバロメーターであり、主体が思い描くことのできない心的内容は意識的とは言えないのである(M, Stein 2019)。つまり、意識化するためには物語ることが必要なのであり、そうすることで、さまざまな心的内容や無意識内容を自我との関係において結びつけることができる。j-hopeは、最終的に〈Map of the Soul/Map of the All/That's my Ego/That's my Ego(魂の地図/すべての地図/それはわたしの自我/それはわたしの自我)〉と、これまでの無意識内容を自我に同化すると同時に、すべては自我との関係おいてつながっているのだと物語る。つまり、これまで考察してきた「Intro: Persona」、「Interlude: Shadow」、そして「Outro: Ego」は、個々のメンバーが物語ってきた個人的な物語でありながら、多角的に捉えればBTSとしての自我との関係であり、またその自我に同化した無意識内容とも言えるのではないだろうか。
Tumblr media
今まで「わたし」であると認めていたもの以上の心的内容を、葛藤しながらも抱え、向き合い、また意識化し続けようとするBTSであるが、そのようなBTSが確立した自我とは、いわゆる近代自我が捉えるような「私は私」という形ではない。「私は私である」というような絶対的な自己同一を考える近代自我においては、そこに差異が認められず、したがって少しでも異なるものは分裂という形で生じる(河合 2015)。そのようにして生じた分裂が、同化されなかった無意識内容、つまり影などであると言えよう。つまり、ここでBTSが捉えた「わたし」とは、「私は私である」というような=(イコール)で結べるものではなく、「わたし」であり「わたし」ではない(河合 2015)という差異性と不一致性を包括したものなのである。これは否定を含めた極めて弁証法的な形でなされるものである。しかし、このような捉え方の「わたし」は、すでに述べた“全体性”と“完全性”にも通ずるということがここで分かるだろう。
ここまで述べてきたように、BTSが続けてきたような意識を求めてなされる個人的な苦闘の所産が、C.G.ユングの言う「個性化の過程」という統合であり(M, Stein 2019)、結合なのである。
*註1:「Intro: Persona」/BTS『MAP OF THE SOUL: PERSONA』収録/Produced by:Hiss noise [Hiss noise, RM, Pdogg]/Released: 2019. 04. 12
*註2:「Interlude: Shadow」/BTS『MAP OF THE SOUL: 7』収録/Produced by:SUGA, GHSTLOOP, EL CAPITXN[SUGA, GHSTLOOP, EL CAPITXN, Pdogg, RM]/Released: 2020. 02. 21
*註3:「Outro: Ego」/BTS『MAP OF THE SOUL: 7』/Produced by:Hiss noise [j-hope, Hiss noise, Supreme Boi]/Released: 2020. 02. 21
*註4:「전하지 못한 진심 (Feat. Steve Aoki)《The Truth Untold》」/BTS『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』収録/Produced by:Steve Aoki [Steve Aoki, Roland Spreckley, Jake Torrey, Noah Conrad, Annika Wells, RM, Slow Rabbit]/Released: 2018. 05. 16
*註5:「Answer: Love Myself」/BTS『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』収録/Produced by:Pdogg [Pdogg, 정바비, Jorden "DJ Swivel" Young, Candace Nicole Sosa, RM, SUGA, j-hope, Ray Michael Djan, Ashton Foster, Conor Maynard]/Released: 2018. 08. 24
*註6:「마지막(The Last)」/Agust D『Agust D』収録/Produced by:Agust D, Slow Rabbit/Released: 2016. 08. 15
❍BTSの楽曲作品から個性化の過程への総合的考察
 ここまでBTSの楽曲作品についてアルバムシリーズを通して捉えてきたが、改めて「わたし」の物語を物語るBTSの姿が個性化の過程とどのようにつながるのかに対して考察する。
まずBTSはデビューアルバムを含む『学校三部作』(2013−2014)から『花様年華』(2015−2016)シリーズにおいて、集合的な社会から個人を区別し、同時に社会問題を批判しながらも、誰かの言う夢ではなく「わたし」の物語を生きることを問いた。次に『LOVE YOURSELF』(2017−2018)シリーズにおいては、「わたし」の物語を生きるところから先に進み、愛することを通して隠したい側面である「わたし」も「わたし」であると知り、「わたし」の物語を物語る中で“完全性”を目指した。このようにデビューアルバムを含む『学校三部作』(2013−2014)シリーズから『LOVE YOURSELF』(2017−2018)シリーズへと続くBTSの楽曲作品は、グループとしての音楽的成長だけでなく、メンバー7人の人間的な成熟の軌跡そのものであると言える(イ・ヘジン2021)。それぞれ��楽曲作品に盛り込まれているメッセージは、「メンバーが経験してきた等身大の出来事」(13)であり、自分を神秘化することなく、どこにでもいる若者たちと同じでありながら、一方で自らの現界を破って前進したいという情熱も物語るBTSの姿に、現在のような世代や人種を越えた深い共感の力があると言えよう(イ・ヘジン 2021)。
これは『MAP OF THE SOUL』(2019−2020)シリーズにおいても同じであり、「メンバーが経験してきた等身大の出来事」(13)、つまり「わたし」の物語を物語るBTSの姿に対して言えることである。不安や葛藤を含めた心的内容を物語ることで、普遍的無意識つまり元型(元型的イメージ)から無意識内容を意識化することができたのである。よってBTSは物語ることを通して、自我と無意識の持つ関係を変容させていったと言える。
このように『学校三部作』(2013−2014)シリーズから『MAP OF THE SOUL』(2019−2020)シリーズを通して捉えられるBTSの姿は、C.G.ユングの考える「個性化の過程」を歩んでいると言えるのではないだろうか。
 だとすれば、楽曲作品の中で個性化の過程を歩む姿を「わたし」の物語として物語るBTSは、自分自身を個性化へと導くだけでなくBTSの「わたし」の物語を“聴くもの”にも、その関係性を通してなされる新たな個性化の過程への可能性があるのではないかと考えられる。次の章では、BTSの物語と“物語る”ことから、その考察を進めていきたい。
第4章 「わたし」を物語ることへの可能性―BTSを例にして―
❍物語ることへの意義
 では、改めて“物語る”とは一体どういうことであろうか。
物語るということを考えた際、第3章『MAP OF THE SOUL』(2019−2020)シリーズの考察にあるような元型というイメージを意識化し、物語るという形で言語化する過程は、自我だけがなしていると思われるかもしれない。しかし、言語というのは全く自我だけが支配するものとは限らず、無意識的な面が大きく関わっていると考えられる(河合2020)。したがって自我が無意識内容を意識化し、同化するだけでなく、言語化することにより自我がその内容を知るということもあるのである(河合 2020)。つまり、「わたし」と「わたし」の関係という自己関係も含めて、外界/内界問わず、その関係性の中で言語化するとき、「わたし」をも知らなかった内容を「わたし」が知るという状況が生まれるのである。なぜなら、ここで言う「わたし」」とは「わたし」であり、「わたし」ではないという差異性と不一致性によるものだからである(第2章参照)。野田は、語りが「今・ここ」で生み出されるために、それを聴くものが存在する必要があると考えた(野田 2020)。よって“物語る”とは行為であり、物語る際には必ず“聴くもの”の存在を必要とするのである。このように捉えると、“物語るもの”は同時に“聴くもの”であり、逆もまた然りと言えよう。
さらに、イメージは意識に把握される際には「物語」として発展しやすい(河合 2010)ことから、言語化していく際には“語る”というよりも“物語る”ということに近いと考えられる。もちろんイメージを言語化する際には、言語化された途端に失われてしまうものもあると考えられるが、すでに述べたように言語化することではじめて知るものがあるとすれば、“物語る”ことから始まる新たな可能性が多分にあると言えよう。このように“物語る”ことによって個人の意識と無意識の関係の回復がなされるのであり、それは無意識から切り離された意識がその無意識と再び関係を持つこと(河合 2015)という形で、個性化の過程をなすと言える。この無意識と意識の両者をつなぐものとして物語がある(河合 2010)のであり、言語化し“物語る”ことによってこそ、それはなされるのである。すでに第1章で述べたように、C.G.ユングが自分に出来ることはただ「物語る」だけであるとした(C. G. Jung・Aniela Jaffe編 1972)のは、このような観点からだと考えられる。
しかしながら、ここで取り上げるBTSの“物語る”こととは、単にエピソードを語るというものではなく、音楽という形でなされるものである。それは心理療法で見られる“物語る”形と全く同じようには捉えられないかもしれない。だが、語りが「今・ここ」で生み出されるために聴くものが必要であるということや、物語ることで意識と無意識の関係回復がなされるということを含めると、音楽が存在する理由は「わたし」の内と外に見る二重の他者とその「あいだ」を無化することにあり、間柄の回復を計ることにあるということから、音楽と「わたし」の物語を“物語る”という行為には関連性があると言える(戸澤2019)。これらのことから、楽曲作品という音楽を通して“物語る”ことに意義があると言える。 
❍物語としてのBTS―トランスメディアを含めながら―
 音楽と「わたし」の物語を物語ることの関連性はすでに述べたが、BTSが“物語る”要素は音楽だけではない。
BTSには「BU(BTS Universe)」(以下、BU)という、いくつかのMVに登場するキャラクターの物語、つまりBTSの物語がある(ホン・ソクキョン2021)。
https://youtu.be/jjskoRh8GTE
https://youtu.be/Bt8648TNX1M
https://youtu.be/wKysONrSmew
https://youtu.be/LbvE0FV_70U
https://youtu.be/Oqksx-xkSg8
https://youtu.be/o75Y9XWLY9M
https://youtu.be/Oj-zYDbw1Co
https://youtu.be/EHdK5U2hf4o
https://youtu.be/kX0vO4vlJuU
Tumblr media
これは『花様年華』シリーズから始まった(イ・ヘジン 2021)が、メンバーたちはこの物語にそれぞれ出演し、本名でありながらも実際の人生とは違うフィクション設定の中で、暴力や心の病いなどに悩む青年を演じている(イ・ヘジン2021)。これは特定の楽曲作品に基づくフィクションであるが、実はBTSというグループの物語とメンバーの実際の人生の物語と密接に結びついており、それらはたんに重なっているのではなく「それぞれの層がお互いを補完しあいながらも独立した、複雑な構造になっている」(1)のである。またBUは直線状に進むものではなく、一見関連性のないものがヒントのように登場するため、その物語に対する全体像は観た人によって違う(イ・ヘジン2021)といった曲線状の物語だと言える。さらにミン・ギョンウォンは、BUの世界観がトランスメディア(註1)を用いたトランスメディア・ストーリーテリングであり、独自のトランスメディアストーリーワールドを形成していると考えた(ミン・ギョンウォン2018)。そして音楽だけでなく、そこに含��れる映像、SNSなどがそれぞれの方向に展開されることによって、それを受けた観客は積極的受容者でありながらも共同創作者になると言う。つまり、BTSは楽曲作品や映像作品などを通してトランスメディアを活用し、BUという一種のパラレルワールドによって、より豊かなイメージへと導いていると考えられる。日本を代表するユング派分析家 河合隼雄の研究などには、神話や昔話などにおける「物語構造」を説明しているものが多いが、このようにそれを観た人や聴いた人のイメージの多様性という観点でBUを捉えると、神話や昔話といった物語と共通するものがあるのではないだろうか。
