Tumpik
#デザイン
hausuma · 4 months ago
Text
Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media
日曜日は展示会 岡本太郎/大阪中之島美術館へ。
ますます岡本太郎さんの彫刻が好きになりました♪
113 notes · View notes
kumitateru2018 · a month ago
Text
Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media
古い家具を解体し、その部材を再利用し、スツール を製作させて頂きました。
I dismantled the old furniture and made a stool with that material.
I'm posting a video on YouTube. Please take a look.
27 notes · View notes
oginofumito · 10 months ago
Text
Tumblr media
寅年年賀状・マガイマガド
172 notes · View notes
yger1392 · 2 months ago
Text
Tumblr media
23 notes · View notes
y2klostandfound · a year ago
Photo
Tumblr media
Source:https://www.instagram.com/p/CPRocOXnpXs/
642 notes · View notes
komihika · 3 days ago
Text
Tumblr media
秋色の毛糸
12 notes · View notes
amatsu-kaeru · 2 months ago
Text
Tumblr media
アメモース/Masquerain
17 notes · View notes
mizusu99 · a year ago
Photo
Tumblr media Tumblr media
『センスがないと思っている人のための 読むデザイン』 鎌田隆史 著 (旬報社)カバーイラスト https://www.amazon.co.jp/dp/4845116936
657 notes · View notes
ogawa-xd · 2 months ago
Text
「声の文化と文字の文化」
オング「声の文化と文字の文化」を読む。多くの文献がひかれていて難儀もしたが、ここ数年でも最高度におもしろかった。ページをめくるごとに刺激があり、すべての内容を読み切れてもいないが、熱いうちにまとめておく。この刺激が揮発してしまうのは、あまりに残念すぎる。
「声の文化と文字の文化」W-J・オング
Tumblr media
大筋:
文字の文化の前に声の文化があった。 現在われわれは、文字文化の中にいる。文字文化は手書きからはじまったが、途中では印刷という大きな波を経験し、今はエレクトロニクスという第二の波の最中である。
(ただし執筆は1982年であり、テレビやラジオが主で、コンピュータといってもインターネット普及以前でWebもSNSもない時代だ。BBSがかろうじてあったくらい。2003年に亡くなられているようだが、この時代に関する感想を聞きたかったものだ。)
われわれもはや、声の文化における思考の仕方やものごとの捉え方を忘れてしまっているが、両方をしっかりと考えて位置づけることが、未来をとく鍵にもなる。
文字の文化の前にあった声の文化の重要性。 声文化が文字のベースになっていることはそのとおりとしても、少なくとも、それは文字文化の改良以前の「劣った」前バージョンではない。別のものだ。
第1章 声としてのことば (一次的)声の文化 文字を書くことをまったく知らない人びとの文化、その人たちの世界認識のしかたは、現代のわれわれの想像をはるかに超えたものである。 ことば(声)の獲得以後/ことば(文字)の獲得以前
P.24 現存する言語:3000、そのうち文字を持っているのは78言語 自然言語 → 無意識から生じる コンピュータ言語 → 意識から直接生じる(ので扱わない)
ogawa: 彼の述べて��る「コンピュータ(言語)」は、インターネット/Web/SNS/ビッグデータ/クラウド/AI以前であり、コンピュータにまつわる彼の理解は今となってはあまり現実的ではない。プログラムによって自然言語を解析したり処理することも、含まれていない。 「プログラム言語」自体の言語性については、彼のスタンスで問題はないと思われるが、コンピュータが「自然言語」に影響する在り様は、印刷術(という技術)が言語に与えたインパクトに匹敵する、というかそれ以上の影響力を持っていると自分は考えている。今はまだその途上であって、途上にして大きな影響が顕在しているので、最終的にはどこまでのことが進展していくのか予想がつかないが、これは自分の最終課題である。
p.26 声 → 一次的なモデリング・システム(表現方法) → 研究が起きない → 集団的な過去に参加することによって学ぶ、見習う 文字 → 二次的なモデリング・システム(表現方法) → 研究は文字あって起きる → 「研究」によって学ぶことができる
