Tumpik
#研修実施中
freelyart-lets · a year ago
Photo
Tumblr media
基礎巾木左官工事 BasePro【オンライン説明会実施中】 ✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨ Let's株式会社BaseProは 住宅や店舗の基礎巾木をBaseEX工法で施工します。 現在 ★フランチャイズ ★施工代理店 募集中です。 オンライン説明会も随時実施しております。 資料請求やオンライン説明会申し込み、問い合わせは メールにてお願いいたします。 [email protected] ✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨ 〜弊社フランチャイズの魅力〜 【他社にない特殊技術】 Let’s株式会社の仕事は他社にはない特殊技術を使った仕事です。 独自で開発した技術BaseEX工法を加盟店様が独占的に使用することができますので、 これらの技術力をもってあなたを成功に導くことが可能です! 【既存のお仕事先を紹介】 現在Let’s株式会社には、大手企業様との契約があり、加盟エリアでのお仕事を 紹介させて頂きます。又、加盟エリアの工務店様には本社S Vが直接営業して受注し 加盟店様にご紹介します。   【生涯を通して活躍できるストレスフリーの仕事】 経験なし、知識なし、技術に自信なしの方でも加盟していただけます。 一人で運営がスタートできる上に、定年がありません。 他業者との接触も少なくストレスフリーで自由に働けます。 【低リスク・低投資・高収益】 加盟エリアによっては1ヶ月で初期投資を回収することが可能です。 作業に慣れてくると1日に2棟施工することが出来、高収益につながります。   【充実サポート】 本社SVが3ヶ月に一度訪問、現場確認をさせていただき、売上向上につながるアドバイス等 支援していきます。また作業効率向上や技術指導等させていただきます。 加盟店様と情報共有、意見交換ができるような環境がございます。   【法人様、個人事業主様、個人の方どなたでも加入可能】 全国募集 北海道〜沖縄までどの地域でもご加盟いただけます ✨✨✨✨✨✨✨✨✨ 私たちができること、それは住宅や店舗の基礎巾木を塗るBaseProというお仕事の提供。 現在は左官工の数が減少しているため、需要が急拡大しております。 確かな技術で大手住宅建設会社との契約もございますので、すぐに仕事先をご紹介させていただきます。 充実のサポートもご用意していますので安心して事業スタートできます。 詳細は フランチャイズ加盟募集.net ↓ 掲載企業検索 ↓ フリーワードに BaseProで検索!   ✨✨✨✨✨✨✨✨✨ #住宅基礎 #店舗基礎 #研修中 #研修 #研修実施中 #基礎工事 #外構工事 #左官 #左官工事 #Lets株式会社 #BasePro #BaseEx工法#コロナ禍    #左官フランチャイズ #フランチャイズ募集中 #FC募集 #フランチャイズ募集  #加盟店募集 #フランチャイズ加盟募集 #フランチャイズ加盟募集net #franchisee #FranchiseRecruitment #baseboard#SkirtingBoard #training #DuringTraining #Franchise #agency #Constructionagency #agent (Let's株式会社 FreelyArt 土間・駐車場のフリーデザイン) https://www.instagram.com/p/CRlRkb6M5Nw/?utm_medium=tumblr
0 notes
oniwastagram · 2 months ago
Photo
Tumblr media
📸白田邸庭園 / Shirata-tei Garden, Joetsu, Niigata 新潟県上越市の国登録有形文化財『白田邸』が素敵…! まだある新潟の由緒ある豪農屋敷…! 上越市の名家/旧家/豪農屋敷の特別公開イベント『上越名家一斉公開』で春・秋に鑑賞できる、明治天皇が御小休された近代和風建築は日本国内にはもう10例も現存しないというデザインも見所。(*通常非公開) . 新潟・白田邸庭園の紹介は☟ https://oniwa.garden/joetsu-shirata-residence/ ...... 「白田邸」は新潟県上越市に残る大庄屋/庄屋クラスの豪農屋敷による『上越名家ネットワーク』の名家/旧家の一つ。 明治天皇の北陸行幸の際に御小休座敷となった近代和風建築が「白田家住宅主屋」として国登録有形文化財となっています🏡 . これまでも新潟県内の豪農の館と庭園を色々紹介してきましたが、上越市にも歴史のある複数の館が(主に個人所有のまま)現存します🏡 しかしながら認知度・知名度も低く、“地域の文化財・文化資源”としての価値が認識・共有されず、財源難で必要な修繕も進まない現状がありました。 . その状況を打開する第一歩として2017年から始まったのが『上越名家一斉公開』。江戸時代から続く名家4家(当初は5家)が足並みを合わせ一斉公開され、まずは地域の方々に通常非公開の旧家を体感し、その重要性・貴重さを��っていただく…というイベント。 なお仕掛け人は『にいがた庭園街道』を徐々に全国区にされつつある?「庭屋一如研究会」の藤井代表。いつもお世話になってます。 . 2020年にはこれらの建築や庭園を後世に継承する為の組織『上越名家ネットワーク』が設立され、公開イベントのみならず地域の学校との連携や「サポーターズクラブ」など活動の幅を広げられております。 . で、2017年以降は春(5月)と秋(11月)に一斉公開イベントが行われてきた上越名家。2022年は7月にも1日限りの特別公開を実施!そこで初めて訪れました。一箇所ずつ紹介。 . 上越市の中心部から北東部、2005年の市町村合併前の「頸城村」の玄関口のほくほく線・くびき駅🚃の真南に位置する森本集落にある白田邸。江戸時代初期の検地帳にも名が残る旧家で、頸城村になる前の“明治村”時代には三代に渡り村長を務める家柄でした。 . 国登録有形文化財となっている現在の主屋は1918年(大正7年)より建築が始まり、その後も増築を重ねて現在の姿になったのは1933年(昭和8年)。 ' 元々は現在の糸魚川市、筒石村(磯部村)藤崎にあった斉藤家を移築したもの。 斉藤家は江戸時代には加賀藩主・前田家が参勤交代の際に宿泊する本陣だった家柄で、明治維新後の1878年(明治11年)には明治天皇が北陸巡幸の際の御小休所にもなりました。 . まずそんな明治天皇御小休座敷“玉座の間”の意匠がすごい!全てデザインの異なる欄間・書院窓の透かし彫や障子、そして襖絵🖼 . 玉座の間から庭園側にある座敷が“北土院”。普通の縁側と庭の関係とはちょっと違って、座敷の庭の間に広めの軒下・洗い出しの土間があるのが特徴的なところ。 パッと思い出した所では加賀藩の豪商の邸宅『喜多家記念館』…この作りはやはり加賀藩との繋がりから来るものだったのかな。 . 5間(約9m)と開放的な入側から眺められる庭園は庭石よりも樹木を中心とした自然風の庭園🌲 現在は成長した木が主役ですが、かつてはその正面に周囲の山々の借景がのぞめたのでは…?とも。 . また入側にある大きなつくばいは東京都北豊島区の庭師・伊藤寅之助直作。北豊島区…?“染井の庭彦”伊藤彦右衛門と関係ある方なのだろうか…。 続く。 #japanesegarden #japanesegardens #kyotogarden #zengarden #beautifulkyoto #beautifuljapan #japanesearchitecture #japanarchitecture #japanarchitect #japandesign #japanart #jardinjaponais #jardinjapones #japanischergarten #jardimjapones #niigata #建築デザイン #庭園 #日本庭園 #庭院 #庭园 #新潟庭園 #上越 #上越市 #古民家 #近代建築 #近代和風建築 #文化財 #日本建築 #おにわさん (at くびきのお宝のこす会) https://www.instagram.com/p/Cigvx4hvNJe/?igshid=NGJjMDIxMWI=
22 notes · View notes
yachch · 10 days ago
Text
新刊『光や風にさえ』試読
プロローグ アサイラムにて