さらに普遍的無意識として普遍的に存在するとされる元型は、イメージそのものが遺伝されるのではなく、イメージの形式的可能性が遺伝されると言われている(C. G. Jung 1999)。となれば、なぜ現代においても神話や昔話が存在するのかということが問われてくる。それはリアリティー(現実性)への渇望なのではないのだろうか。神話にしても、昔話にしても、「わたし」の物語にしても、物語には“物語るもの”も“聴くもの”も、物語の中でそれぞれが互いに体験されるものがあるのではないだろうか。それはつまり、人それぞれに物語があり、その中で生きているということであるが、しかし同時に現代において、果たして文字通りの神話や昔話は“生きている”と言えるのだろうか。実際C.G.ユングは、フロイトと決別してから精神的危機に陥ったが、その際に自分の生きている神話は一体何であるかと問いている(河合2015)。その後、C.G.ユングが見たジークフリートを殺す夢について河合俊雄は、もはや“その神話の中で自分が生きているのは不可能である”ということの犠牲的な意味だったのではないかと考察している(河合 2015)。つまり、「私という人間の中に神話があるのではなくて、私は神話の中にいるはず」(2)なのに対して、C.G.ユングの時代においても、もはや文字通りの神話の中にいることができなくなっていたと考えられる。確かにC.G.ユングは、神話の中に人類に共通した普遍的な要素を見出したが、その現われ方は現代において変化しつつあるのではないだろうか。なぜなら、それが“普遍的”であれば、どんな時代、どんな形でも存在するはずだからである。
BTSの物語であるBUも、単なる直線状のフィクションではなく、複雑な構造を持ちながらもさまざまな方向へと展開し、また観客もその境界を越えてさまざまに行き来ができる開かれたものであり、曲線状の物語である。このように考えるならば、現代における新たな物語の可能性を有するものと捉えられるのではないだろうか。
*註1:「トランスメディアの接頭語『トランス(trans)』には多様な意味が含まれている。 『越えて』、『横断して』、『貫通して』、『通って』、『他の方へ』、『他の状態へ』、『超越して』、『彼方へ』という辞書的意味を調べると新しいメディアが進もうとする方向を類推できる。 固定されたジャンルあるいはプラットフォームに停泊しているのではなく、どこかに向かって進み、その姿に変化が生じるだけでなく、コンテンツの属性も変わり得ることを暗示しているのである。」とし、トランスメディアの概念とは以下のようであると言う。「ヘンリー・ジェンキンスは2006年『MITテクノロジーレビュー』でトランスメディアという概念を初めて紹介し、『コンバージェンスカルチャー』を通じてこれを理論化した。 『文化的コンバージェンス(cultural convergence)についてメディア技術、メディア産業、消費者、生産者などがお互いに連携して新しい創意性が生まれるもの」と定義しながら、『これを通じて参加を根幹とする文化が形成される可能性があり、物語が様々なプラットフォームにまたがって展開されるトランスメディアストーリーテーリング現象が現れることもある』ということだ」/민경원:『방탄소년단 트랜스미디어 스토리월드 구축 전략』한양대학교 융합산업대학원 ,2018(ミン・ギョンウォン:『BTSのトランスメディアストーリーワールド構築戦略』漢陽大学校融合産業大学院,2018.) 
❍物語るものと聴くもの―BTSとARMYの関係性から―
 すでに述べたように、BUの世界観には一見関連性のないように思えるようなヒントが隠されており(イ・ヘジン2021)、それはまるでイースターエッグのように散りばめられているのである。そしてこの物語を観たもの、あるいは聴いたものたちによって、その全体像が異なる(イ・ヘジン2021)とするならば、その人たちがそれぞれに作り出す新たな物語があるということではないだろうか。つまり、物語が“物語るもの”から離れ、その物語を受けとった人の中で、新たに育まれるものがあると考えられる。さまざまなメディアを横断するトランスメディアにおいて物語を完成させるトランスメディア・ストーリーテリングには、ストーリー要素をさまざまなプラットフォームに流しつつも、そのあちこちに散りばめられる物語と観衆が互いに影響しあう必要があるとされる(ホン・ソクキョン2021)。このとき、BUを含むBTSの物語に対して積極的に関わる存在こそ、BTSのファンダムであるARMYと言えよう。さらに、その世界観は見たもの聴いたものに対して「周りの人に話して共有したいと強く思う」(3)のが特徴である。つまり、トランスメディア・ストーリーテリング構造をしているBU、BTSの物語は、その物語を受けとった人に対して新たに物語りを生むと言える。しかし、このように考察してもトランスメディア・ストーリーテリング、ひいてはBUの物語は、あくまでもフィクションであり、果たしてそれがリアリティーを感じることに繋がるのかという疑問がある。だが、このようなトランスメディアを実在する人物で構成する場合、その人物の現実のストーリーがフィクションであるトランスメディアと連動し、一貫性を持たなければならない(ホン・ソクキョン2021)ということはすでに指摘されており、よってこのような世界観を構築する土台はあくまでもBTSの現実の物語と言える。そのようにフィクションと現実性が複雑に入り交じることによって「物語は宇宙的世界観のなかでひとつにつながる」(4)のである。これは、物語のもつ重要な特性である「多くのものを『つなぐ』機能」(5)と捉えられ、ここでも「一見無関係のように見える事象が、『つなぐ』ことによって『物語』になるし、その『つなぐ』行為によって、物語る人の主体がかかわってくる」(5)のである。おそらくこのように物語られてきたのが従来の神話や伝説、昔話というものであり、それは物語の中で新たな世界や自分に出会うことを導くものと言える。
Tumblr media
 しかしながらトランスメディアを用いてこのような世界観を構築しても、その物語を受けとるものがいなければならない。アイドルやアーティストなど音楽を作る者にとってその音楽を聴く人間が必要なように、「物語る」という行為にも、“物語るもの”だけでなく、その物語を“聴くもの”の存在が必要であることはすでに述べた。これは自分自身との自己対話という形をとっても言えることである。
河合俊雄は、そもそもイメージが象徴や物語ですべてを捉えられるようなものではないということを前提にしながらも、物語と象徴の意識構造が解体されている現代では、語っていることと聴いているということが大切だと考える(河合 2013)。つまり、“物語るもの”だけでなく、同時にその物語を“聴くもの”が必要であり、そのこと“自体”が定点となっていく。そうすることで、“物語るもの”と物語を“聴くもの”の間では、今まで考えられていたような展開の仕方ではなく新たな展開の可能性が開かれると考えられる。これ��いわゆる「第三のもの」ではないだろうか。第三のものとは、イメージ、症状、クライエントの語りのことである(河合2013)。さらに心理療法は二者関係ではなく、互いに第三のものによって「不意を打たれ、変えられていくこと」(6)ものであり、そこでの語りも、主体を超えて「語りが第三のものとしてクライエントを通じて自ら物語る」(7)ものである。第三のものとしての語りはいわゆる心理療法らしい語りではなく、雑談などの形をとる場合であり、アイドルについて語ることも含まれる(河合2013)。パン・ウォングンはBTSの「Magic Shop」(註1)を聴いたARMYの反応を紹介しており、その中には「最も意気消沈していた時期にBTSが好きになったが、彼らは私を慰めてくれて本当にマジックショップのように心に癒しをもらった。 それで、この歌を初めて聞いた時、(私は)涙を流した」(8)や「私はずっと寂しさを感じたけど、 この歌を聞いたら寂しくない」(9)など、楽曲作品を聴いた体験を通して自分自身が感じたことを物語っている。
元々この「Magic Shop」という楽曲が〈내가 나인 게 싫은 날/영영 사라지고 싶은 날/문을 하나 만들자 너의 맘 속에다/그 문 을 열고 들어가면 이 곳이 기다릴 거야/믿어도 괜찮아 널 위로해줄 Magic Shop(わたしがわたしであるのが嫌な日/永遠に消えたい日/ドアを一つ作ろう きみのこころの中に/そのドアを開けて入ったらこの場所が待っているんだ/信じても大丈夫 きみを慰めてくれるMagic Shop)〉というように、ファンであるARMYに自分の経験を語りながら力と慰めを伝えるものである(パン・ウォングン2020)。このことからも、BTSの楽曲作品、つまりBTSの「わたし」の物語は“聴くもの”に物語りを生む可能性があると捉えられるのではないだろうか。このように考えると、“物語るもの”と“聴くもの”、つまりBTSとARMYは相互的であり、第三のものを通して主体的に物語る関係性と言える。この「Magic Shop」の例の場合、楽曲作品を聴いた気持ちを、ファンであるARMYが自ら物語ることで、改めて自分の気持ちを感じ、慰められることもまたあると考えられる。なぜなら、すでに述べたように言語化し、物語ることで自我が知るということがあるからである。
このような相互的で循環的な関係性が、現代において求められているのではないだろうか。ホン・ソクキョンが言うように、BTSの物語を聴く若者たちが癒やされ、慰められる姿はBTSがいまや機能していない教会のような役割を果たしているとさえ感じるのである(ホン・ソクキョン 2021)。そういった意味で、かつては教会も“機能していた”と言えるだろう。しかし心理療法の場はアジール(註2)のような場所が消滅し、今や社会の外にないからこそ、新たな形のアジールとして逆説的に必要とされている背景がある(河合2013)。つまり現代においては、なんとなく相談できるような共同体とのつながりが機能しておらず、たとえ家族であっても個人的な悩みを知られたくないからこそ、心理療法の場が必要なのである。一方でこれは個人の成立とも言え、西洋の歴史から見れば共同体だけでなく、自然や神などに包まれたあり方から解放されるといった主体性を持つ個人を確立することへのプロセスであった(河合 2013)。このような個人の成立は「わたし」と「わたし」の関係である自己関係に関わることである(河合2013)。このように「主体性があることは心理療法の前提」(10)であり、「内面と主体性を持った個人の成立、それに関連する主体と客体、こころと物の分離なくしては、心理療法は成立しない」(10)のである。しかし、これにより現代人は新たな悩みを得ることになる。つまり、個人の成立によって確立した自己関係によって、不安という感情に悩まされることになるのである。さらに日本においては、このような近代個人への働きが対人恐怖という症状を生んだと指摘されている(河合2013)。
河合俊雄は、心理療法を「クライエントが主体的に問題を解決するために、場や拠り所を提供することである」(11)と定義し、その具体的な解決というよりも“場作り”が大切であり、場所や時間、料金といったことがその枠組みになると考えた。しかしすでに述べたように、そのような枠組みの心理療法さえも現代人とっては容易にアクセスできる場ではない(第1章参照)。となれば、そのような場のあり方を改めて捉え直し、心理療法の場でも、社会でも、アジールでもない、新たなあり方を考える必要があるのではないだろうか。もちろん、従来の心理療法の場が全く機能していないということではない。実際、多くの人が継続的に心理臨床的な場を訪れていることはすでに述べた(第1章参照)。
ここで考察したいのは、あくまでも従来の心理療法が機能していると捉えながらも、そのような場にアクセスできない人々に対するものとして、BTSの楽曲作品の豊かなイメージと物語性、さらにBUで見られるようなテクノロジーを融合させた新たなあり方があるのではないかということである。
*註1:「Magic Shop」/BTS『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear‘』/Produced by:JungKook, Hiss noise, ADORA[JungKook, Hiss noise, RM, Jordan "DJ Swivel" Yong, Candace Nicole Sosa, ADORA, j-hope, SUGA]/Released: 2018, 05, 16
*註2:アジールとは「世俗の力や関係が及ばない、神や仏の支配している領域」のことである。/河合俊雄,『ユング派心理療法』p.20,ミネルヴァ書房,2013.