p.33 「(ことばで表された)概念は、絶えずその語源を引きずっていく傾向がある」
p.34 ことば → 口頭での話し(声)に基礎を持つ 書くことば → ことばを ”視覚的な場に、むりやり永久に固定してしまう
p.39 声文化の人びと → 今日では文字を学びたいと強く思っているが、同時に、声の文化の心を沸き立たせる多くの愛するものを手放さなければならないことに哀惜の念もいだいている(「ピダハン」は、どうなのか?) → 「生き続けるためには、死ななければならない」
p.40 文字文化 → 先行する声文化を食べ尽くす/声文化が存在したという記憶すら破壊する しかし → 文字文化かぎりない順応性があり/完全でないにしろ声文化の記憶も再建されうる 文字文化による声文化の再建によって、人そのものの意識を高める
ogawa: [声→文字]の変遷の形式を、[文字→コンピュータ化] にシフトさせて見ることに意義がある。
第2章 近代における一次的な声の文化の発見
p.57 ホメロスの時代のギリシア人は陳腐な常套句を評価 → 声文化の認識世界/思考世界全体が、きまり文句的な思考の組立に頼っていたから → 声文化では、獲得した知識を忘れないように絶えず反復しなくてはならなかった   → 知恵をはたらかせ、効果的にものごとを���理するために、型にはめて固定した思考パターンが欠かせない
ogawa: 好きなジュリアン・ジェインズについてまるまる1ページ割かれていてにうれしくなる。細部には難を示しつつも、大筋において好意的や賞賛が感じられる。
第3章 声の文化の心理的力学
p.73 すべての感覚は時間の中でおきる。 なにかをよく調べるためには、それを静止させる必要がある/視覚は固定するのが得意で、それによって視覚は動きを記録する。 しかし、音には静止画にあたるものがない。
p.74 声文化の人にとってことばには魔術的な力がある。 かれらにとって、ことばは話され、音として響くもの、ゆえに力によって発せられる 文字文化の人はそれを忘れがち。 かれらにとって、ことばは投げだされた「モノ」で、非活動的で「死んでいる」 → 魔術とは結びつかない
p.76 「知っているというのは、思い出せること」
複雑な問題を考えて解にたどり着いたとする。その問題も解もある程度は複雑である → それらを文字や記録無しで、記憶しておくことは困難である なんの助けも借りず、もう一度思考の流れをたどり、吟味することは不可能である。
声文化の人の長く続く思考は、つねに人とのコミュニケーションと結びついている
どうするか → 記憶できる範囲内で思考する すぐ口に出せるくらいの記憶(量)に基づいた思考に留める
口に出せることが、記憶を助ける → 強いリズムを持つ、均衡の取れた記憶しやすい「型」にはめる、反復や対句、韻を踏む、あだ名のような形容句、きまり文句、紋切り型のテーマ、などなど。
p.92 声文化の中での知識の獲得 → 何年もかけて何度も口に出して根気よく習得し憶えていなければならない → 知識は得がたく貴重で、これを保存している古老が高く評価される  (文字として知識が外化されるようになると古老の価値はさがる   /新しいことの発見者としての若者の価値があがる) → 精神は伝統主義的で保守的な構えとなり、知的な実験を禁止する
p.102 声文化は定義に無関心 辞書にあたるものがない/語の意味はつねに現実の状況に固着している(その変遷や経緯は問わない/問えない)
p.119 声文化の人に関するさまざまな実験から見いだしたこと��� 声文化の人の不得手なこと → 幾何学的な図形、抽象的なカテゴリーによる分類、形式論理的な推論手続き、定義、包括的な記述、ことばによる自己分析 → だから劣っているという意味ではない → そういった能力は、テキスト(文字)によって獲得したものであるという事実
p.153 視覚は分離し、音は合体させる 聞くことの中にひたることはできるが、視覚の中にはひたれない 視覚は切り離す感覚、音は統合する感覚。 視覚の理想は明晰判明性/分けて見る、聴覚の理想はハーモニー/一つにすること 知識は究極的には、分断ではなく統合であり、ハーモニーを求めること
p.161 ことばを記号と考えること → 人間的な経験を視覚に類似したものと考えがち カレンダーや時計で時間を理解することは、時間を空間扱い(視覚物扱い)して、わかった気になっているにすぎない → 空間還元主義
空間還元主義 → 計り知れぬほど有用で、技術的な必要性が高い → 否定できない but: 空間還元主義には知的な限界もあるし、ときに人を欺く
第4章 書くことは意識の構造を変える
p.166 書くことは、どんな発明にも増して、人間の意識を作りかえた
p.174 技術は、たんに外的なたすけになるだけのものではなく、意識を内的に変化させる
p.176 道具をみずからの一部とし、技術的なわざを学習することによって、人間が非人間的になることはまずない。むしろ、技術の使用によって、人の心は豊かになり、人間の精神は広がり、内的な生は密度を濃くする。