 おぼえているかしら、ねえさん、裏庭にあったブランコのこと。古びたユーカリの木の枝からぶら下がっていた。嵐の晩にどこかへ飛ばされてしまって、どんなに探してもみつからずに、枯れ葉の下で朽ちて、土に還っていった。  妹の声がよみがえってきたのは、シャワールームにいるときのこと、わたしはバスタブに寄りかかってシャワーの水があたたまるのを待っていた。給湯器の調子が悪くて、適温になるまで何分もかかったから。わたしは両足を開いて床に座り、陰部にできたしこりをいじっている。クリトリスを挟むようにできたしこりは痛みこそないけれど、時間をかけ、ゆっくり成長している。  妹とは夕方に十五分くらいビデオ通話で話した。電話代だってばかにならないのに、水曜日になるとかならずかかってくる、儀式めいたもの。でも、このところの彼女は、どうにも歯切れが悪く、あたりさわりのない話題ばかり選んでいるようだ。衛星がぐるぐる回るように、迂遠な語りばかり重ねている。だからふたりの会話はいつも迷走して、着地点を見失って終わる。頻繁に話しているわりには印象に残りづらい、無意味な語りかけは、けれどもトゲのようにわたしの胸に刺さった。  かつて家族で暮らした一軒家には、たしかにユーカリの木があった。赤土にどっしり根を張り、枝という枝からボロ布のようにウスネオイデスをぶらさげていた。けれども、その枝にブランコをぶらさげたことは一度もなかったと記憶している。妹と一緒に暮らす両親すらおぼえていないと言うのなら、もうたしかめようのないことだ。火の不始末で、わたしたちの生家は祖母ごと燃えてなくなってしまったことだし。  でも、たしかめようがないからこそ、おぼえているかしら、と妹は語りかけてきたのかもしれない。記憶という本来わかちがたいものを共有したいと思い、願ったから。不幸にもその記憶はだれにも受けとめられず、宙に浮いてしまった。蓋然性を失し、空想の、あたかも物語であるかのような語りに変質していった。ただ生きているだけの、とるにたらない人間の記憶の正誤など、いちいち検証してはいられない。記憶を共有する誰かが、たしからしいと証明しないかぎりは。だから、記憶を共有できないというのは、物語と区別がつかなくなることに近しいのではないか、とわたしは思う。  眩暈が波のように押し寄せてくる。貧血からくるそれを床に伏せてじっとやり過ごす。気を取り直して、シャワーが適温になったことを手のひらでたしかめた。  バスタブに入り、半身に湯水を浴びて、肉体の痛みがどこか遠い場所に去ってくれることを期待する。湯気にかすむ天井をぼんやりながめていると、ふと、半年くらい前におなじ体験をしたのだ、ということに思い至った。あのときの彼女も、わたしに対してこのように語りかけた。Tal vez te acuerdes(おぼえているかしら)、と。耳朶に直接吹きつけられたかのように、息づかいや吐息の熱とともに、なまなましくよみがえるその声。  泡沫のように予期せず浮かび上がってきた記憶が、異なる記憶と共鳴し合い、痛みからの逃避を求めるわたしをその渦に飲みこんでいく。  ――きっかけはロドリゴだった。半年ほど前だったか、彼から電話がかかってきて、たまたまそれを受けた。テニュア審査に落ちた彼が市内の別の大学に転籍するのと、わたしが自分の研究室を閉めたのはほぼ同時期で、以来、一年半にわたって彼からの連絡を無視していた。だからわたし電話口に出ると、彼はとてもびっくりした。  彼は興奮ぎみに近況を話し、非常勤講師としてなんとか食いつないでいると言った。わたしはすでに大学を退職していたけれど、自分からは話さなかった。用件はこうだ――調査に同行してくれる日本語通訳者をさがしている。  たしかにわたしは日系三世で、日系移民の帰国事業を見越して親も桂(ケイ)なんていう日本的な名前をつけ、日本語の教育を受けさせた。でも、第一言語は彼とおなじスペイン語で、妹ほど流暢にはしゃべれない。正直にそう話すと、いいから、とロドリゴは言った。実は、日系移民の女性に会いに行くんだ。貴重な一世さ。スペイン語が通じなかったとき、ちょっと手助けしてくれるだけでも――本音をいうと、きみに会えるかもしれない、ってのがうれしくてたまらないんだ。ロドリゴの声は弾んで、涙まじりだった。すこし前だったら、不愉快になっていたかもしれない。あなたが想像したり、ときに期待したりするほど、あっというまに死ぬわけじゃないんだと嫌味を言っていたかもしれない。でも、電話に出る気になったのと同じ理由で、わたしは柄にもなく浮かれていた。病気が寛解し、経過観察になったから。血流に放たれたエクソソームが臓器を耕し、いずれはまた悪いものの芽を生やすとしても、たとえいっときでも心身をどろどろにする化学療法から離れられた。  ロドリゴは以前とかわらず、『トラタミエント』と呼ばれる処置を受けた臓器提供者たちの追跡調査を続けていると話した。くだんの日系移民の女性もそのひとりだった。長く非合法の臓器提供者として生計を立て、その最後の段階として、いまは心臓の提供先を探しているという。わたしの祖母と世代が近く、長く市内のアサイラムで暮らしているとの話で、どこかで祖母とかかわりがあったかも、と考えたことをおぼえている。昔からここに住んでいる日系人はめずらしかったので。  約束をとりつけて、数日後には彼女のもとに足を運んだ。彼女の暮らすアサイラムまでは、最寄りのバス停からけっこう距離があって、何度も階段路地をのぼったりおりたりするはめになった。歩きながら、ロドリゴは飼っているデグーの話をした。わたしは適当に相づちを打ちながら、どうしてこのあたりはこんなに臭いんだろうと考えていた。アサイラムは移民街のなかほどに位置していたが、腐った歯のようにバラックが密集して、有機物の発酵しゆく臭いが充満していた。  さんざ迷った末に目的地に到着し、受付にいたアサイラムのスタッフに彼女の所在をたずねると、あのひとならいつも中庭よ、と言われた。日陰で根を生やして、じっとしているはずよ。案内された中庭は狭く、きたならしかった。年老いた女性が地面を転がりながら煤けた肌をかきむしっていた。なにをそんなに恐れているのか、ずっと声を震わせながら怒鳴っている男性もいた。でも、大抵のひとは、死んだように目を閉じて、その場でじっとしていた。コントロールしやすいように毎日多量の鎮静剤を与えて、市街からかき集めてきた浮浪者や精神異常者を押しこめているから。公的給付金を得るためだけに運営される福祉施設のひとつ。  狭い中庭をロドリゴは歩き、すぐひとりの女性に目をつけた。大柄な彼の影にすっぽり収まってしまうくらい小柄な女性で、膝を抱えて座りながら、じっと地面の一点をみつめていた。  ――なにをみているんですか?  地面に膝をつき、ロドリゴが問いかけるが、女性はひび割れたタイルを凝視するだけで答えない。まばたきをしないので、眼球がすっかり乾いて、充血していた。目許には脂(やに)が溜まって複雑な地層をなしていたことをおぼえている。  ロドリゴがしばらく無意味な呼びかけを続けていると、屋内からスタッフが出てきて、備えつけのホースで水をまきはじめた。ロドリゴがさっと立ち上がる。彼女の隣には排水溝があって、地面の傾斜に従って水がそこに流れていった――でも、彼女はくるぶしまで水に浸かっても平然としていた。みじろぎひとつせず、修行僧のようにじっと座り続けている。  事前に渡された診断書には、彼女が多数の臓器を喪失している事実とともに、認知能力が極端に低下していることが記載されていた。くずれゆく脳では記憶が更新されず、判断力と遂行力も消失する。外界からの刺激に鈍くなっていた。  スタッフがおもむろに歩み寄ってくる。水の通りが悪くなったのか、排水溝に引っかかるものをつかんで放る。  放り投げられたものは、偶然、彼女の目先に落ちた。  すると、はだしの指の先が、ぴくりと動いた。  彼女はまぶしそうに片目をすがめると、ささやくようにこう言った。  ――あれは蘭。アングロアの根。  何年ぶりかに話したかのように、声はかすれている。  ロドリゴはかすかに身じろぎし、前のめりになると自然と傾聴の姿勢をとった。彼女はスペイン語を話しはしたがひどくなまっていたので、正確に聴き取るためには用心深く耳を澄まさねばならなかった。  ――もともとは寒いところの花……だから、低地で育てると夏越えができなかった。毎年そうだった。  それだけ言うと、また押し黙ってしまう。  ――蘭を育てたことがあるのですね。私の実家の裏庭にも、原種の蘭がたくさん咲いていましたよ。  彼女の目線の先にあるものは、たしかに植物の根のようにもみえた。腐ってカビが密集し、もとが何だったのかは判別がつかなかったけれど。  ――私の家の庭には、アロエやベゴニアがあって……それから。  意外にもしっかり会話がつながったことにおどろいていると、彼女はゆっくり顔を上げ、相手と目を合わそうとすることさえ試みた。  でも、視線の先にいたのは話しかけたロドリゴではなく、どうしてかわたしった――彼女は表情らしき表情を浮かべていた。不自然に顔をしかめるだけだったが、驚愕ともとれた。  ――おぼえているかしら?  口の端にほほ笑みをにじませ、彼女は語りかけた。