❍個より普遍へと至る道につながる可能性
 BTSは「わたし」の物語を物語る中で、誰かの夢ではなく、「わたし」の物語を生きることを問いながら、あくまでも自分の体験に基づいて「わたし」の物語を物語ってきた。さらにこのようなBTS姿が、自らの力で自分の神話を見出していかなければならず(河合 2020)、もはや文字通りの神話がリアリティーをもって生きていない現代において重要なのではないかということはすでに述べた。C.G.ユングは集合的無意識を仮定する際、神話を例にして、人類にとって「普遍的な性質」(12)があるとしたが、もしも人類の無意識に普遍的で集合的な性質があるとするならば、その現れ方は変化する可能性があると言える。なぜなら、たとえ現代において、リアリティーを持って神話を生きることができなくなったとしても、“人類には普遍的な要素がある”はずだからである。このように捉えると、従来のような心理臨床的な場でのみ、“物語るもの”と“聴くもの”の関係性を通した物語があるのではなく、さまざまな形で展開されうると考えられるのではないだろうか。そしてそれは個性化の過程についても同じである。
第2章において、「自分の生き方について考え、それを実行してゆく」(13)ことである個性化の過程が、極めて個人的なことでありながら、普遍性を持つことはすでに述べた。つまり、個人的な「わたし」の物語を物語るとき、それは普遍性をもつことにもなると捉えられる。したがって、集合的な社会や無意識から個人を区別し解放するといった普遍性からの個性化が、突き詰めれば個性化していくからこそ普遍性をもつという逆説になるのである。このような逆説は、これまで考察してきたBTSの楽曲作品にも通ずると考えられる。BTSの音楽は物語の出発点ではなく、求心点となっているのであり(ミン・ギョンウォン2018)、「わたし」の物語を物語るということを音楽を通して続けてきたBTSの姿、つまり個性化の過程を歩む姿に多くの人が共感したという点で、そこに普遍性があると言える。よってBTSは、「わたし」の体験を深めていく中で、はじめは全く個人的なことであったのが、「わたし」の物語を物語るうちに普遍性を帯びてきたと捉えられる。キム・ヨンデの言うように、BTSの音楽の普遍的な魅力には、若者と他の世代、異なる文化と人種、さらには洋の東西両方の美学と価値観があり、そして何より「自分」と「自分のなかのもうひとりの自分」(14)を和解させる底力があるのである(キム・ヨンデ 2020)。さらに、たとえ“聴くもの”としてのARMYやその聴衆たちがBTSの影響を受け、自ら「わたし」の物語を物語りながら個性化の過程を歩んだとしても、実はそれはBTSの影響から生じたのではなく、あくまでも自分の内的な過程の必然的帰結に過ぎない(河合 2015)と考えられるのである。なぜなら、BTSの音楽は物語の出発点ではなく、求心点(ミン・ギョンウォン2018)となっており、それは音楽的な意味だけでなく個人的な物語が普遍性を持つという形で、自らに舞い戻るからである。現代人は自らの力で自分の神話を見出していかなければならない(河合 2020)とすでに述べたが、人間はそれぞれ自分の物語を生きようとしており、それはそれぞれ一人ずつすべて異なるため、同じものはひとつもない(河合 2010)。よってそれぞれの生きている軌跡こそ物語であり、生きることで物語を創造しているのである。心理療法には「はじめ」と終わりがあるが、個人の物語は死ぬまで終わらない(河合 2010)。つまり、「わたし」の物語の作者は他の誰かではなく「わたし」であり、生きてゆくこと自体が「わたし」の物語を作っていくことなのである。そしてそれは、生きている限り続くものであり、その道に至るものこそ、個性化の過程と言えるのである。
ここまで述べてきたことを踏まえると、個性化の過程は決して「ひとり」で歩めるものではないことが分かる。なぜなら、個性化の過程には物語ることが重要になり、それは常に自己関係も含めて“聴くもの”の存在を必要とするからである。BTSの『MAP OF THE SOUL』シリーズ(2019−2020)の中のアルバム『MAP OF THE SOUL: PERSONA』(2019)に「소우주(Mikrocosmos)」(註1)という曲がある。
その中でBTSは、〈한 사람에 하나의 역사/한 사람에 하나의 별/70억 개의 빛으로 빛나는/70억 가지의 World(1人に1つの歴史/1人に1つの星/70億個の光に輝く/70億通りの世界)〉とそれぞれ一人ずつに歴史や輝きがあると物語り、〈가장 깊은 밤에 더 빛나는 별빛/가장 깊은 밤에 더 빛나는 별빛/밤이 깊을수록 더 빛나는 별빛(最も深い夜にさらに輝く星の光/最も深い夜にさらに輝く星の光/夜が深まるほどさらに輝く星の光)〉と物語る。これはつまり、一人一人にはそれぞれの物語があり、その物語の中で葛藤し苦悩するからこそ、「わたし」の物語はより一層輝くものになるということではないだろうか。そしてそれが、生きることではなかろうか。生きることにより、「わたし」の物語を作っていくのである。さらに、すでに述べたように個性化の過程は決して「ひとり」で歩めるものではなく、「わたし」と「わたし」を含めたあらゆる関係性においてなされるものなのである。よって〈You got me/난 너를 보며 꿈을 꿔/I got you/칠흑 같던 밤들 속/서로가 본 서로의 빛/같은 말을 하고 있었던 거야 우린(やられたよ/わたしはきみを見つめながら夢を見る/見つけたよ/漆黒のようだった夜の中/お互いが見たお互いの光/同じ言葉を言っていたんだ わたしたちは)〉 とBTSが物語るとき、それは“物語るもの”と“聴くもの”の関係性を捉えていると言える。さらにそのようにして個性化の過程を歩みながら「わたし」の物語を物語るとき、第2章ですでに述べたが、それは個人的でありながらも普遍性を帯びるのである。
Tumblr media
このようにBTSは楽曲作品、トランスメディア等を用いながら「わたし」の物語を物語るということを続けたグループであり、“物語るもの”と“聴くもの”の関係性の中で個性化の過程を歩む姿から、個性化の過程や心理臨床的な場に対して新たなあり方が考えられるものとみる。
*註1:「소우주(Mikrocosmos)」/BTS『MAP OF THE SOUL: PERSONA』収録/Produced by:Arades [Matty Thomson, Max Lynedoch Graham, Marcus McCoan, Ryan Lawrie, James F Reynolds, RM, SUGA, j-hope, "DJ Swivel" Young, Candance Sosa, Melanie Joy Fontana, Michel "Lindgren" Schulz]/Released: 2019. 04. 12
おわりに
 ここまで、ユング心理学の「個性化の過程」に着目し、「わたし」の物語を物語るBTSの楽曲作品から、新たな個性化の過程へと至る道があるのではないかということを考察し検討してきた。さらに、BTSの「わたし」の物語を物語るという姿が、“物語るもの”と“聴くもの”の関係性によって、さらなる進展を生むことについて考察してきた。このような考察から、心理臨床的な場に対して現代における新たなあり方が考えられるのではないかと捉えた。もちろん、決して従来の心理療法のあり方やそれに基づく心理臨床的な場を否定するものではない。しかしすでに述べたように、従来の心理臨床的な場にアクセスできずにいる人々が存在することは事実であり、さらにさまざまな「わたし」の物語があるのならば、さまざまな個性化の過程があっていいはずなのである。このような観点から、本研究は新たな形の個性化の過程と心理臨床的な場への可能性をBTSの楽曲作品から考察してきた。
そしてこの可能性を考察するためには、私自身の体験が必要であり、BTS同様にまずは「わたし」の物語を物語る必要があった。なぜなら、「わたし」の物語を物語ることこそ、個性化の過程への道だからである。したがって、本考察は私が実際に体験し、現象の中にあることとしてBTSを中心に取り上げた。それはすでに述べたように「わたし」の物語を物語ることが、自然科学で言う普遍性とは異なる(河合 2020)形で普遍性を帯びると考えられるからである。そしてユング心理学は、このようにそれぞれに個々の人が自分に対して探求することであり、それは「個より普遍に至る道」(1)なのである。よって、必然的に「わたし」の体験が伴うのである。つまり、「わたし」の物語を物語る必要があったのである。このようにして述べてきた本考察は、個人的であるが故に普遍的であると考えられ、このような捉え方が現代において統合的に人間を考える際に重要であると考えられる。さらに、このように葛藤し苦悩しながらも「わたし」を統合的に捉えることこそ、よりよく生きることにつながるのではないだろうか。
文献
❍引用文献
 はじめに
C. G. Jung・Aniela Jaffe(編)(河合隼雄・藤縄 昭・出井淑子訳):『ユング自伝1―思い出・夢・思想』p.17,みすず書房,1972.
C. G. Jung・Aniela Jaffe(編) 前掲書(1) p.17.
河合隼雄:『イメージの心理学〔新装版〕』p.75,青土社,2020.