p.201 印刷物によって、書くことが人々の心に深く内面化されるまでは、人びとは、自分たちの生活の一瞬一瞬が、抽象的に計算される時間のようなもののなかに位置づけられているとは思ってもいなかった。中世、さらにルネサンス期になってもまだ、西欧の人びとの大部分は、いまが暦のうえで何円にあたるかといったことを日常生活のなかで意識していたっとはとても思えない。
p.223 文字言語の語彙が豊かになりはじめたのは、書くことにともなってだが、その豊かさの開花は印刷のおかげである。 文字言語があるところには、その文法と慣用がならずある 秩序(文法や慣用)という概念そのものの感覚的な基盤は、かなりの部分、視覚(文字言語が書かれ印刷されること)にある。
第5章 印刷、空間、閉じられたテクスト
p.242 印刷が → ルネサンス、宗教改革、近代資本主義、大航海時代を引き起こし → 生活と政治、知識を広め、万人識字、近代科学の興隆、社会的、知的生活を変えた そして印刷が人の意識を変えた
p.249 印刷によって、聴覚優位から視覚優位が確固たるものになった。 読みやすさ、速読、黙読を可能に。 語を空間の中に位置づける〜空間の中に釘づけにする → 索引、リスト(一覧表)、内容とレッテル(タイトルページ)、図像的なレッテル
p.260 版面が意味を運ぶ 正確に反復できる視覚情報(※ページの統合的なデザイン/デザインルール) → 近代科学はその一つ:正確な観察を正確な表現に結びつけたこと
p.263 タイポグラフィックな空間/空白 活字の作りだす空間 → 科学的想像力、哲学的創造料、文学的想像力に、はたらきかける
p.266 印刷が → 西洋人の認識のエコノミー「心性」に直接的影響を与えた → レトリック(声の文化にもとづく)技術を学問的教養の中心から追い出した → 数学的分析、ダイヤグラム、チャートによって、知識の数量化をおしすすめた → 辞書(あらゆることばを網羅)、正しい言語規則を打ち立てる欲求を喚起 → 小さく持ち運びできる本 → 一人で静かに黙読 → 内容の私有感覚
p.270 印刷は → テクストが閉じられている感覚をうながす → テクストの「内容」が、ある終わりによって区切られ、「完成」しているという感覚
認識の場が閉じられている感覚 → 書くことにより、思考は、対話相手から切りはなされ、紙面に隔離される
印刷物は → どんな反論にも無関心 → 内容(発話と思考)は、独立し、自足し、完全なものとして提示される (印刷は、同じ作品についての、まったくおなじ視覚的、物理的堅牢さをもった何千部もの版本のなかに、その作品の思考を閉じ込めてしまう。)
第6章 声の文化に特有な記憶、話しのすじ、登場人物の性格
p.285 物語は、いつどこでも、言語芸術の主要なジャンル もっとも抽象的な言語芸術形態の根底にさえ、物語は存在する。 人間の知識は、時間(と、それにしたがう物語)から生まれる。 → 抽象的な科学的知識の背後にさえ、観察の物語があり、抽象的な知識は、そうした物語にもとづいて定式化される。 → 実験室の学生たちは、実験結果を「書きあげ」なければならない。つまりおこなったことと、それをしたときに何が起こったのかを物語らなければならない。ある種の一般化や抽象的結論が引き出されるのは、物語からである。
第7章 いくつかの定理〔応用〕
p.363 声の文化と文字の文化の相互作用 → 人間の究極の関心と願望(としての宗教)にもかかわる   → 宗教的伝統は、声の文化に根ざした起源をもち、話されることばを重んじている   → また聖なるテクスト(ヴェーダ、聖書、コーラン)の発展によって内面化された
p.364 声の文化と文字の文化に関する問題は、いまや無数にある。 声の文化と文字の文化の力学は、現代の意識の進化の流れである、いっそうの内面化と開放にむけて合流していく。
(220929読了)
13 notes · View notes
moznohayanie · 2 months ago
Photo
Tumblr media Tumblr media Tumblr media
「とらや」が月見にちなんだ和菓子 新装デザイン缶や限定ようかんも
「とらや」ってほんとネーミングが粋。二番目の羊羹は「残月」、三番目は「月夜の虎」、です。パッケージもしっぽしか書いてないのがイイ🎵
16 notes · View notes
ginkaku2052 · 7 months ago
Text
Tumblr media Tumblr media
クラスメイトの秘密
30 notes · View notes
kyokonemoto · 3 months ago
Text
Tumblr media
14 notes · View notes
fabrizioraschetti · a month ago
Photo
Tumblr media
Creative Direction: Fabrizio Raschetti
https://everpress.com/peace_
9 notes · View notes
victorinox-japan · 19 days ago
Text
ホリデーシーズンにお届けするスペシャルなデザインのマルチツール|11月18日(金)より発売!