分かちがたく、不可侵の記憶の一片を、わたしが受けってくれることを願いながら。  ――わたしの庭に蘭があったこと、おぼえているかしら、アングロアの、赤ん坊の花。  あとになってわたしは思う。もしかしたら、あの瞬間、彼女はみずからをとりまいていた深い暗闇をぬけだして、くずれゆく自己をほんの一片でもつかみとったのかもしれないと。  この不可解なできごとを前に、ひとつ思い出すものがある。  いつかSNSで拡散されていた、ある動画のこと。再生をはじめると、どこかの高級な養老院とおぼしき明るいホールが映る。そこでは老人たちが談笑しており、カメラのレンズはそのなかのひとり、車椅子に座った老女に近づいていく。赤子のように無垢な目で虚空を眺めていた老女は、ホールに音楽が鳴り出すやいなや、不自由な上半身を繰って、何とも生き生きと踊りはじめる。見間違いようもなく、アルゼンチン・タンゴのふりつけで。タンゴは足さばきに目がいきがちだが、軸が置かれるのは上半身だ。上半身の動きがあってこそ、複雑なステップが生まれる。だからこそ老女が上半身をよじり、そらすだけで、タンゴという共通言語をもつ者の目には自然と優雅な足どりが浮かぶ――動画の最後には、老女がかつて一世を風靡したアルゼンチン・タンゴのスターであり、現在は深刻な認知症で自分の名前すら思い出せない旨が記される。奇跡の数分間。でも、そのうつくしい再現はけっして奇跡の賜物ではないことをわたしは知っている。単に彼女が長い時間をかけて軟骨をすり減らしながら、必死にタンゴのリズムを身体に記憶させたという証左でしかない。身体記憶は、自我や認知とは異なる場所に保管されるものだから。ゆえに自分の名前を忘れても、タンゴは忘れないという不可解な状況も成立する。  だから、彼女はあの腐った根をみて、土をいじる感触、花と緑葉の香りを想起したんじゃないだろうかとわたしは想像する。身体記憶をきっかけに、ほどかけかた自己が偶然にも結び直されて、泥河に沈んでいた物語に光が当てられたのではないかと。  そうでなければ、説明できないとも思う。  ――だいじょうぶ、ちゃんとやるわ、私。あなたのためなら、心臓をあげたってかまわない。約束したものね。  ――約束って?  ロドリゴの質問に、彼女は穏やかに話した。  ――仏さまに近づけるって、あなたが言ったんじゃない、マヤ。  ――マヤって?  ――私の娘。そうでしょう?  わたしはとっさにかぶりを振る。  すると彼女は語りはじめた。  真偽不明で信憑性に欠けた、一編の長い物語について。
2 notes · View notes
hosomimuseum · a year ago
Text
#360《次回展》特別展「虫めづる日本の美―養老孟司×細見コレクション―」のご案内
10月29日(金) より、特別展「虫めづる日本の美―養老孟司×細見コレクション―」を開催いたします。  解剖学者の養老孟司は、無類の昆虫愛好家、昆虫学者としても知られ、世界各地を訪れて、不思議と驚異にみちた虫たちの生態を探求しています。古来、我が国の人々は、ゆたかな風土に育まれた様々な虫たちに親しみ、その姿を写し愛でてきました。
 本��では、養老孟司が細見コレクションから選ぶ、虫を表した絵画・工芸作品約60点を紹介します。写実の精緻を極めた伊藤若冲の「糸瓜群虫図」、宝石のような虫たちが鏤められた蒔絵の小箱など、みずみずしい好奇心にあふれる虫博士の眼が出会った、日本の美に息づく儚くも美しき生命を、どうぞご鑑賞ください。
 加えて養老孟司が親交を結ぶ作家の、独特な自然観やデジタル技術によって表現された作品も紹介します。
Tumblr media
伊藤若冲 糸瓜群虫図(部分) 江戸中期
Tumblr media
秋草虫蒔絵螺鈿小箱 江戸前期
会期:2021年10月29日(金)~2022年1月23日(日) ※一部展示替えあり
休館日:毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日) 年末年始(12月27日(月)~1月4日(火))
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:一般 1,300円 学生 1,000円
主催:細見美術館 京都新聞
監修:養老孟司(東京大学名誉教授 京都国際マンガミュージアム名誉館長)
特別協力:有限会社 養老研究所 新潮社
企画協力:足立真穂
新型コロナウイルス等感染予防および拡散防止対策について ※新型コロナウイルス感染拡⼤防⽌のため、ご⼊館および施設のご利⽤にあたって はマスクをご着⽤ください。
※急激な状況の変化により、⽌むを得ず会期・ 営業⽇時等を変更する場合があります。詳しくは細見美術館公式サイトをご覧ください。
30 notes · View notes
tokyomariegold · a month ago
Text
2022/9/23〜
Tumblr media
9月23日 今日はとにかくいろんなものを見過ぎて、 いろんな表情をつくり過ぎて、 いろんなことを喋り過ぎて、相槌を打ち過ぎて、 目と顔の筋肉と喉が痛い。
初めての逗子の町の、観光地と絶えないほどの、リゾートまで華やかではないけれど、海の町特有の小さいお店がある感じの町のつくりを中途半端に体験して、浜辺で波を見ても全然怖くなくて、気がついたら鎌倉で八幡宮のお参りをしれっとしてしていて、ばちが当たりそう。 人とお話して時間を過ごすことと、自分が街やその空間を楽しむことを両立できる日はくるのかしら。
Tumblr media
アレック・ソスの展示は、思っていたのと違ったけれど楽しめた。 フライヤーの写真とデザインが、あまり今回の作品展と合っていない気がして、予告編だけ好きな映画ってあるかも、と思った。 山間部にハンガーかけやミラーボールをセットして生活している人のインタビュー記事の写真シリーズが好きだった。
とにかく長い時間だった気がする。 我に帰ったのは、行きも帰りも、日暮里駅の2階のサイゼリアの窓際のボックス席を車窓から見た時で「こんな時間(と、いうほどおかしな時間ではない)にサイゼリア…」と、思った時だった。 昔、雷雨で中断した花火大会の帰りに、びしょ濡れで入ったファミレスは、このサイゼリアな気がする!
一緒に展示を見た友人は、子供の話と動物の話をいつもしていて、今日も友達が子供を産んだ話をしたので、彼女自身がそろそろ子供を持つのかな〜、と思っていた。それと、動物が可愛いうんぬん、と言っていて、犬でも飼うんだろうか〜、とも思った(今日は子豚の話をしていたけれど)。
私は出産がどんなものなのか経験してみたいけれど、子育てはしたくないので、他人の子を産めば良いのかな、と考えて、でも倫理的にアウト?
帰り、旦那さんと合流して帰る友人と横浜駅で別れる。いつも私と遊ぶ時、私たちが遊んでいる場所の近くまで旦那さんが来ていたり、待ち合わせのラインを仕切りにしていたり、常に影が見え隠れする感じで、彼女との時間を過ごしている。私はいつか、彼女と2人で遊ぶ待ち合わせの場に、しれっと旦那さんもいて、今日は3人で……みたいなことになったりしないかドキドキしている。
Tumblr media
9月24日 人付き合いがだめなターンなので、1時間くらいキュッとおしゃべりするだけでよかった。 今日は、クラシカルなメイド喫茶で本格紅茶を飲んで、人の物件探しに付き添った。
メイド喫茶は、電子ケトルで沸かしたお湯を、高い位置からティーポットへ注いでいて、やかんでなくてケトルで可愛い。
物件探しは、楽しそうなので付き添っちゃお!と思っていたのに、結果、不動産屋ってこの世の嫌い空間わりと上位に入るのでは!と気が付いたのと、人の生活に関わっている暇はない!と、自分の生活のタスクをいろいろ思い出して、先に帰ってきてしまった。
駅の広場でちいかわとサンリオのコラボグッズが売られていた。たくさんの女の子達が本当にちいかわを愛でている!と驚き、友人に報告のメッセージを送る。
メイド喫茶から不動産屋までの移動中、マンスーンさんとすれ違ったのかもしれない…でも人違いかもしれない…ちいかわグッズを見にきていたのかもしれない…テンションが上がっている、と久しぶりに実感した。
Tumblr media Tumblr media
9月25日 このところの人間関係の悪態を反省して一日を過ごした。 昨日の雨で、川の水が増大していて、いつも野球やサッカーをしているところまで川が拡幅していた。ボートで何かを捜索している様子もあり、土手からたくさんの人が見ていた。
昨日投稿した日記を読み返すと、毎度のことながら誤字だらけ!最近はiPhoneで文字起こしをしているのだけれど、変換の精度が高すぎる(?)。 「うそみたい」→「朝みたい」、「かるいんで」→「辛いんで」、「ぶしょ」→「場所」、「きえないと」→「変えないと」。 読みと異なる変換を一番上に持ってくるのをやめてほしい。でもこれがiPhone的正解ワード。 30歳で変えないと!