 第1章
イ・ヘジン(桑畑優香訳):『BTSとARMY わたしたちは連帯する』p.14,イースト・プレス,2021.
河合隼雄:『イメージの心理学〔新装版〕』p.75,青土社,2020.
C. G. Jung・Aniela Jaffe(編)(河合隼雄・藤縄 昭・出井淑子訳):『ユング自伝1―思い出・夢・思想』p.17,みすず書房,1972.
C. G. Jung・Aniela Jaffe(編) 前掲書(2) p.17.
 第2章
河合俊雄:『ユング 魂の現実性』p .153,岩波書店,2015.
河合隼雄:『イメージの心理学〔新装版〕』p.75,青土社,2020.
C. G. Jung・Aniela Jaffe(編)(河合隼雄・藤縄 昭・出井淑子訳):『ユング自伝1―思い出・夢・思想』p.17,みすず書房,1972.
 第3章
イ・ヘジン(桑畑優香訳):『BTSとARMY わたしたちは連帯する』p.14,イースト・プレス,2021.
河合隼雄:『イメージの心理学〔新装版〕』p.75,青土社,2020.
イ・ヘジン 前掲書(1) p.14.
河合俊雄:『ユング 魂の現実性』p .153,岩波書店,2015.
河合俊雄 前掲書(4) p .202.
河合隼雄(河合俊雄編):『昔話と現代[〈物語と日本人の心〉コレクションⅤ]』p.87,岩波書店,2017.
C. G. Jung(林道義訳):『元型論』p.28,紀伊國屋書店,1999.
C. G. Jung 前掲書(7) p.200.
河合俊雄 前掲書(4) p.154.
河合隼雄:『ユング心理学入門[〈心理療法〉コレクションⅠ]』pp.86−87,岩波書店,2009.
M, Stein(入江良平訳):『ユング 心の地図』p.147,青土社,2019.
M, Stein(入江良平訳) 前掲書(11) p.26.
イ・ヘジン 前掲書(1) p.141.
 第4章
ホン・ソクキョン(桑畑優香訳):『BTS オン・ザ・ロード』p.102,玄光社,2021.
河合俊雄:『ユング 魂の現実性』p .113,岩波書店,2015.
ホン・ソクキョン 前掲書(1) p.77.
ホン・ソクキョン 前掲書(1) p.80.
河合隼雄:『心理療法入門[〈心理療法〉コレクションⅥ]』p.80,岩波書店,2010.
河合俊雄:『ユング派心理療法』pp.33−34,ミネルヴァ書房,2013.
河合俊雄 前掲書(6) p.43.
반원군:『케이팝 아이돌의 가사에 관한 연구 BTS의 가사를 중심으로』p.66,건국대학교 대학원,2020.(パン・ウォングン:『K-POPアイドルの歌詞に関する研究 BTSの歌詞を中心に』p.66,建国大学大学院,2020.
반원군(パン・ウォングン) 前掲書(8) p.67.
河合俊雄 前掲書(6) p.19.
河合俊雄 前掲書(6) p.5.
C. G. Jung(林道義訳):『元型論』p.28,紀伊國屋書店,1999.
河合隼雄:『イメージの心理学〔新装版〕』p.75,青土社,2020.
キム・ヨンデ(桑畑優香訳):『BTSを読む』p.292,柏書房,2020.
 おわりに
河合隼雄:『イメージの心理学〔新装版〕』pp.17−18,青土社,2020.
❍参考文献
이지영:『BTS 예술혁명 방탄소년단과 들뢰즈가 만나다』파레시아,2018.(イ・ジヨン:『BTS芸術革命〜防弾少年団とドゥルーズが出会った〜』パレシア,2018.)
イ・ヘジン(桑畑優香訳):『BTSとARMY わたしたちは連帯する』イースト・プレス,2021.
岩宮恵子:『フツーの子の思春期―心理療法の現場から』岩波書店,2009.
厚生労働省:総患者数(平成20年度),pp.5−6,2008.
厚生労働省:総患者数(平成29年度),p.5,2017.
河合俊雄:『ユング派心理療法』ミネルヴァ書房,2013.
河合俊雄:『ユング 魂の現実性』岩波書店,2015.
河合隼雄:『イメージの心理学〔新装版〕』青土社,2020.
河合隼雄:『心理療法入門[〈心理療法〉コレクションⅥ]』岩波書店,2010.
河合隼雄(河合俊雄編):『昔話と現代[〈物語と日本人の心〉コレクションⅤ]』岩波書店,2017
河合隼雄:『ユング心理学入門[〈心理療法〉コレクションⅠ]』岩波書店,2009.
キム・ヨンデ(桑畑優香訳):『BTSを読む』柏書房,2020.
C. G. Jung(林道義訳):『元型論』紀伊國屋書店,1999.
C. G. Jung(小川捷之訳):『分析心理学』みすず書房,1976.
C. G. Jung・Aniela Jaffe(編)(河合隼雄・藤縄 昭・出井淑子訳):『ユング自伝1―思い出・夢・思想』みすず書房, 1972.
戸澤義夫:『音から音楽へ――「間柄」または源話性と共時性の回復の技』群馬県率女子大学紀要,第40巻:pp.143−157,2019.
塚崎栄里子・岩上将夫・佐藤幹也他:『一般集団における精神的苦痛を有する者の受療行動に関連する要因の検討』,日本公衛誌,第68巻:pp.118−130,2021.
野田実希:『語りの生成の場としての質的研究の臨床的意義―臨床心理学における質的研究と心理臨床の歳と重なりに着目して―』京都大学大学院教育学研究科紀要,第66巻,pp.151−164,2020.
반원군:『케이팝 아이돌의 가사에 관한 연구 BTS의 가사를 중심으로』건국대학교 대학원,2020.(パン・ウォングン:『K-POPアイドルの歌詞に関する研究 BTSの歌詞を中心に』建国大学大学院,2020.)
菱田 一仁:『心理臨床の場面でアイドルについて語ることの意義に関する一考察』心理相談研究,第3号:pp.57−66 ,2017.
ホン・ソクキョン(桑畑優香訳):『BTS オン・ザ・ロード』玄光社,2021.
M, Stein(入江良平訳):『ユング 心の地図』青土社,2019.
M, Stein『MAP OF THE SOUL:7』Chiron Publications,2020.
민경원『방탄소년단 트랜스미디어 스토리월드 구축 전략』한양대학교 융합산업대학원 ,2018.(ミン・ギョンウォン:『BTSのトランスメディアストーリーワールド構築戦略』漢陽大学校融合産業大学院,2018.)