Tumblr media
ホリデーシーズンの特別なマルチツール、ウィンターマジック コレクションの第4弾「スーパーティンカー ウッド ウィンターマジック リミテッドエディション 2022」と、毎年、その年の干支を祝って作られる、「ハントマン 2023年卯年限定モデル」を、2022年11月18日(金)より全国のビクトリノックス直営店及び、ビクトリノックス公式オンラインストア楽天市場店、Amazon店、Yahoo!ショッピング店で販売いたします。
-
スーパーティンカー ウッド ウィンターマジック リミテッドエディション 2022
北欧の冬をテーマにレーザー彫刻でデザインされリッチな木目のウッドハンドルが特徴のスーパーティンカー ウッド ウィンターマジック リミテッドエディション 2022。
-
商���詳細
スーパーティンカー ウッド ウィンターマジック リミテッドエディション 2022s (世界限定10,000本)
価格:13,200円(税込)
Tumblr media
1.ラージブレード(大刃) 2.スモールブレード(小刃) 3.カン切り 4.マイナスドライバー 3mm 5.せん抜き 6.マイナスドライバー 6mm 7.ワイヤーストリッパー 8.リーマー(穴あけ)、千枚通し 9.はさみ 10.プラスドライバー(フィリップス型)1/2 11.マルチフック 12.キーリング
高さ:17mm 長さ:91mm 重量:81g
チャーム ・雪の結晶がモチーフの着脱可能なチャーム ・アレルギー反応テスト済み
-
どこにでも取り付けられる雪の結晶をモチーフにしたチャームも付属して、段ボールの再生紙からつくられたサステナブルなスペシャル ギフトボックスに梱包されています。
商品をみる
Tumblr media
クリスマスプレゼントはもちろん、冬を愛する方や細部の美しさにこだわる方へのギフトにも最適です。
このナイフの魅力は人目を惹くデザインだけではありません。実用的な12機能でも人気があり、日々の相棒として完璧なマルチツールになっています。世界で10,000本の限定生産です。
-
ハントマン 2023年卯年限定モデル
「ハントマン 2023年卯年限定モデル」は、2023年の干支である聡明で優しい動物「ウサギ」がテーマ。世界で6,000本の限定生産で、クラシックレッドに躍動感あふれる黄金のウサギが描かれています。
-
商品詳細
ハントマン 2023年卯年限定モデル (世界限定6,000本)
価格:14,300円(税込)
Tumblr media
1.ラージブレード 2.スモールブレード 3.コルクせん抜き 4.カン切り 5.マイナスドライバー(小) 6.せん抜き 7.マイナスドライバー 8.ワイヤーストリッパー 9.リーマー(穴あけ)、千枚通し 10.キーリング 11.ピンセット 12.つまようじ 13.はさみ 14.マルチフック 15.のこぎり 16.SIMカードピン
高さ:21mm 長さ:91mm 重量:99g
定番ハントマンの15機能にSIMカードピンをプラスした16機能、シリアルナンバー付きで、証明書と共にスペシャルギフトボックスに梱包されています。卯年生まれの方へのプレゼントにはもちろん、コレクターや旅行者にもおすすめのアイテムです。
商品をみる
Tumblr media
-
安心の保証
ビクトリノックスは、すべてのナイフとツールに厳しい品質基準をクリアしたステンレススチールを使用しています。環境保護とサステナビリティはビクトリノックスの理念であり、商品はすべて生涯にわたってご愛用いただけるようにつくられています。
いずれの商品も材料や製造工程に起因した故障に対する修理または交換を永久保証しています。ビクトリノックスは、135年以上にわたってスイスで高品質なナイフを製造してきた実績に誇りをもっています。
-
7 notes · View notes
mori-kairi · 2 months ago
Text
Tumblr media
次はギギ・アンダルシア を描きたいわ。
10 notes · View notes
furrina · 7 months ago
Photo
Tumblr media
Location: Kanagawa, Japan Principal use: Residential, Studio Client: Individual Completion: 2021 Architects: Archipelago Architects Studio @archipelago_architects_studio Design team: Tetsuo Hatakeyama + Taiki Yoshino Structure engineer: Enshu Structural Consultants Exterior: parsley Steel: Unuma Contractor: Yamada kensetsu Photographs: Kenya Chiba Construction type: New building Main structure: Wood ⁡ 【河童の家】 所在地:神奈川県 用途:戸建住宅、スタジオ クライアント:個人 竣工:2021年 設計:Archipelago Architects Studio 担当:畠山鉄生+吉野太基 構造設計:円酒構造設計 外構:parsley 鉄骨:ウヌマ 施工:山田建設 撮影:千葉顕弥 工事種別:新築 構造:木造 ⁡ #interior #product #design #funiture #建築 #建築写真 #建築家 #インテリア #インテリアデザイン #プロダクト #デザイン #家具 #建築家とつくる家 #家具デザイン #residentialdesign #residential #デザイン住宅 #stairs #architettura #architektura #architetto #arkitekt @shuhei_yamane @tecture_official #architecturephotography #architecturelovers #japanesearchitecture #japan #architecture #architects #tectureFollow #designstudiomag 🤝 @designstudio_mag https://www.instagram.com/p/Cc6HoFprr3D/?igshid=NGJjMDIxMWI=
25 notes · View notes