9月26日 「落とし物が届いています」と、朝一で内線に電話が届く。ありがとうございます。まるっと落としたパスケース全部が手元に戻ってきた。
文化庁メディア芸術祭の展覧会が今日までだった!毎年、情報収集のために会場へ行っていたけれど、今年はネットで眺めよう、と、マンガ部門の大賞を確認する。北極百貨店?という素敵なタイトルの漫画をKindleでダウンロードしてみた。
Tumblr media
9月27日 2日分の洗濯物を溜めて洗濯機を回してみた…!ドキドキ。確かにこちらの方が回し甲斐がありそう。
隣の席の上司から、アメリカのチョコレートをもらう。お姉さんが、アメリカ在住とのことで、日本に一時帰国されているらしい。最近のアメリカは、グルテンフリー 、パレオ、ケト、と健康志向の食事がブーム。マックにはあまり行かない(そもそもマックの値段が高い。ハッピーセットで1000円弱するとか。)とのこと。コーラもみんな飲んでないんだって! プレッツェルのお菓子のパッケージには“BIG TIME FLAVOR”とあり、大きい時間風味…? 大味ってこと?となった。
日本で言う、ハワイアンとかミラノ風とか清涼感とか、味覚以外で食べ物を感じる感覚の表現なのかな。
明日は出張(研修)で、乗ったことのない電車に乗って、行ったことのないところへ行くのでへとへとになってしまうと思う。
Tumblr media
9月28日 研修のため、いつもより2時間遅い出勤。 朝にいろいろお掃除ができて精神衛生も良くなる。 空港へつながる路線、違う駅名だけど乗り換えできる駅間の30秒くらい歩く町、目印のデイリーヤマザキ、4匹の猫の親子、多分もう全部見ることはないんだと思うものばかりを通過して研修先へ行く。 (帰りに、オンライン研修でしか顔を合わせたことのなかった同期にこのことを話したら、めっちゃわかる、と言ってた。)
幼稚園や小学校の施設のにおいが苦手なので、気持ち悪くなりながら2時間歩き回った。 黒板に、前の授業の板書が残されていて“ゆでる→ものをやわらかくする。ゆで汁は捨てる。 煮る→味をしみこませる”とあり、思わずメモに書き写す。研修の報告レポートには使えない。
“BIG TIME”とは“すげーまじうまい!”的な意味らしい。
乗車駅でメロンくらいの巨大梨が売られていた。下車駅では行方不明の女の子を探すチラシを配っている人がいた。
9月29日 エドワード・レルフの場所性の本を冒頭から読み直し中。目次を見て、興味のある章から読んでいたけれど、ばかみたいに頭から読むと、ちゃんと点と点が繋がるように理解できるところが増えた。 ①物理的なもの②人々の動き③感覚 が、場所を構成していた、①と②は定量的なもので捉えやすいが、③は一概に言えるものがなく捉えにくい。そもそも①②③の相関関係を探ることが重要。 自分を中心とした同心円を描きながら人は移動をし、その円の内にいれるものに人は愛着を持つ。愛着の持てる場所には配慮があり“つつましさ”が、ある。……などなど。
研修のレポートを3枚提出した。 1から自分で文章を作り上げるのは、始めるまで気力がかかるけれど、始まってしまえば添削までずっと楽しいし、良い疲れかたができる。
Tumblr media
9月30日 研修のレポートを上司に褒めてもらう。 内容というより、レポートの構成や読みやすさ、伝わりやすさ、独自の視点の効果的な入れどころなど。こういう場の書き物には正解がある気がしていて、それを叩き出してしまった複雑な気持ち。でも褒められるのは嬉しい。
一期下の方とロッカールーム前でおしゃべりした花金の終業後。やっぱり私はこの方がすごく好きなのだと思う。写真を撮りたい!とも思えて、その発見に嬉しくなり帰り道はなんだか明るい気分。
社会の人をみんな嫌いなわけではなくて、その人個人をみてしまって、それでもっと関わりたい!と思ってしまうこともある。
そして、昔からの友人達を撮りたいと思わなくなったのは、新鮮さがなくなってしまったこともあると思う。 たぶん、今日ラインを交換して、「一緒に遊びましょう!」と言い合った時が、一番楽しい時だったかもしれない。 人と関わるときの新鮮さが好きなので、なるべく頻度や距離を、高めず詰め過ぎずにしたい。
やっと粗大ゴミセンターに電話を繋げ予約をした!えらい!
帰り道の遠くの茂みと、私が立っている道の間で、猫が何かを捕食していた。
Tumblr media
4 notes · View notes
kurano · 4 months ago
Text
「安倍元総理のお祖父さんの岸信介元総理は旧統一教会の初期段階から非常に親しい関係にあった。例えば映画スターの高峰三枝子さんが持っていた渋谷・南平台の邸宅を岸元総理が借りた。その隣にあった旧統一教会の施設に講演に行ったり、文鮮明教祖が来日したときには握手をしたり会談をしたりした。したがって山上容疑者が“岸元総理が旧統一教会を日本に呼んできた”と供述しているというのは決して間違いではない。
また、岸元総理の娘婿が安倍元総理のお父さんの安倍晋太郎元外務大臣だが、旧統一教会は80年代、彼を総理にすべく熱心に動いていた。他にも、脱税の罪によってアメリカで実刑判決を受けていた文鮮明教祖が入管法の規定で日本に入国できなかったのを自民党の金丸信副総裁が動き、92年に入国できたという話もある。このように、安倍ファミリーを含む自民党の歴史の中に、旧統一教会も存在していたということだ。
1991年、私は『週刊文春』で半年にわたって取材をし、全国会議員の秘書さんについて調べてみた。石原慎太郎さんは“50人ぐらいはいるだろう”と話していたが、実際、信者が公設秘書や私設秘書としていっぱい入っていることが分かった。この原稿を書いて30年以上が経つが、それっきりだ。“タブー”として、今まで全く報じられてこなかったことだ。
他にも、中曽根内閣時代の1986年に行われた衆参W選挙では、旧統一教会が京都・嵐山にある嵯峨亭という旅館を買い取って研修施設にし、身長156cm以上で英会話のできる女性の信者を集め、お辞儀の仕方に始まる2週間の研修を行い、秘書として自民党へ無償で送り込んでいたことも分かっている。
やはり政治家には秘書などの人手が必要だ。僕も何回も選挙に出たけれど、運動員を集めるのも大変だ。お金もかかる。信者さんたちは今も昔も本当に真面目な人たちだ。そういう人たちが一生懸命に頑張ってくれるのだから、政治家にとっては本当に助かるし、ありがたい話だ。これは今回の参議院選挙も含め、の話だ。
このようにして、旧統一教会は“空白の30年”の間も変わらず政治家たちに接近を図り、国会にも大きな影響をもたらしていった。例えば2011年の内部資料によれば、月に15億円以上の資金が日韓の様々な組織に使われている。女性信者たちが国会議員の部屋を回って陳情をする“PRチーム”というのがあり、これに500万円が支出されていた。私が自民党のある大臣の部屋に行くと、本棚に文鮮明教祖の著書があった。“協力してくれと言って来たから…”とおっしゃっていた。こういうことも続けられてきたことの一つだ。
5 notes · View notes
hatanowataru · 3 months ago
Photo
Tumblr media
紙漉き屋の施工研修。 山形で紙漉きをするSさんに内装を教えるべく研修バイトしてもらいました。 @kmy_sakuzen 前回東京のここ滋賀にも来てもらって、今回2回目。 紙漉き職人の実情は、私もどっぷり紙漉き職人10年やったいた(今も和紙職人です^_^)ので、よくわかります。紙漉きはできるのだけど、売るということがなかなか難しい。かと言って組合や問屋さんに卸すとなると、月収15万がやっと。(産地によって差はあります) そうなると原料農家さんや道具づくりの職人さんからの買取りも上げることが出来ず、後継者がいなくなり、結果原料不足や道具不足を招いてしまっています。 これをなんとかしようと、15年ほどまえから内装を始めたのですが、今軌道にのり、原料農家さんへの支払いもフェアトレードできているし、自身の工房でも本格的に楮栽培も開始しました。 そんな中、昨年内装に特化したギャラリーが東京の森木ペーパーさんが作り、そこと協力して和紙の内装を色んな方ができるように活動を始めています。 @washi_moriki 今回は、私たちがなかなか行くことができない東北で和紙の施工が広がればとSさんが色々学びに来ているのですが、手を動かし、ひととおりの流れを学び、内装に特化させた紙も伝授しました。 東北で和紙の施工をお考えの方、ぜひ彼女にお問合せください。 @kmy_sakuzen 分からないことは私たちがサポートしていきます。 また、関東の施工は森木さんにお問合せしてみてください。森木ペーパーのギャラリーを作る時と他の物件での講習で、現在2件の施工実績も上げています。 全国で紙を漉いている方で、施工に興味ある方、現場に一緒に入り、講習をしますので、お問合せください。交通費や滞在費はお出しできませんが、アルバイト代はお出しします。 #和紙 #和紙職人 #Japanesepaper #handmade #工芸 #支持体 #craft #art #ハタノワタル #紙漉キハタノ https://www.instagram.com/p/ChEdoLzPAYQ/?igshid=NGJjMDIxMWI=