この投稿は無断転載禁止です。
©︎hibluebird,2022
5 notes · View notes
forkb · 7 months ago
Text
Tumblr media
チョン・ジョングク
BTSのチョン・ジョングクさんを描いてみました。
2 notes · View notes
montagne-bee · 3 months ago
Text
BTS辞書来る。
※This post language is only Japanese※
BTSの新曲を聴き、嫌な予感がしていたのが見事に的中、活動休止を受け、予約制のアンソロジーアルバムproof が日本でも入手困難となりました。
ライブに行かなかった、アルバムは曲数が少ないので買わなかった、YouTubeやニュース、ビルボードで追っていた、唯のファンの私。やっとアンソロジーかぁなんて思ったのものの例に漏れず、入手ができない事態に。
ちなみに私のBTSでの推しは、RM、ナムさんです。
Tumblr media
ウインクしようとするとニッコリしちゃう、ラップさせれば低音ボイス。うっかり物壊す、色んな意味で破壊神、ハートブレイカー、キムナムジュン。
一番近い街中のCDショップにかけたら、「予約商品なんでもう入ってこないです」と言われ、諦めかけましたが、ネットでなら販売されているのでは?と思い、覗いてみることに。
が、やはり休止活動が響いたのか、3000円位だったコンパクト版が6000円くらいに値上がりしていたり(それならスタンダード版を買うよ)、お金を払っても手元に届かないなど、地獄絵図状態。一旦諦めるか迷いました。
最悪の5月、ものすごく最悪の6月。
骨折し、骨痛に夜もうなされ、無駄遣いを防ぐためカードを作っていなかった私。ネットショッピングもできず、折ったのが利き足のため車も運転できず、ヴィルトレもできず、山の中でただ痛みと闘い過ごす日々を送った5月。バスの手配はできたものの、長い坂道を降った先にあり、バスも時間と路線が限られているので、街中のようにはいきません(それでもマシでしたけどね)。おまけにストレスで腹痛が悪化。PayPayモールでカモミールティと龍角散とリップスクラブが届いた時はマジ泣きしました。
辛いときはYouTubeでBTSを聴き、ツイステEP6をし、日本の方が編集してくださったタリョラバンタンを観て、EP6の船頭さんと闘い、PTDを聴き、EP6でペガサスに乗り、タリョラバンタンを観て、ヴィルの衝撃発言に涙し…そうして5月は乗り越えました。
6月からは車が乗れるようになったものの、依然として遠くへは行けず、不安から腹痛、不眠になり、不眠から新しく処方された薬でアナフィラキシー(全身の内側が痒くなる、呼吸ができない)を起こし、思ったことは人生マジつらたん。ツイステ、ガラifをし、相変わらずbutterを聴いたりしながらリハビリに通っていました。過ごし方がイグニハイドすぎるというツッコミはスルーしてください。
そう、まさに、イデアシュラウド状態。
こんな状態で諦めきれるわけがないのです。
Tumblr media
色々悩み、紆余曲折あって楽天さんでスタンダード版の購入を決意。特典、値段の安さで購入しましたが、支払っても届かないショップさんもあり、そういったことがないか、本当に下調べを念入りに行いました。
ちなみにスタンダード版を選んだのは、2018年のナムさんがユニセフで演説した文が全て載っているのとランダム特典。
日曜日に注文、まんまん万が一、ツイステのバレンタインラバーチャームのように、7月以降になるのを覚悟しつつ、早く届くのを願っていました。何も連絡も無く7月半まで届かなかったら警察に相談しようと思ってました。割とガチじゃん。
で、今朝。
脚が見えてすみません。ゴミ出しして帰ってきて脚を休めてました。
来た。
夢だと思って抱えた。(玄関先で)
ドン引きする佐川さんに「BTSのアルバムなんです、待ってたんです。本当にありがとうございました〜😭」と言ってしまうほど。
夢なんじゃないかと思ってしばらく床に放置したり、ダンボールを四方から確認したりしました。早く開けろよと思うでしょうが、万が一カッターで中身傷つけてごらんなさい。ただでさえ尋常じゃない精神がアバダケダブラされてしまいます。トレイ兄ちゃんはうちにはいないからドゥードゥルはできないんだぜ…
あまりにも不安で最近距離を置いているヴィルぬいを呼ぼうとしましたが、ヴィルにフェアレストされないフィアレスは無かったので、一人で開けることに。
結果。
Tumblr media
オマケの三枚目にばきゅん
Tumblr media
待って、、、
重さが六法全書は本当だった😇
アルバムってユーミンさんとかJUJUさんとかしか買ったことないんですよ。なんだこの重さは。アルバムじゃなくてダンベルを買ったのかと思いましたよ。
そしてこの後、ツイステSSRの運全て使ったんじゃないのか?というほどの推しの神引きをしました。つまり、全てがキムナムジュン。(ランダムで指定ができないタイプです)
ありがとう今までお迎えできなかったイベントSSRカード達。ifガラオルトなんて40連したけど来なかった。悲しかった。悲しかったけど君たちはきっとこのために運を残してくれたんだね、ありがとう(チガウヨ)。
②に続きます。
3 notes · View notes
voxyldy · 7 months ago
Text
Tumblr media
02.08.2022
#JungKook - #StayAlive (Prod. #SUGA of #BTS)
Lyric Poster: #HWAN  ver.
이 지친 나를 구한 구원
이 말이 설명하기가 쉬울까
Every Saturday with #CHAKHO 
(linktr.ee/7FATES_CHAKHO)
#방탄소년단 #슈가 #정국
#7FATES_CHAKHO  #환 #ファン
#StayAlive_CHAKHO
Translation:
#JungKook - #StayAlive (Prod. #SUGA of #BTS )
Lyric Poster: #HWAN  ver.
The salvation that saved me from this weary
Is this word easy to explain?
Every Saturday with #CHAKHO 
( linktr.ee/7FATES_CHAKHO )
#방탄소년단 #슈가 #정국
#7FATES_CHAKHO  #환 #ファン
#StayAlive_CHAKHO
Source: @7Fates_CHAKHO
2 notes · View notes
btsx50states · 8 months ago
Text
Tumblr media
From @7Fates_CHAKO on Twitter:
Concept photo 1
#환 of CHAKHO
Concept photo 1
#HWAN of CHAKHO
Concept photo 1
#ファン of CHAKHO
#BTS #방탄소년단
#7FATES_CHAKHO #CHAKHO
#WEBTOONxBTS #WEBTOON
2 notes · View notes
sevennocheesecake · a year ago
Text
20210719
転職してから電車の時間が長くなって、長い時間音楽を聴くようになった。最近トゥバのFREEZEとスキズのIN LIFEとゴーゴーペンギンとカネコアヤノを聴いてます(めちゃくちゃ)
youtube
BTSの沼になったのはBoy with luvやDynamiteからだけど、いろいろ遡ってアルバム聞いてみると昔の曲かっこいいなぁと。最近は少ないけど、昔はユンギのラップがとにかく強い。RUNの繊細さも良いよね。他にもFIREやNot today、などなど、パフォーマンスかっこいい曲はたくさん。個人的にはPiedPiperと134340とAirplan Pt2が好きな曲だな。(趣味がゴリ偏り)
彼らのやりたい音楽、辿り着いた先が今の音楽ならそれも正解なんだろうし、何事もビジネスがつきもの。彼らは会社の柱なわけで。そして、賞が欲しいってのもわかる。
youtube
この曲も結構すきだな。メロウなメロディラインと、ラップのハイブリッドでなんだか今っぽい。今のジャパニーズシティポップのメロディラインだよね。みんな若いな〜、あどけないね。
この頃からのARMYたちは、今の彼らの変わりようにはどう感じているんだろうなあ。私は過去に遡るほうだから、より一層好きになるけど、変わっていくことを受け入れるって自分の好きなものにマッチすればいいけど、その変化が無理っていうのは少なからずあるんだよね。
私がまさに、キンプリに対してそんなところを感じていたわけで。なんなら私は未だにシンデレラガールで止まっている。この前も友達に「シンデレラガールの頃のれんれんに戻ってほしい」なんてふざけたことを言っていたくらいだ。シンデレラガールの王子様たちがFunk it upという治安悪めの曲をやるのが好きだったけど、全編英語詞に挑戦し始めてからとにかくアメリカを意識してるのがどことなく違和感を感じはじめてからは、もう、このグループじゃなくてもいいや、と思い始めた。メンバーは好きなのに、何だか、違うんだけど?感。ファンって本当に勝手な生き物ですよね…ほんとごめんって思う(…)
youtube
Euphoriaのグクかわいいなあ。わたしはタトゥー入りのグクしか知らないから慣れちゃってるけど、この綺麗でキラキラした天使みたいでウブなグゥから好きになってたら、おい!目を覚ませ!ってなってたんだろうか?なってたんだろうな。
Life goes onを出した時はアメリカのラジオ局で取り上げられたことがなかった、と言っていたけど、日本も彼らの英語曲や日本語曲しかかけない。だから広く行き渡らせるには、共通言語の英語しかないんだよなあ。母国語大事にして欲しいけど、やっぱりアジア勢は超える壁が多すぎるね。
どこの界隈も、アイドルが変わることでファンも変わるし、いろいろ思うところがあるな、と感じた帰り道です。
2 notes · View notes
coca88cola · a year ago
Text
せっかく心が爆死したので記録しておこうと思う。
まず私はLINEをやめたい。未読がめっちゃ溜まるし、返信するのはめんどいし、そもそもiPhoneに呼ばれてなにか行動することがめっちゃくちゃいやだ。高校生の時も嫌すぎて一回やめたな、LINE。メールしたい。1日に数回、たくさんの内容でメールをしたい。
趣味との狭間でやや死にかけた。
好きだという気持ちを言葉にすればするほど、本当の気持ちと離れていく感じがした。なんとなくいい、というのを言葉にした結果として、何だかとても辛くなった。自分の好きな気持ちにいいねがくると普通に嬉しかった。でもいいねのために好きなのではない。私はミンさんのラップが好きだし振る舞いが好きだし空気感が大好きなんだ。そのことにそれ以上のことなんていらんじゃんか。
推しいうカテゴリーに放り込んでしまった途端に、なんだかダメになった。やっぱ私のなかで、なかなか推しという言葉を使えない。推しが尊いのではない、ミンさんが素敵なのだ。自分と尊敬の対象の間に推しとかいう汎���性の高い単語を持ってきてはいけなかった。根源はここだったと思う。推しが出ているから見るのではない。ミンさんがいるから見るのだ。ミンさんは推しなんていう言葉で一括りにできる存在ではない。またも面倒なことをツラツラしている自分に嫌気がさすけど仕方ない、こういう性分。あと、ファンである自分もカテゴライズされたことに違和感がすごくて困る。ファンダムに名前ついてるの慣れない。推しとアー◯ーではなくて、ミンユンギとただの一般人でいいのに。別にファンであることを誇りに思っているわけでもない。 最近、影響されてやたらと丸くなってたけど、それが原因で割と自分が崩れた。世界を斜に構えて見ることが、多分アイデンティティの中の大事な部分だったんだと思う。これに気がついてしまった時、あら困ったなと思った。歪んだ世界には歪んだ目がお似合いである。そんな時にアナログフィッシュのスピードを聴いて、あーこれが自分だと思った。あと、アングラな自分を大衆に持ち込んだらやっぱり精神が崩壊した。これからはやめたい。別々でいい。社会から外れた世界でずっと生きてきた自分と、ミンさんを好きな自分は同じだけどやっぱり違う。別に自分が何人いてもいいよね。この困難なんとか乗り切ることができたかと思う。適当に好きでいたい。
私はBTSのSUGAでも、韓国出身のミンユンギでも、アイドルのSUGAでも、ラッパーのSUGAでも、プロデューサーのミンユンギでも、作曲家としてのミンユンギでもなく、ミンユンギという人間がとても好きなんだなと思います。
その人より前に先出るものはなくて、ただ好きなだけなんですね。その人の前に何かが付かなくても、その人をいいなと思えるのはメッチャいいです。正直言って最高です。
2 notes · View notes
r1ok4 · a year ago
Text
池﨑理人めっちゃ好き
※これはただの1オタクが4月23日に池﨑理人に出会い8月30日に理人の20歳の誕生日を迎えるに至るまでの感情の記録です※
[2021年4月23日〜2021年6月12日]
池﨑理人めっちゃ好き。もう、池﨑理人、めっっちゃ好き。
池﨑理人、なんてフルネームで呼んでるけど本当はいつも池﨑理人なんて呼んでないの。理人、って、呼んでる。ごめんね。馴れ馴れしいね。でも私、22歳だからさ。理人よりちょっとお姉さんだからさ。愛と親しみを込めて、理人って呼ばせてもらってる。池﨑理人ってフルネームのタイトルにしたのはTwitterのクセなの。フルネームで呼んだ方が検索に引っかかりやすいからさ。ちゃんと﨑、も、理人の漢字の﨑、に変換してるの。全然たまに池崎、って書いちゃうけど。ごめんね。
本当は私も理人に出会いたての頃は池﨑理人とか池﨑くんとか理人くんとか呼んでたんだけど、気がついたら理人って呼んでたんだよね。いつからかは覚えていません。嘘、本当は覚えてる。4月23日なの。忘れもしない4月23日、私は理人のAGEHA1組のステージを観たよね。午前10時くらいに理人を見つけた私はまだ、理人のことを池﨑理人って呼んでました。14時になったら理人くんになってて、15時にはもう理人って呼んでた。自分のツイートを見返してびっくりしました。理人を見つけた10時から15時までずっと、理人のことばっか考えてたんだよね。なんか、頭から離れなかったからさ。理人、あのステージを私は本当に毎日観てるよ。理人は本当にかっこいいね。T-RAPでもそうだったけど、理人は本当にステージが安定しているね。精神が安定しているからなのかな。理人、AGEHAのステージ前に「ヤバいくらい緊張してないんですけど」って言ってたね。上下逆のマスクで。でもあれ、私は理人、本当に緊張してなかったんじゃないかって思ってる。マスクが上下逆だったのは、多分緊張に全く関係ないただのアホだったんじゃないかって。可愛いね。だって、ステージで全然緊張してなかったよね。本当に安定してた。理人、理人の声帯がどうなってるのかすごく気になります。もう本当に特別な声をしているもんね。理人の声なら何喋ってもドキドキしちゃうもんね。理人はどれだけ動いても声もリズムもブレないね。理人のリズムの安定さすごいなあと思ってたけど、理人、そういやドラム叩けるんだもんね。かっこいいな。私はピアノが弾けるからさ、いつかセッションしようよ。
理人、ステージの上の理人も大好きだけどバラエティ企画の理人も本当に好き。理人は本当に愉快なイケメンだね。理人は本当に愉快なイケメンだし、日プ1の安藤くんやヨンフンのモノマネをしていたとこから思うんだけど、理人、多分、愉快なイケメンのこと好きでしょ。愉快なイケメンのこと好きだし、自分が愉快なイケメンなことも知ってるけど、「おっ、おれっておれが好きな愉快なイケメンじゃん。やったー」くらいの感情しかなさそうだね。すごい好きだよ。理人、叩いて被ってじゃんけんぽんゲームをしていた時の理人が本当に好きです。理人、親指と人差し指と小指を立てるポーズ、よくやってるね。声がいいから何叫んでも映えるね。愉快なことをする時の理人は全く愉快なことをすることに対しててらいがなくて見ていて心地よいです。基本的に無理してなさそうな理人が好き。安心して見られます。まだ19歳なのにね。すごいね。何もかもが安定してるよね、理人。愉快なイケメンなのに、やっぱりそこがまだミステリアスでたまりません。
理人、10問10答で、趣味は映画鑑賞で特技は似顔絵を描くことって言ってたね。それで、私服があんなに素敵なんだね。クラクラしちゃう。もう、理人の私服めちゃくちゃ好きです。私が、個人的に好きなやつなの。無地でちょっとくすんだ色を使うのがうまくて、シルエットが綺麗で素材のよさがよくわかるやつ。理人の私服、確かに水色のスウェットにカーキ色のパンツ(両方シルエットがとても綺麗で素材の良さが伺える)も素敵だったんだけど、注目ポイントはその2色の真ん中に動くとチラッと見える白いベルトがあるところなんだよね。上中下で3色使ってるの。これは理人のスタイルだからこそできるスタイリングで本当にずるいよね。お顔が小さいんだから。あと、あれ靴を例えば白とか黒だとしても単色使ってたらちょっと全身の色の分断ポイントが水色!白!カーキ!その下にさらに靴!ではっきりしすぎててアレだったと思うんだけど、カーキ色のパンツにうま~く馴染む灰色と白のスニーカーを選んでいるの、本当にパンツと靴の色の間に分断置きすぎてなくて上手だなあと思いました。理人の私服は本当に素敵だしセンスが良いのとちゃんとバランスも考えられていて頭も良いんだなあと思います。なんだけど、ファッションが気になる練習生ランキングなのに「顔が綺麗」「顔がお洒落」「顔から綺麗オーラが出てる」「顔に合った服を着てる」とか、顔の話ばっかりされてたね。仕方ないね、理人、顔が綺麗だもんね。理人の私服ショットの横顔、ちょっと岡田将生に似てるなって思いました。岡田将生、生で見たことあるよ。渋谷にハムレットの舞台を観に行ったの。本当に綺麗なお顔をしていました。
理人、私は理人の文化系なところがもっと観たいよ。理人が何を感じて何を好んでいるか、もっと知りたいです。理人、どんな映画が好きなんだろう。映画、家で一人で観たりするのかな。それとも友達や恋人と映画館に一緒に観に行って楽しむのが好きなタイプ?理人の好きな映画を本当に知りたいです。映画、私も好きよ。1年に100本は観てる。最近はあまり観られてないけど。理人を観るのに忙しいからね。なんちって。ハハハ。コロナで映画館に行けないの、悲しいね。家で酒飲みながら寝転んで観る映画もいいけどね。理人、プロジェクター持ってる?プロジェクターがあると本当に映画生活が豊かになります。もし、理人がアイドルになって物を送れるようになったら、プロジェクター、あげるね。もう持ってたら教えてね、何か別のものを考えるから。似顔絵って、どんなの描くんだろう。理人が自分の顔を描いた似顔絵、確かに良かったね。もっと観たいです。理人、細かく細かく丁寧に本物のように絵を描くと言うよりは感性のままに面白いものをざくっと描きそうな気がするな。これは私の主観でしかないんだけど、理人って、キムテヒョンにちょっと似てるような気がします。好きなものとか感性がさ。理人もきっと、キムテヒョンのこと好きでしょ。同じ眼鏡持ってたもんね。理人、mbti診断ってしたことある?人を16タイプに分ける診断。引かないで欲しいんだけど、私、理人ならこうじゃないかなぁって思いながら設問に答えて行ったらENFPタイプになったんだよね、理人。キムテヒョンも、ENFPなんだよね。ちなみに私もです。ENFPはね、直感重視で感性豊かな外交型、なんだって。理人、どうかな。全然違う?理人のmbtiが気になって仕方がないの、良かったら診断して教えてね。インターネットで数分あればできるからさ。
理人、私本当はさ、やっぱ本当に理人のこと好きだからさ、理人と仲良くなりたいよ。くだらない話したり一緒にご飯食べたりできる仲に、なりたくなっちゃってるよ。画面の向こうなのに理人、本当に魅力的だからさ。でも、なれないじゃん。私たち、会ったことないしね。理人は、私のこと知らないからね。だから私、一人の人間と一人の人間として理人と関わることはできないけど、国プとして理人のこと応援してるの。理人、tiktokで国プのこと、「国プちゃん」って呼んでくれてたね。ちょっと雑で可愛いなって思いました。国プちゃんです。私、国プとして理人を応援することで、理人に呼ばれる「国プちゃん」に含まれることができてるんだよね。それって、すごいことじゃない?理人のことなんて理人が日プに出なければ私は一生知ることなんてなかったのに、理人を知ることができてから理人のことばっかり考えて、もう本当に毎日が理人のおかげで楽しいです。理人、日プに出てくれてありがとう。出会わせてくれて、ありがとう。
理人、今の理人は芸能人と一般人の中間にいるからさ、芸能人になっちゃうのも少しは怖いよ。キラキラした衣装に身を包んで地上波でバンバン理人の映像が流れて、その度にTwitterのトレンドに福岡県産濃口醤油が上がるの。私は、テレビ持ってないから観られないんだけど。理人、テレビに出る時はTVerで後追いできる番組に出てね。私のために。