2 notes · View notes
europiumoon · 10 months ago
Text
修論提出をした。教授に伝えると、お疲れ様でした。という言葉と共にチェックバックが返ってきた。出せたからまあ、いいんだけど。その後追いLINEで超大作だと褒めてもらった。そらそうや、ある意味血反吐吐きながら書き切ったんだもの。と思いつつ褒めてもらえたのが嬉しかった。提出できた喜びで、ずっと行きたかった香水屋さんに向かった。今回は香水のサブスクでとても気に入った香水。サブスクで購入した香水の中で1番先に使い切ったもの。井の頭線を使って、副都心線を使って原宿に着いた。目的と友人がいなければ絶対入らない複合施設へGO。常設店になっていたのは、昨年末調べてて知った。昨年、恋人と取り扱い店をハシゴしたのに欲しい香水がなくて落ち込んでたことを思い出しながら、沢山のサンプルを貰って目的の香水をゲット。また行こう。行ける時に。2月末に私は実家に戻る。配属先が決まってないのと、2年前研究の為に前乗りした為、アパートの契約更新をせずに去る。3年前のような両親に対して嫌な気持ちはもう昇華した。ひとつ前の投稿で書いた面談の話の続きで、配属場所は分からなかったものの変な脅され方をされて、修論や引っ越し、諸々重なって、家族で電話越しで作戦会議をしていたら感情がパニックになって泣いてしまった。そしたら、両親共々、大丈夫だよって励まして、慰めてくれた。そこで改めてはっきりと私に対する注ぐ愛を知ってまた余計に泣いてしまった。(書いている今も思い出して涙目になった)結局その脅しについてゼミの先輩だったり、知り合いの会社の人に聞いたら、その人の説明が下手くそすぎると言ってくれた。寮には入らなくて住むらしい。出会った同期にも伝えたらよかったと安堵していた。原宿から渋谷まで歩いて向かった。南中高度が低くなってるこの季節の太陽は眩しかった。駅に着いて、終点まで電車に乗って雑誌をスワイプしていると雑誌ではあんこ特集をしていて、和のものが食べたくなって、駅に着いた後改札出てすぐのとこにあるキラリナに向かって、抹茶パフェを食べた。パフェを1人で食べるのは一度もなかったので少し嬉しかった。道中買ったレターセットを広げて、10年来の友人に手紙を書いた。今年も瀬戸内芸術祭に行きたい、友人にまた会いたいと。手紙を書き終える頃には日が落ちていて、窓からネオンが見えた。夜に久しぶりに飲みが入っていたので、そこまで耐えようか悩んだけどメイク直しを忘れて一旦帰宅。帰宅してメイクを直して、服を着替えてまた外に出た。友人に久しぶりに会って、たらふく飲んだ。物理を学んでいる友人から粒子物理と物質物理があることを教わった。宇宙について解きたいそうだ。勉強第一の友人からどうやったらEuさんを部屋に誘えるか、という話を聞かれたので無理だと笑って断った。けど、諦めないらしい。頑張れ。帰り道、1人で歩いて帰るのがやだなあと思いながら恋人に返信すると寝てると思ったのに返事が来たので電話した。24分の帰り道、日曜日に始発で海に行こうと誘った。億劫な彼氏は断るんだろうなって思ったら、行くかあって乗ってくれた。嬉しくなった。そういうところ好きだなって。ずっと私の中で波が立っているけど、この波を本物の海に溶かされに行きたい。海が私を包んでくれる。家に帰って日を跨ぐ時間まで電話をして切った。いい日だった。
Tumblr media Tumblr media
今日も頑張るぞ
8 notes · View notes
myonbl · 6 months ago
Text
2022年5月27日(金)
Tumblr media
私の職場(私立女子大学)では、今日で前期7/15週目の授業が終了する。教学センターから前期試験の実施調査、担当科目の試験実施日程を回答する。これが来たということは、まもなく折り返し点に近づくと言うことだ。空模様も鬱陶しく、すっかり梅雨を思わせる。頭の中では、梅雨明けの青空から夏休みへと、ジリジリとした暑さがリアルにイメージできる。やはり枝豆とビール・・・、いかんいかん、現実に戻って仕事始めよう。
Tumblr media
5時起床。
日誌書く。
Tumblr media
アオサそば+そば湯+ヨーグルト。
可燃ゴミ、30L*1。
Tumblr media
2男のおにぎりはツレアイ担当、私は2人分の弁当を用意する。
非常勤講師をお願いしているO姉と一緒に出勤、8時過ぎに出発する。
Tumblr media
順調に到着、まずはお茶を頂く。
教学センターから前期試験の実施調査、すぐに回答して返送する。
ラジオ体操第1。
金曜日は2限・3限と「スタディスキルズ(食物栄養学科)」、今週のテーマはレポートの文章の特徴/文献講読型レジュメの作成。あくまでもレジュメの形式を理解することが目的なので、作業は完全でなくとも提出させる。
今日は第4金曜日、<すいぱん>販売日なので2限は早めに終了。
ランチ、弁当+ジュース。
3限の授業前に学生から欠席のメール、持病が発生したとのこと。気にせず養生するように返信する。
IM嬢来室、アルバイト終えて5限の授業までの間、私の部屋で自習タイム。
O姉は友人宅へ向かうとのことで、私1人で帰路につく。
帰宅してすぐに西大路七条・ライフで買い物、レタス・キュウリ・カツオのたたき。
Tumblr media
ツレアイは仕事の後Web研修とのこと、息子たちが先に夕飯を済ませる。
ツレアイの帰宅は19時30分、軽く🍷で乾杯、私は8時には終える。
録画番組視聴。シャーロック・ホームズ
(40)「マザランの宝石」
ジェレミー・ブレットが演じたシャーロック・ホームズのドラマシリーズ。タイトル作と「三人のガリデブ事件」、コナン・ドイルのふたつの短編をあわせたエピソード。
貴重なマザランのダイヤモンドが美術館から盗まれた。旅で不在のホームズに代わり、調査を始めた兄のマイクロフト。最後に美術館を出たシルビアス伯爵が犯人だと当たりをつけるが、なかなか確証をつかめない。一方、ワトソンは恩師ガリデブの妹たちから相談を受ける。アメリカ人の男が突然兄を訪ねて来て、ガリデブ姓の男が3人集まれば大金をもらえるという妙な話を持ちこまれたというのだが…イギリス1994年制作。
私は途中からウトウト。
ツレアイが入浴後に起こしてくれる、すぐに風呂へ。
今週は晩酌にグラスワインⅠ杯+8時には終了+必ず入浴、これを継続した結果、朝の血圧が随分改善された。来週も、頑張るのだ。
Tumblr media
無事3つのリング完成、水分は1,800ml。
4 notes · View notes
freelyart-lets · a year ago
Photo
Tumblr media
基礎巾木左官工事 BasePro【研修実施中】 研修中の写真です🍀 集中しているところ撮影させて頂きました! ありがとうございました 🙇‍♀️ ✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨ Let's株式会社BaseProは 住宅や店舗の基礎巾木をBaseEX工法で施工します。 現在フランチャイズ募集中です ✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨ 〜弊社フランチャイズの魅力〜 【他社にない特殊技術】 Let’s株式会社の仕事は他社にはない特殊技術を使った仕事です。 独自で開発した技術BaseEX工法を加盟店様が独��的に使用することができますので、 これらの技術力をもってあなたを成功に導くことが可能です! 【既存のお仕事先を紹介】 現在Let’s株式会社には、大手企業様との契約があり、加盟エリアでのお仕事を 紹介させて頂きます。又、加盟エリアの工務店様には本社S Vが直接営業して受注し 加盟店様にご紹介します。   【生涯を通して活躍できるストレスフリーの仕事】 経験なし、知識なし、技術に自信なしの方でも加盟していただけます。 一人で運営がスタートできる上に、定年がありません。 他業者との接触も少なくストレスフリーで自由に働けます。 【低リスク・低投資・高収益】 加盟エリアによっては1ヶ月で初期投資を回収することが可能です。 作業に慣れてくると1日に2棟施工することが出来、高収益につながります。   【充実サポート】 本社SVが3ヶ月に一度訪問、現場確認をさせていただき、売上向上につながるアドバイス等 支援していきます。また作業効率向上や技術指導等させていただきます。 加盟店様と情報共有、意見交換ができるような環境がございます。   【法人様、個人事業主様、個人の方どなたでも加入可能】 全国募集 北海道〜沖縄までどの地域でもご加盟いただけます ✨✨✨✨✨✨✨✨✨ 私たちができること、それは住宅や店舗の基礎巾木を塗るBaseProというお仕事の提供。 現在は左官工の数が減少しているため、需要が急拡大しております。 確かな技術で大手住宅建設会社との契約もございますので、すぐに仕事先をご紹介させていただきます。 充実のサポートもご用意していますので安心して事業スタートできます。 詳細は フランチャイズ加盟募集.net ↓ 掲載企業検索 ↓ フリーワードに BaseProで検索!   ✨✨✨✨✨✨✨✨✨ フランチャイズ 施工代理店・代理人 個人事業主 現場施工人 職人など  幅広く 募集中です! お気軽にお問い合わせください。 メール [email protected] ✨✨✨✨✨✨✨✨✨ #住宅基礎 #店舗基礎 #研修中 #研修 #研修実施中 #基礎工事 #外構工事 #左官 #左官工事 #Lets株式会社 #BasePro #BaseEx工法#コロナ禍    #左官フランチャイズ #フランチャイズ募集中 #FC募集 #フランチャイズ募集  #加盟店募集 #フランチャイズ加盟募集 #フランチャイズ加盟募集net #franchisee #FranchiseRecruitment #baseboard #SkirtingBoard #training #DuringTraining #Franchise #agency #Constructionagency #agent (Let's株式会社 FreelyArt 土間・駐車場のフリーデザイン) https://www.instagram.com/p/CRTCr9mMH8A/?utm_medium=tumblr
0 notes
oniwastagram · 2 months ago
Photo
Tumblr media
📸瀧本邸庭園“集義園” / Takimoto-tei Garden “Shugien”, Joetsu, Niigata 新潟県上越市の国登録有形文化財『瀧本邸』の庭園“集義園”が素敵…! まだある新潟のデカくて美しい日本庭園…! 上越市の名家/旧家/豪農屋敷の特別公開イベント『上越名家一斉公開』で春・秋に鑑賞できる苔の美しい回遊式庭園…大正時代のレトロな近代和風建築“懐徳亭”も必見。(*通常非公開) . 新潟・瀧本邸庭園“集義園”の紹介は☟ https://oniwa.garden/joetsu-takimoto-tei/ ...... 「瀧本邸」は新潟県上越市に残る大庄屋/庄屋クラスの豪農屋敷🏡による『上越名家ネットワーク』の名家/旧家の一つ。 その中でも最も広い池泉回遊式庭園“集義園”を有し、そのほとりに建つ近代和風建築『懐徳亭』は「瀧本家住宅離れ(懐徳亭)」として国登録有形文化財となっています。 . これまでも新潟県内の豪農の館と庭園を色々紹介してきましたが、上越市にも歴史のある複数の館が(主に個人所有のまま)現存します…! . しかしながら認知度・知名度も低く、“地域の文化財・文化資源”としての価値が認識・共有されず、財源難で必要な修繕も進まない現状がありました。 . その状況を打開する第一歩として2017年から始まったのが『上越名家一斉公開』。 江戸時代から続く名家4家(当初は5家)が足並みを合わせ一斉公開され、まずは地域の方々に通常非公開の旧家を体感し、その重要性・貴重さを知っていただく…というイベント。 . なお仕掛け人は #にいがた庭園街道 を徐々に全国区にされつつある?「庭屋一如研究会」の藤井代表。いつもお世話になってます。 . 2020年にはこれらの建築や庭園を後世に継承する為の組織『上越名家ネットワーク』が設立され、公開イベントのみならず地域の学校🏫との連携や「サポーターズクラブ」など活動の幅を広げられております。 . で、2017年以降は春(5月)と秋(11月)に一斉公開イベントが行われてきた上越名家。 2022年は7月にも1日限りの特別公開を実施!そこで初めて訪れました。一箇所ずつ紹介していきます。 . 上越市の中心部から北東部、2005年の市町村合併前の「頸城村」の中心部にあるのが「瀧本家」。 この一帯は江戸時代初期に高田藩主・松平家の命で河川付替えや用水開削など大規模な水田開発🚧が行われた地域(大瀁郷開墾)。その中で大地主に上り詰めたのが瀧本家で、近代には頸城村長や新潟県議会議員も輩出しました。 . 通り沿いの黒塀、そして大きな表門(薬医門)がその風格を感じさせる瀧本家。 門を入るとかつての主屋は現存しないものの重厚な式台玄関や大きな蔵が残されています。そして主屋の礎石や手水鉢は残されているので「大きなお屋敷だったんだろうなあ…」というのは体感できる。 . 明治時代に訪れた旧会津藩士で国学者・南摩羽峯が“集義齋”と名付けたこの建築。“集義園”の庭園名もそこから来ている? 続く。 ーーーーーーーー #japanesegarden #japanesegardens #kyotogarden #zengarden #beautifuljapan #japanesearchitecture #japanarchitecture #japanarchitect #japandesign #jardinjaponais #jardinjapones #japanischergarten #jardimjapones #landscapedesign #建築デザイン #ランドスケープ #庭園 #日本庭園 #庭院 #庭园 #新潟庭園 #上越 #上越市 #古民家 #文化財 #近代建築 #近代和風建築 #特別公開 #おにわさん (上越市頚城区百間町) https://www.instagram.com/p/CiIRtPVPZiU/?igshid=NGJjMDIxMWI=
5 notes · View notes
norimenkf · 7 months ago
Text
【実績】 イージーシェルフ工法 盛土 《鹿児島県》
#ケイエフ #イージーシェルフ工法 #簡易吹付け法枠工 #盛土 #実績
Tumblr media
【メンテナンスを考えて、イージーシェルフ工法 盛土用を施工】
鹿児島県の現場での簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法 盛土用の実績画像をご提供頂きましたので、ご紹介です。施工は、2021年10月です。
Tumblr media
盛土を緑化で対応していたところを、緑化すると植物が道路にはみ出してくるので、メンテナンスが大変なので、簡易吹付け法枠工で対応するケースが増えてきている、と施工業者さんからお聞きしました。 上の画像は施工前の状態です。ドローンにて撮影。
Tumblr media
着工前がこんな感じ。こちらは近影。
Tumblr media
施工後、こんなふうになります。ドローンにて撮影。
Tumblr media
こちらがその近影。
Tumblr media
こちらも同じ鹿児島県ですが、別の場所。 施工前の状態、ドローン撮影。
Tumblr media
施工後はこうなります。
Tumblr media
施工の様子も併せて載せておきましょう。 法面整形。
Tumblr media
ラス張り作業中。ご苦労さまです。
Tumblr media
弊社で推進しております、簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法で使用する部材 グラスタンド施工。これはAタイプ。
Tumblr media
そして枠内吹付け。
簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法は現場によって4つのタイプがございます。詳細は、ケイエフ 営業スタッフまでお問い合わせ頂ければ幸いです。
【関連記事】
【実績】下呂市 #イージーシェルフ工法(2020)
【実績】 #イージーシェルフ工法 宮城県 白石現場(2019)
【更新】#イージーシェルフ工法盛土用リーフレット、イラスト入れました。(2021)
【お知らせ】#イージーシェルフ工法、Netis登録のVE取得しました!(2019)
【事務局対応】 全国法面防災協会 技術研修会 開催報告アップしました。(2019)
【更新】 イージーシェルフ工法、CAD図面アップしました。(2019)
2 notes · View notes
radmoonlover · a year ago
Text
Tumblr media Tumblr media
円谷英二氏、幻の映画『かぐや姫』発見 イギリスで
特撮作品『ウルトラマン』の生みの親として知られる円谷英二氏(1970年死去、享年68)が撮影したJ.O.スタヂオ制作によるトーキー音楽映画『かぐや姫』(国内公開1935年、田中喜次監督)のフィルムがイギリスで発見され、85年の時を経て、日本に戻ってきたことが7日に東京・国立映画アーカイブで行われた『円谷英二 生誕120年記念特別イベント』で発表された。