でも、理人が芸能人になることより、一般人に戻ってしまうことの方がずっと怖い。私はもう理人のことを知って、好きになっちゃってるからさ。理人が一般人に戻ったら私たち、本当に赤の他人だね。練習生と国プじゃないね。本当の本当に、赤の他人なの。私の人生から理人が完全に、完璧に、いなくなっちゃうんだよね。寂しいな。理人の人生だからさ、全部理人が望むようになればいいと思うよ。私は理人がアイドルになりたいって思って、アイドルになるための活動をしている限り全力で応援するし、理人が穏やかな人生を送ることを望んでいるとしたら、私は頑張って理人のこと忘���るようにするよ。理人、頭いいもんね。理人は頭がいいし、器用だし、センスがあるし、コミュニケーション能力が高くて気が遣えて誰からも好かれちゃうからさ。アイドルになってもならなくても、きっと素敵な人生になると思うんだ。就活とかも、全部全部うまく行くよ。就活、ヤバいね。私もついこの前終わったんだけどさ、ひたすら優秀ぶってニコニコ喋ってたら終わってたよ。なんだったんだろう。でも、理人は本当に優秀だから大丈夫だね。自己紹介だけ、ちょっとだけ丁寧にしてね。VRsquareでさ、自己紹介動画を1人ずつ撮るやつあったじゃない。あれ、理人、17秒しか使ってくれなかったじゃないの。1分近く使ってる練習生も居たのに、17秒、って、何よ。増えた情報、理人がタイに行ったことがあってそこでいっぱいゾウに乗ったこと、好きな動物がゾウなこと、だけだよ。そういうとこが好きなんだけどさ。いっぱいゾウに乗ったってことは、何匹かのゾウに乗ったのかな。それともゾウに乗ってる時間が長かったのかな。どっちでもいいね。タイのゾウ、いっぱい理人と時間を過ごして好かれるなんて羨ましいなあ、と思います。でも、タイのゾウは私と違って毎日日付が変わる度に理人に投票することはできないね。だから、私は自分がタイのゾウじゃなくてよかったなあとも思います。毎晩、私は本当に22時を過ぎたくらいからずっと、日付が変わる瞬間を楽しみにしてるの。早く理人に投票したいなあって思ってる。理人に投票する瞬間、���しいよ。理人のために理人が望んでいる何かをすることができるって感覚が嬉しいの。理人が望んでいること、なんでもしてあげられたらいいのにね。
今日、理人のグループのポジション評価を見ました。ステージが始まる直前、本当に意味わかんないくらい緊張しちゃった。それでもやっぱり、理人のステージは安定してたね。本当にかっこよかった。ステージって、嘘つかないからさ。コメントも涙も嘘つけるけど、ステージって、嘘つけないんだよ。ステージが大好き。理人、早くステージがしたいって言ってたね。ラップのことしか考えてないって、言ってたね。今回の放送で1番嬉しかったのは、理人がラップのこと本当に好きなんだなあって伝わって来たことです。理人、あんまり自分で自分が何を感じてどんな人間かとか、わーっとした我を出さないからさ、いつも。理人、いつも当たり前のように空気読んでるよね。理人、誰といても一緒にいる相手が居心地良いような空間を呼吸をするように自然に作り上げてるよね。それって、本当にすごいことだと思う。だからさ、そんな優しい理人が、あっ、理人自身のことを表現してくれてる、と思って、すごく嬉しかったの。理人、理人が書いたリリック、私もうぜんぶ覚えちゃったよ。「every night浴びるこの脚光の裏で鏡見つめ苦悩」って、あったね。自分は結構緊張もするし、普段悩んでいることをラップで伝えられたら、って、言ってたね。本当にうれしい。私は、理人のことが知りたくてたまらないから。ステージから、しっかり伝わってきました。そして、順位発表が終わった後の理人の涙。困っちゃうね。ちょっと前まで「酷だねぇ~」なんてのほんとしてたのにね。私、「酷だねぇ~」ってコメントをチョイスする理人のこと、好き。理人は多分、具体的に個人の敵を見据えるような競争心が強いタイプじゃないね。自分の全力を出して結果として勝つのが嬉しいタイプだね、多分。違うかな。私にはそう見えました。理人も、泣くんだね。正直これまで理人がどれほどの、どんな思いでこの番組に出ているかのことよくわからなかったの。いつも落ち着いていて穏やかだからさ。本物の感情が溢れ出た瞬間を見られて、本当に嬉しかった。理人、理人、ねえ、今日の理人は本当にかっこよかった。どうにかなりそうだよ。理人。理人の声が大好き。私ね、実はもうラッパーとしても理人のこと好きになって来てるんだ。ただの推しじゃないの。1人のラッパーとして、理人のこと好きになって来てるの。私、声がしっかり重くて発音が強くて、言葉の一粒一粒に重量があってしっかり聞こえる声が本当に好きなの。理人の声、まさにそれだね。もし今この瞬間理人に関する私の記憶が全部無くなったとしても、理人のラップを街中で聴いたら私は多分立ち止まってしまう。理人のこと顔も性格も、何も知らなくても。
理人、歌詞を書くことが苦じゃないしどんどん書きたいって言ってたね。アニメのopにラップがあって歌えたらかっこいいなって思ってラップを始めたって言ってた。理人の昔バズった文集、読みました。理人、理人は言葉に弱いタイプじゃないね。言葉を扱うこと、得意だし好きでしょ。作文とか、割と得意だったでしょ。アニメも映画も観るんだね。理人のそういうところ、すごく好きです。私はそこに理人のいつもは見えないちょっと深くて柔らかいところを感じてたまらなく嬉しくなるの。文章を書くことはとても孤独な作業だと私は知っています。特に自分の内面を言葉に乗せようとすることは、自分の中に手を突っ込んで少しずつそのかたちを確かめるような作業だと思ってる。理人は、それをすることが苦じゃないんだね。でもそんなの、皆といる時どれだけ理人が人のことを見ていてどれだけ自然に気が遣える人かって時点でわかってるようなもんだけど。理人は本当に人間のことをよく見ているね。穏やかで優しいね。そして、素直だ。理人、本当に素直なんだよね。「正直ラップと戦うことしか考えてなかった」「ステージングのこと全くわからない」「二人はすごいなあ」って、もう、どんだけ素直なの。理人のくだらないこと気にして拗らせたりしない性格がすごく好きです。本当に本当に素直。これでいい?って聞いたり、これがいいって言われたらすとんとその場で当たり前のように「そっか」って受け入れること。目立たないけど、当たり前にできることではないと思います。とにかく、すごく良かった。ありがとう。素敵なステージを見せてくれて、本当にありがとう、理人。でも一つだけ、何があって4つも上の西のこと呼び捨てタメ口になったかだけ、教えてね。イケボランキングの時なんて、あいつ呼ばわりしてたしね。ヌナはここが気になって眠れません。来週でいいから、早めに教えてね。約束だよ、理人。
理人、私は理人の名前が大好きです。理人。何度でも呼びたくなっちゃう。ここまでだけでもう100回以上も呼んでるね。ちょっと、怖いね。理人、理人はどんな思いで理人って名前をつけてもらったんだろう。実はね、私の名前にも理って漢字が入ってるの。嬉しいね。理って漢字には、知性豊かで理性ある人とか、理解力に優れ義理人情を重んじる人になるような願いが込められているんだって。たしかに私の親もそんなこと言ってたな。私、理人ほど賢くないけどね。理人、理人は本当に賢いね。人のことよく観ているし、落ち着いているし、本当に理解力に優れてるんだなあって思う。私、理人のダンス大好き。ツカメの自主トレ動画見てびっくりしちゃった。一つ一つの複雑な動きのこと、しっかり理解して踊ってるよね。その動きの構成とか、何を見せるような動きなのか、すごくわかってごまかさず踊っていて頭が良いんだなあと思いました。そして、未経験なのにそれを今自分ができるベストで身体をついていかせるって、本当にすごいね。きっととても難しいダンスなのに。なのに、あんな違反ダンスもするのね。理人、きっとツカメの動画はめちゃくちゃ練習したんだね。ラップもダンスもすごく上手くなっちゃって、理人は個人的な感情を爆発させて目を引くタイプではないかもしれないけどしっかり芯があって頑張り屋さんな人なんだろうと思います。
理人、今日の放送の予告で泣いてたね。心臓が止まるかと思った。キツイですって言って、泣いてた。放送までの1週間、ずっと放送日がくるのが怖くて堪らなかった。私、本当に理人のこと好きだからさ。好きな子には笑っていてほしいよね。楽しいことだけが人生で起きてほしい。オタクのエゴだけどね。へたり込む理人の背中はとても細く見えて、19さいの男の子が背負うにはいろいろとかなり重いものがあったんだろうと思いました。コン評合宿が始まる前にいろんなことが書かれているインターネットも見てしまっただろうし。理人が具体的に何に悩んで何がキツかったかは、理人が説明していないから、予想して言葉にしてしまうことは避けたいと思います。理人はずっと「色々な不安」としか言っていないし、メンバーも聞かなかったし、「聞かれてもすみませんとしか言えない(説明することはできない)」って、言っていたから。あー、理人って、浸らないんだなと思った。自分がなにか抱えている時、その状況のしんどさに浸って他人にその肩代わりを押し付けるようなことはしないし、ただ一人で考えをまとめるんだな、と思った。とても自立しているね。19歳って、もっと、いろいろ自分に浸ったりしてしまうような不安定な時期だと思うんだけど、理人はどこまでも素直だね。変に拗らせたりしないね。私が思うに、素直であることが一番の大人です。理人、素敵なステージを見せてくれてありがとう。素敵なグループを引っ張ってくれて、ありがとう。なんかまたようわからん衣装着せられてたけど。あの黄色、何?っていうか理人みたいに腕細い子にあんなシルエットが固定される堅い生地の服を…や、衣装の悪口はやめよう。理人、AGEHAの時もダサい衣装着せられてるけど理人自身はお洒落なくせに与えられた衣装がダサくてもあんま気にしてなさそうだし。理人、なにかとこだわりがないよね。何を言われても何を与えられても大体わかった〜って受け入れるよね。なんてめんどくさくないんだ。かわいいな。本当にO型だな。分かるよ。私もO型だし。とてもやわらかいね。理人は、きっとどこに行っても何をしても理人のままなんでも受け入れていくんだね。理人本体の形がとてもやわらかいから。
理人が、ファイナルに進出することが決まってから毎日毎日いろんなことを考えています。本垢でフォロワーに投票をお願いするようなツイートをするのもすごく迷っちゃった。偶然運良くちょっとだけフォロワーが多いことを利用しているような、だけどフォロワーさんから理人くんに投票しました!って報告もらえると嬉しいし、だけど、そんなことしながら心の中では毎日ぐるぐる勝手に考えてたの。理人、本当にデビューできるかな、できなかったらどうしよう、理人は、アイドルにならなくても幸せな人生を送れそうだから。良い意味でね。社会適合者だし、学歴だってあるし、どこにいても何をしても愛されるのに、もうここまで来たらきっと一般人には戻れないんだろうなって。大学は辞めちゃうのかな。11人に選ばれなかったら理人の人生はどうなるんだろう。理人の周りの人は、こんなに有名になってしまった理人を、どう思っているんだろう。理人、いま、何考えてるかな。怖くない?後悔してない?きっと、してないね。私だけが勝手にいろんなことを心配してるの。ごめんね。何度も言うけど、理人が本当に望んでいる通りになってほしい。心から。理人が望んでいる通りになってほしいよ。その結果はなんでもいいからさ。