きょう7月7日は“特撮の父”“特撮の神様”として知られる円谷氏の誕生日で、今年で生誕120年を迎える。『かぐや姫』は円谷氏が撮影を手掛けた初期作品で、長らくフィルムは失われていたとされ、“幻の映画”となっていたが、海外向けの短縮版(1936年作成)がイギリスで発見された。本作は、円谷氏が自作したカメラ用クレーンを使った撮影や、多重露光を使ったシーンなど革新的な技術を用いた作品となっている。オリジナル版上映時間は75分だったが、短縮版は33分。  日本からイギリスにフィルムが渡った経緯は、1936年にロンドン日本協会(ジャパン・ソサエティ)が英国人や現地法人向けの上映会を企画し、在英日本大使館に「日本の可憐な伝説、童話を題材にした映画がほしい」と依頼。大使館から相談を受けた外務省が、外郭団体の国際映画協会に作品選定を委嘱し、『かぐや姫』が輸出フィルムとして確定した。その後、国際映画協会の監修により、冒頭に英語字幕による解説を付した短縮版が作成された。  発見の経緯は、2015年5月にロンドン在住の映画史研究家ロジャー・メイシ氏から、英国映画協会(BFI)に本作の可燃性ポジフィルムが現存しているという情報が寄せられ、同10月にBFIの保存センターで、国立映画アーカイブの研究員が現物調査を実施。その結果、短縮版の『かぐや姫』であることが明らかになった。その後、6年にわたるBFIとの収集交渉を経て、不燃化したフィルムの里帰りが実現した。【7/7(水) ORICON NEWS】
11 notes · View notes
xf-2 · a year ago
Link
Covidがラボのリークから来たというより多くの証拠?2019年12月のシーフード市場の発生前にウイルスが武漢で流行していたことを示した初期の患者からの中国の「削除された」サンプル
武漢の初期の患者からの数十のテストサンプルが中国によって削除されました
彼らの削除を発見したアメリカの教授は、13のファイルを回復して分析しました
見つかったウイルスは、新しい病原体に予想されるよりもはるかに進化しています
科学者たちは、コビッドが中国の公式タイムラインの前に広がっていることを確認したと述べた
中国の科学者は、最も早く確認されたCovid患者から重要なデータを削除しました。それは、病気の本当の起源についての激しい精査の中で今日現れました。
武漢の震源地にいる患者からの数十のテストサンプルが、ウイルスの進化を追跡するために使用される国際的なデータベースから消去されたことが判明しました。  
これらのファイルは、ウイルスがどのように発生したか、および2019年12月のシーフード市場の発生前にウイルスがどのくらいの期間拡散していたかについての重要な手がかりを提供した可能性があります。
彼らの削除を発見し、データの一部を回復することに成功したアメリカの教授は、コビッドが中国の公式タイムラインよりずっと前に流通していたことを示唆したと述べた。
彼は、ウイルスの初期のサンプルが、最近動物から人間に飛び移った病原体に予想されるよりも進化していることを発見しましたが、「ラボリーク」理論に重きを置いているとは言いませんでした。
シアトルのフレッドハッチンソンがん研究センターのウイルス学者であるジェシーブルーム教授は、中国が「ファイルの存在を曖昧にする」ためにファイルを削除したと信じていると述べた。
英国の科学者はMailOnlineに、調査結果はCovidがウェットマーケットにリンクされる前に、おそらく数か月前に人々に広がっていたことを確認していると語った。
最新の隠蔽は、ウイルスが武漢の高レベルのバイオセキュリティ研究所から誤って漏洩したのではないかという疑惑が高まっている中で行われています。
ボリス・ジョンソンの元チーフ・エイドであるドミニク・カミングス氏は、ブルーム教授の発見は「ラボリーク」理論にさらに「向けられている」と述べた。
英国の最高科学顧問であるパトリック・ヴァランス卿は、本日、貴族院の特別委員会に証拠を提出し、高品位のウイルス学研究室で「何が起こっているのかを確実に理解する必要がある」と述べました。
ファイル(上記で削除されたことが示されています)は、ウイルスがどのように発生し、2019年12月に発生が報告されるまでにどのくらいの期間拡散していたかについての重要な手がかりを提供した可能性があります
+5
中国はウイルスが他の場所で発生したと主張しようとしましたが、学者、政治家、メディアは武漢の高レベルの生化学研究所からウイルスが漏れた可能性を考え始めました-中国当局は単に初期の広がりの証拠を隠したという疑いを引き起こします
カバーアップは、「削除されたディープシーケンスデータの回復が、今日の武漢初期のSARS-CoV-2の流行にさらに光を当てる」というタイトルの科学論文で詳しく説明されています。
45の陽性サンプルは、もともと2020年3月初旬に武漢大学によって国立衛生研究所(NIH)のシーケンス読み取りアーカイブにアップロードされていました。
NIHは、生物医学および公衆衛生の研究を担当する米国政府機関です。
サンプルは、PCRテストを使用してCovid患者を診断する研究の一環として公開されました。これは、中国政府がすべてのコロナウイルスデータの公開の承認を要求する命令を出す数日前です。
ブルーム教授は、45のサンプルすべてがデータベースから引き出されており、「削除のもっともらしい科学的理由はない」と述べた。
彼は、最も可能性の高い説明は、パンデミックの起源についての真実を「乱用」し、「曖昧にする」ことであると述べた。  
教授は、科学者は、通常は電子メールの要求を介して、比較的簡単にNIHのデータベースから遺伝子サンプルを削除できると説明しました。
彼は、それらを削除する正当で正当な理由がしばしばあるが、武漢のサンプルの場合には何の証拠もないと述べた。
「現在の研究は...科学の信頼できる構造が乱用されて、武漢でのSARS-CoV-2の初期の広がりに関連するシーケンスを曖昧にしていることを示唆している」と彼は書いた。
しかし、彼はNIHのSequence Read Archiveのスタッフを擁護し、1300万を超えるサンプルを管理する必要があることを説明し、「スタッフがすべての要求の根拠を検証することを不可能にしました」。
ウイルス学者は、Google Cloudを使用して13のサンプルを部分的に回復し、ウイルスのシーケンスを行うことができました。
彼は、削除されたサンプルの株と最終的に世界中に広がるウイルスとの間のいくつかの遺伝的差異に注目しました。  
+5
今朝のツイートで、ボリス・ジョンソンの元チーフ補佐官ドミニク・カミングスは、ブルーム教授の発見は「ラボリーク」理論にさらに「向けられている」と述べた
+5
最新の隠蔽は、ウイルスが武漢ウイルス研究所から誤って漏洩した可能性があるという疑惑が高まっている中で行われています(写真)
コビッド起源の隠蔽工作の中心にある武漢研究所が中国のトップサイエンス賞にノミネートされました
Covid-19ラボリーク理論の中心にある武漢ウイルス研究所は、パンデミック時の中国の研究で中国のトップサイエンス賞にノミネートされました。
この研究所は、中国科学院の2021年の優秀な科学技術功績賞に選ばれました。
研究室で動物の研究を率いる国の「コウモリの女性」科学者、石正麗も委員会から特別な言及を受けました。
中国科学院が投稿した説明によると、コビッドについて「包括的な」研究を実施し、世界中の科学者がウイルスを研究するための基礎を築いたとのことです。
皮肉なことに、ラボはCovidの「起源に関する追跡調査」で賞賛されました。
The Timesが見た完全な説明  は、次のように述べています。 '研究グループは、Covid-19の病因に関する最も包括的で体系的な識別研究をまとめて完了し、プロジェクトの結果は、フォローアップのための重要な基盤と技術プラットフォームを築きました。 Covid-19ウイルスの起源、疫学、病原性メカニズムに関する研究、ならびに薬物およびワクチンの研究開発。
「それは、エピデミックの予防と制御のための重要な科学的および技術的サポートを提供しました。」
ウイルスは自然には発生しなかったが、発生が最初に確認された武漢の生鮮市場からわずか数マイル離れた場所にある研究所から逃げ出したという憶測が高まっているにもかかわらず、指名された。  
批評家たちは、昨年、陰謀論として却下されたアイデアを楽しませることを拒否した科学者たちに反発した。
ブルーム教授は、今日の彼の発見を詳述したツイッターのスレッドで、次のように述べています。
「したがって、最初の#SARSCoV2配列はコウモリのコロナウイルスにより類似しており、#SARSCoV2が進化し続けるにつれて、これらの祖先からより分岐するようになると予想されます。しかし、そうではありません!