もう、あと数日で理人を今まで通りのかたちでは愛せなくなる。「日プの練習生の池﨑理人」を愛せるのはあと数日しかない。6月13日になったら、「デビューが決定した池﨑理人」か、「元練習生の池﨑理人」に、なっちゃう。元練習生の、になったら理人はどんな人生を歩む?何かしらの形で夢を追い続けてアイドルになるのかな、それとも、今まで通りただの大学生に戻るのかな、それはもう難しいのかな、その中間でちょっとだけ芸能活動をするのかな、それを、私は、眺めることができる?私は理人を6月13日以降も眺めることができる?理人を愛していてもいい?ファンでいてもいい?私の人生から突然理人がいなくなってしまうかもしれない。もう、練習生と国プ、の関係は終わってしまう。アイドルとファンの関係になれたら一番いい。その他は?理人が芸能活動を、赤の他人である私たちと関わることを、やめよう、と思ってさえしまえば、本当に赤の他人だ。もう、いない。こんなに好きだったのに。こんなに毎日毎日理人のことばかり考えて来たのに、もう、終わってしまう。かもしれない。怖い。怖いな。どうなるんだろう。本当に終わってしまうんだ。変化が怖い。永遠に続けばいいと思っていた、こうやって、理人を眺めて理人の話をして理人のことを考えて応援できる日々が。終わらないで。やっぱりどれだけごちゃごちゃ考えたところで私は、理人をもっと眺めていたいし、理人の夢が叶ってほしい。理人。理人。本当に心から推しています。理人、わかる?つい半年前まで私たちは同じアイドル(BTS)を推している同じ側にいたのに、今じゃ私はこんなに心から理人のことを推しているんだよ。すごいね。すごく傲慢なんだけどさ、私はやっぱり理人にちょっと自分と通ずるところがあるから、推しなんだと思う。kpopの1オタク��アニメや映画を観るのが好きで芸能活動なんてしたことなくて歌もダンスもわからないけどちょっとラップは好きで、そんな、普通の大学生だったのに、そこまでは同じだったのに、理人は私と違って夢のためにクソデカい一歩を踏み出してクソ大変な合宿を乗り越えてきたね。アイドルにならなくても普通の人生を歩める状態だったのに、理人は、アイドルになろうとしてくれたね。もう今ではすっかり遠いところにいる。最初から芸能界に片足突っ込んでいたような人たちと違って、たいへんな覚悟だっただろう。人生の圧倒的方向転換。理人は聡いからきっとこの番組に参加すること、アイドルになろうとすることのリスクやめんどくさいところも全部わかった上で参加してくれただろうと思う。本当にありがとう。やっぱり終わらせたくないよ。終わらないで。まだ、理人のこと愛させてほしい。どうか。
[2021年6月13日]
ッシャァァアアアアアアアアアアアアア理人デビューしたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ガッハッハッハッハッルッハッハッハ理人がデビューしましたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww見たか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!理人が!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!デビューしました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!西めっちゃ泣いてやんの ハハハ 最高 めっちゃ泣くやん ウケる 西 泣いてる ワハハ 私も泣いてる 最高 最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!理人がキラキラしてら めちゃくちゃキラキラしてら ワハハハハハハハハハハハ 眩し〜〜wwwwwwwwwwww無理 これがアイドルか〜〜〜〜〜〜いやいやいやいやいやいやいやいやいやいや理人アイドルか おめでとうな ウンウン まじおめでとう アッハッハッハッハやっべぇ笑顔が止まんないぜ 笑顔が止まらない 踊るココロ止まらない 動き出すよ君の元へ 走れ!走れ!走れ!!!!!!!!!!走れ理人!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!どこまでも突っ走れ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!私も一緒に走るからさ どこまで遠くに行ってくれたっていいよ アイドルとファンで走ってるレーンは違うし交わることはないけど 絶対にずっと隣を走ってるからさ 一緒にどこまでも行こうよ きっとこれからたくさん一緒に走ってくれる人も増えるよ 理人 理人 理人!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!本当にデビューおめでとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
(〜中略〜)
[2021年8月30日]
理人が20歳の誕生日を迎えるにあたって理人を知ってから理人がデビューするまで書き殴ってきた日記というかブログというかなんて言うんでしょう…『叫び』?を読み返してきたけども、ウン、なんだか私は…理人と出会ってからいろんなことを考えてきたんだな!!!!!クッソめんどくせーーオタク!!!!!!!と思いました。クッソめんどくせーオタク。理人、オタクが怖いか?大丈夫か、理人もオタクだし。あと6月13日の私、まだデビューはしてないからね。デビュー決定、だからね。デビュー、してくれ。マジで待ってる。
ということで(この雑な話の切り替え方が理人のオタクという感じがするな)理人、あー、誕生日おめでとう。好きなだけ酒を飲め。西が文句言いながらも介抱してくれるから。成人か。理人が成人か!!!!いや逆にまだ未成年だったのか。怖いな。オタクは理人が怖いです。
まあでも理人はどこにいても何をしていても何歳になっても理人のままだろうからさ。大丈夫だよ。きっと20歳の理人も90歳の理人も相変わらず理人だろうし。理人、長生きしそうだな。生命力に満ち溢れてるタイプではないけどなんか、死にそうにないな。死なないでくれ。せっかく生まれてきてくれたんだし。そっか、理人が20歳になる誕生日の日ってことは、20年前の今日に理人が生まれたのか。すごいな。すごいね!!!!!!逆に20年前の今日以前は、この世にまだ、理人がいなかったんだね。不思議な気持ちです。そう思うとありきたりな台詞も心から言えるわね。ではでは…
理人、生まれてきてくれてありがとう。アイドルになってくれて、愛させてくれてありがとう。これから理人の人生にはきっと素敵なことがまだまだたくさん待っている。どうか特別な今日一日も、明日もその先もずっと楽しい一日にしていこうね。
誕生日おめでとう。
愛多き人生を歩まれますよう。
Tumblr media
4 notes · View notes
juno-army · a year ago
Text
花様年華シリーズ傾向と対策💠1💠
『花様年華 THE NOTES』を読むと花様年華シリーズのMVが100倍楽しめる、と思っている新米アミの私です🔰しかし肝心の書籍が売り切れで手に入らないんですよね。私はギリギリでいつも生きていたいから駆け込みで手に入れました。 そんな花様年華難民にどうしても知ってほしい『花様年華 THE NOTES』のポイントだけをまとめてみようと思い立ちました💡(立ってから結構経ちました、韻踏みました😎♫)とりあえずこの設定だけ理解してMV見たら、謎だったところが理解できてアハ体験できるという程度の解説です。「もしかしてこれはこういう意味?」「これとこれは繋がっている?」みたいな考察は自分でしてみてこそ楽しいものだと思いますのでぜひ👍 ちなみに、これを読んだら書籍を買わなくてもいいというものでは全くないです。ほぼ主観メモなので誤りもあるだろうし、書籍購入の邪魔になるネタバレは避けたいと思ってます。あくまでMVを楽しむための傾向と対策だけ📕『花様年華 THE NOTES』が再入荷されたらぜひ買って下さい、むしろ買うと約束して下さい🙏本当に面白いお話だし、翻訳も含めて文章表現が美しいんです。リピート、アフター、ミー…「再入荷したら、買います」📣👏
🟣花様年華の「Universe Story」って何? BTSの世界観から広がった物語のこと。同じ名前のアプリゲームとかあるので、どこまで同一の物語として扱ってるかは微妙なんですが、簡単に説明すると「BTSの世界観を使ってるけどBTSそのものではないスピンオフ的なストーリー」ということです。アプリゲームの「BTS WORLD」も同じようにスピンオフ的なものですね。 私もよく思考がバグるんだけど、例えば「I NEED U」のMVにはBTSが作った楽曲そのものの意味とか世界観とかがギュっと詰まってるし、ダンスもキレッキレなんだけど、そこにプラスオンで「Universe Story」っていうお話がダブルミーニングとして存在しているというわけ。あくまでスピンオフでダブルミーニングなので「I NEED U」が「Universe Story」の主題歌とか、ストーリーのために存在する歌ではないってことを忘れないで下さい。『花様年華 THE NOTES』のお話が美しいので、つい「楽曲」と「Universe Story」を重ねて考察しがちなんだけど、アーティストとしてのBTSの存在とは別のフィクションなのを、絶対に忘れないように。
🟣まず知っておきたいこと バンタンメンバーが「当て書き」されてるので脳がバグりやすいです。つまり、JINさんの性格や印象を当てはめたソクジンというキャラクターが登場するわけ。実在のJINさんのプロフィールやイメージと、架空の「ソクジン」の設定が重なりそうで重ならない、そんな当て書きで脳がバグります。読む時は脳の切り替えが必要。でも当て書きの面白いところは、実在の「JIN」を知っているからこそ、架空の「ソクジン」の形がとてもイメージしやすく、広がりやすく、愛着を持ちやすいってところ。バンタンのファンならより楽しめるのもポイントだと思います👏(逆に「私の大好きなXXさんがこんなキャラのはずない😫💦」っていうのもあると思いますが、完全にスピンオフ、あくまで私達の大好きなバンタンが、同じ名前のキャラクターの役を演じただけ、って理解しておきましょ👍)
🟣考察という名の深読みしすぎ問題 花様���華シリーズのメランコリーな設定や世界観は考察したくなるし、深読みが楽しいけれど、初めに書いた通り「当て書き」された架空の物語であることを忘れてはいけないと思っています。実在の本人達には全く関係ないし、彼らが作る音楽やメッセージとも別次元の、架空の物語なのです。ひとつの音楽、ひとつの映像に、もうひとつの視点で楽しむスパイス加えられている、その程度の理解がちょうど良いだろうし、その手法がバンタンの魅力であり、バンタンの制作チームの企画力、脚本力、映像制作力の高さなのだと思います☺️ ちなみにアプリゲームの「BTS WORLD」でも、当て書きされたキャラクターとしてのバンタンが登場するけど、めちゃくちゃ脳がバグるし、うっかりメンバーとラブいシチュエーションになったりもすることもあってドキドキしますが、あくまでスピンオフなんだという気持ちを忘れずに、お腹大切に😌 当て書きされたコンテンツは楽しいけれど、同一視して考察して深読みしすぎないことをお勧めします👏
次回、登場人物の設定を解説したいと思います🤘☺️🤘 「花様年華シリーズ傾向と対策💠2💠」はこちら⏩
Tumblr media
※写真はBTS公式Facebook(https://www.facebook.com/bangtan.official)より
14 notes · View notes