「代わりに、初期の華南シーフードマーケット#SARSCoV2ウイルスは、後で中国や他の国で収集された#SARSCoV2ウイルスよりもコウモリコロナウイルスとは異なります。」
この研究についてコメントしている英国の専門家は、コビッドが2019年12月以前に蔓延していたという長年の疑惑を確認したと述べた。
彼らはまた、中国によって注意深く監視されているコビッドの起源に関する世界保健機関の調査の欠陥を浮き彫りにしたと警告した。
ウォーリック大学の分子生物学者であるローレンス・ヤング教授は、MailOnlineに次のように語った。
'それは、データにアクセスできないことによって妥協された元のWHO調査の不十分さを強調し、補強します。
「これは、ウイルスの早期拡散を理解することがいかに重要であるかを示しているだけであり、将来の調査では、問題全体を真剣に検討する必要があります。
「重要なデータがアップロードされてから削除されるのは特に心配です。これは奇妙な動作です。」
調査結果がウイルスの起源について何を明らかにするかについて尋ねられて、ヤング教授は言った:「それはウイルスがどこから来たのかあなたに教えてくれません。」
しかし彼は、それが「疑惑を引き起こし」、多くの人が示唆している武漢ウイルス研究所から出てきたかもしれないという理論を煽るだろうと付け加えた。
彼は次のように付け加えました。
「それは、おそらく数ヶ月前でさえ、コンセンサス思考よりもはるかに早く人間に飛びついた可能性があります。」    
この研究は、証拠が中国の実験室リーク理論に「向かって」動いていると述べた、今日の元No10補佐官のカミングス氏によって共有されました。しかし、彼はその考えはまだ「証明されていない」と強調した。  
ブルーム教授の研究を支持した別の科学者に応えて、カミングス氏はツイートした。
「ラボリーク仮説に向けてさらに更新するのは合理的だと私には思えますが、明らかにこれも証明されていないままです...」
首相は、政府の中心的な理論は、ウイルスが「人獣共通感染症」の起源であり、別の種から人間に飛びついたというものであると述べました。
しかし、ジョンソン氏は、武漢のウイルス研究所から脱出した可能性は否定されていないと述べた。
英国および世界のトップの科学者と政府高官は、最近まで陰謀として「ラボリーク」仮説を公に書き留めていました。
しかし、武漢研究所で行われた研究の種類に関する最近の進展と暴露により、ウイルスの起源についての疑問が高まっています。
パトリック・ヴァランス卿は、貴族院のリスク評価およびリスク計画委員会でラボリーク理論の可能性について質問されました。
彼は、「はるかに」最大のリスクは、動物から人間に広がる自然感染であると述べた。しかし彼は、危険なウイルス研究を実施する研究所にはより厳しい規制が課せられるべきだと認めた。
+5
ダザックは2020年に武漢ウイルス研究所で見られます。彼の研究室との密接な関係、COVID-19が壁から逃げることができたという考えの彼の激しい拒絶、そして「研究室リーク」理論の彼の絶対的な拒絶は眉をひそめました
武漢の実験室リーク理論をギャグしようとした英国の医師は、利益相反をめぐってCOVIDの起源を調査している国連委員会から解雇されました
英国の科学者ピーター・ダザックは、同じ施設との密接な関係について言及しなかった一方で、ラボリーク理論を密かに非難するのを手伝った後、パンデミックの起源を調べているCOVID委員会から削除されました。
スキャンダルに見舞われた科学者が国連の支援を受けたランセット委員会からウイルスの起源へと出発したことは、そのウェブサイトで明らかにされました。
それは彼の写真の下と彼の伝記の上に括弧で囲まれた文を追加し、「パンデミックの起源に関する委員会の作業から拒否された」と述べた。
ダザックの出発に関するこれ以上の情報は提供されなかったが、先月武漢ウイルス研究所との緊密な関係が明らかにされた後、彼は利益相反の主張に直面した。  
ニューヨークを拠点とするEcoHealthAllianceの社長であるDaszak(55歳)は、パンデミックへの最善の対応方法を分析するよう求められた世界中の28人の専門家の1人でした。
パネルは、公衆衛生、経済学、慈善活動、外交、政治の分野で世界をリードする人物で構成されていました。
それは、そのウェブサイトによると、「持続可能な開発目標を支援するために科学的および技術的専門知識を動員するために国連の支援の下で運営されている」国連持続可能な開発ソリューションネットワークによって組織されています。  
パトリック卿は次のように述べています。「一般的なバイオセキュリティの問題は、これらの生物に対する修正の多くが実際には非常に簡単であるということです。実験室で物事を行うことはそれほど難しくないので、何が起こっているのかを確実に理解する必要があります。オン...
「ですから、これを監視し、レベル4のラボが適切に規制され、管理されていることを確認するために、どのシステムを使用するかを世界が考える必要があると思います。
「そして私はあなたが知っているそれらのほとんどとあなたが私が疑うことについてあなたが知らないそれらのいくつかを私達は知らないと思います。しかし、それを監視する必要は絶対にあります。
「規制が不十分な場所で起こることのリスクを理解する必要があります。それは将来の懸念の非常に現実的な領域だと思います。
「今でも、これまでで最大のリスクは、動物から人間へと広がる自然感染です。それははるかにリスクが残っていますが、もちろん、ラボはセキュリティの観点から検討する必要があります。
米国の感染症のボスであるアンソニー・ファウチ博士は、昨年、この理論をナンセンスとして却下した後、スキャンダルを辞任するよう求められたが、密室で検討しているようだった。
そして、昨年「ラボリーク」理論を非難する手紙に名前を付けた科学者たちは、その後考えを変え、完全な調査が必要であると述べた。
ジョー・バイデン大統領は、パンデミックウイルスの起源に関する完全な調査を命じ、科学者に理論に真実があるかどうかを解明するよう要求しました。
世界保健機関の長は、コビッドが武漢研究所から出現したという理論が否定されていないことをちょうど1日前に主張しました-彼は中国が死者の「尊敬」から謎を解くのを助けるべきであると言いました。  
体の局長であるテドロス・アダノム・ゲブレイエス博士は、継続的な調査においてより多くの「透明性」を求めたため、北京は完全には協力していなかったと示唆した。
武漢の「生鮮市場」での動物との接触によるものか、同じ都市の安全性の高い研究所からの漏出によるものか、ウイルスが最初にどのように出現したかについては、論争が高まっています。
中国は、パンデミックの原因ではないと述べ、人為的な病気についての理論を却下しました。
ラボリーク理論の物語の最新のひねりは、英国の科学者ピーターダザックがパンデミックの起源を調査する委員会から削除されたときに昨日来ました。
ダザック教授は、同じ施設との密接な関係については言及しなかったが、ラボリーク理論を密かに非難した。
スキャンダルに見舞われた科学者が国連の支援を受けたランセット委員会からウイルスの起源へと出発したことは、そのウェブサイトで明らかにされました。
それは彼の写真の下と彼の伝記の上に括弧で囲まれた文を追加し、「パンデミックの起源に関する委員会の作業から拒否された」と述べた。
ダザックの出発に関するこれ以上の情報は提供されなかったが、先月武漢ウイルス研究所との緊密な関係が明らかにされた後、彼は利益相反の主張に直面した。  
ニューヨークを拠点とするEcoHealthAllianceの社長であるDaszak(55歳)は、パンデミックへの最善の対応方法を分析するよう求められた世界中の28人の専門家の1人でした。
パネルは、公衆衛生、経済学、慈善活動、外交、政治の分野で世界をリードする人物で構成されていました。  
12 notes · View notes
y-kasa · a year ago
Quote
前述の焼肉店の、動画が撮れる携帯を仕事中は原則使わせないといった防止策に対しても、ネット上で対策内容がズレていると指摘されていたようですが、当然ながら最も問題なのは動画を撮影したことではなく、飲食店の中で不衛生で不適切な行為を実施したことにあります。   一方で、今回のような不適切動画騒動を起点として、飲食店におけるアルバイトへの研修や、指導が、勤務中に撮影した動画のオープンなSNSへの投稿の禁止に重点を置いてしまうと、実はこうした対策は、今回のアルバイトのように「大勢に見られない場所ならこっそり撮っても良いだろう」という誤解を残すリスクがあることになるのです。   本来は、飲食店の中で不衛生で不適切な行為を実施することが最大の問題行為であり、飲食店側だけでなく、本人達に多額の賠償金の訴訟リスクをもたらすことを明確に伝える必要があります。
バイトの不適切動画炎上で考える、スマホ持込禁止が本質的な対策にならない理由(徳力基彦) - 個人 - Yahoo!ニュース
11 notes · View notes